季語・歳時記

【春の季語】蛇穴を出る

【春の季語=仲春(3月)】蛇穴を出る

冬眠」していた「」が、3月~4月くらいに目覚めること。弱ってお腹をすかせている。

文語的に「蛇穴を出づ」ともいう。

蛇穴に入る」という秋の季語と対応関係にある。

ちなみに「」は夏の季語である。


【蛇穴を出る(上五)】
蛇穴を出たりあるいははいつたり 正岡子規
蛇穴を出て人間を恐れけり 正岡子規
蛇穴を出て水音をききにけり 三橋鷹女
蛇穴を出て整はぬ草の丈 山田弘子
蛇穴を出て天下り人事の世 鷹羽狩行
蛇穴を出る大きな風のあるインド 田島健一
蛇穴を出てゑがかれてゐたりけり 西村麒麟

【蛇穴を出る(中七)】

【蛇穴を出る(下五)】

【穴を出る蛇】
穴を出て古石垣の蛇細し 正岡子規
穴を出る蛇を見て居る鴉かな 高濱虚子
穴を出てしばし遠目のさまの蛇 鷹羽狩行


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】早梅
  2. 【冬の季語】寒い
  3. 【夏の季語】夏蝶
  4. 【夏の季語】【秋の季語?】ピーマン
  5. 【冬の季語】風花
  6. 【冬の季語】室の花
  7. 【春の季語】雛人形
  8. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第22回】東山と後藤比奈夫
  2. 初花や竹の奥より朝日かげ    川端茅舎【季語=初花(春)】
  3. 萩にふり芒にそそぐ雨とこそ 久保田万太郎【季語=萩・芒(秋)】
  4. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】
  5. 【夏の季語】父の日
  6. ひよんの実や昨日と違ふ風を見て   高橋安芸【季語=ひよんの実(秋)】
  7. 【夏の季語】蓮
  8. 【冬の季語】返り花(帰り花)
  9. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん)【後編】
  10. 蕎麦碾くや月山はうつすらと雪 佐藤郁良【季語=雪(冬)】 

Pickup記事

  1. 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#6
  3. 【第4回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 大西朋さん・白井飛露さん)
  4. 【冬の季語】咳く
  5. がんばるわなんて言うなよ草の花 坪内稔典【季語=草の花(秋)】
  6. 【春の季語】旧正月
  7. 天高し風のかたちに牛の尿 鈴木牛後【季語=天高し(秋)】
  8. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】
  9. 【連載】新しい短歌をさがして【2】服部崇
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第67回】 伊賀上野と橋本鶏二
PAGE TOP