季語・歳時記

【春の季語】春の泥

【春の季語】春の泥

【ミニ解説】

春泥」のこと。


【春の泥(上五)】
春の泥椿の幹にしたゝかに 西山泊雲
春の泥御用詩人が世なりけり 加藤郁乎
春の泥オモニがチマをちよと抓み 山尾玉藻
春の泥乾きて藁の上にあり 田中裕明
春の泥跳んでお使ひ忘れけり 黛まどか

【春の泥(下五)】
塔の前金堂の前春の泥 高濱虚子
鴨の嘴よりたらたらと春の泥 高濱虚子
寺子屋に傘多し春の泥 松瀬青々
丸善を出て暮れにけり春の泥 日野草城
曾根崎の昼闌けにけり春の泥 日野草城
風吹いて朝日さすなり春の泥 渡邊白泉
子の血吸ふ舌いつぱいに春の泥 長谷川秋子
春泥の子の血吾が唇もて覆ふ 長谷川秋子
みごもりて裾につきゐる春の泥 細見綾子
六道のどの道をいま春の泥 上田五千石
勤めあるごとく家出て春の泥 鷹羽狩行
午前より午後をかがやく春の泥 宇多喜代子
報われし恋も捨て頃春の泥 佐藤文子
遊ぶことばかりかんがへ春の泥 田中裕明
群羊に隈なく踏まれ春の泥 日原傳
うらなりの乳房も躍る春の泥 榎本バソン了壱
足が向くところかならず春の泥 草深昌子
逡巡の吸殻あまた春の泥 広渡詩乃
たつたいま猪掘りしかと春の泥 如月真菜



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】四月
  2. 【秋の季語】星月夜
  3. 【冬の季語】室の花
  4. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜し…
  5. 【冬の季語】寒夕焼
  6. 【春の季語】春雨
  7. 【春の季語】雛あられ
  8. 【冬の季語】冬帽

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】コレラ/コレラ船
  2. 【春の季語】猫の子
  3. くゝ〳〵とつぐ古伊部の新酒かな 皿井旭川【季語=新酒(秋)】
  4. 【夏の季語】泰山木の花
  5. 少女期は何かたべ萩を素通りに 富安風生【季語=萩(秋)】
  6. 麦藁を束ねる足をあてにけり   奈良鹿郎【季語=麦藁(夏)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第31回】田園調布と安住敦
  8. 【秋の季語】流星/流れ星 夜這星 星流る 星飛ぶ 星糞
  9. 秋櫻子の足あと【第6回】谷岡健彦
  10. 琅玕や一月沼の横たはり 石田波郷【季語=一月(冬)】

Pickup記事

  1. 秋灯の街忘るまじ忘るらむ 髙柳克弘【季語=秋灯(秋)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第30回】暗峠と橋閒石
  3. 一匹の芋虫にぎやかにすすむ 月野ぽぽな【季語=芋虫(秋)】
  4. 【春の季語】梅
  5. 菊人形たましひのなき匂かな 渡辺水巴【季語=菊人形(秋)】
  6. 「けふの難読俳句」【第10回】「信天翁」
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第40回】青木亮人
  8. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】
  9. 【冬の季語】枯野
  10. 昨日より今日明るしと雪を掻く 木村敏男【季語=雪を掻く(冬)】
PAGE TOP