季語・歳時記

【春の季語】蛇穴を出る

【春の季語=仲春(3月)】蛇穴を出る

冬眠」していた「」が、3月~4月くらいに目覚めること。弱ってお腹をすかせている。

文語的に「蛇穴を出づ」ともいう。

蛇穴に入る」という秋の季語と対応関係にある。

ちなみに「」は夏の季語である。


【蛇穴を出る(上五)】
蛇穴を出たりあるいははいつたり 正岡子規
蛇穴を出て人間を恐れけり 正岡子規
蛇穴を出て水音をききにけり 三橋鷹女
蛇穴を出て整はぬ草の丈 山田弘子
蛇穴を出て天下り人事の世 鷹羽狩行
蛇穴を出る大きな風のあるインド 田島健一
蛇穴を出てゑがかれてゐたりけり 西村麒麟

【蛇穴を出る(中七)】

【蛇穴を出る(下五)】

【穴を出る蛇】
穴を出て古石垣の蛇細し 正岡子規
穴を出る蛇を見て居る鴉かな 高濱虚子
穴を出てしばし遠目のさまの蛇 鷹羽狩行


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】年惜む
  2. 【秋の季語】九月
  3. 【秋の季語】芋虫
  4. 【新年の季語】初句会
  5. 【秋の季語】天の川
  6. 【秋の季語】新蕎麦
  7. 【夏の季語】蜘蛛の糸
  8. 【冬の季語】日向ぼっこ

おすすめ記事

  1. 澁柿を食べさせられし口許に 山内山彦【季語=柿(秋)】
  2. 【冬の季語】探梅
  3. 【春の季語】海苔
  4. すばらしい乳房だ蚊が居る 尾崎放哉【季語=蚊(夏)】
  5. 【冬の季語】熊穴に入る
  6. 青年鹿を愛せり嵐の斜面にて 金子兜太【季語=鹿(秋)】
  7. 【秋の季語】椎茸
  8. 【夏の季語】梅雨に入る
  9. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正
  10. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#8

Pickup記事

  1. ラグビーのジヤケツの色の敵味方 福井圭児【季語=ラグビー(冬)】
  2. 日光に底力つく桐の花 飯島晴子【季語=桐の花(夏)】
  3. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】
  4. 【冬の季語】忘年
  5. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】
  6. 【冬の季語】蒲団(布団)
  7. 「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉【季語=林檎(秋)】
  8. 【連載】新しい短歌をさがして【15】服部崇
  9. 来て見れば来てよかりしよ梅椿 星野立子【季語=梅・椿(春)】
  10. 甘き花呑みて緋鯉となりしかな 坊城俊樹【季語=緋鯉(夏)】
PAGE TOP