季語・歳時記

【春の季語】蛇穴を出づ

【春の季語=仲春(3月)】蛇穴を出づ

冬眠」していた「」が、3月~4月くらいに目覚めること。弱ってお腹をすかせている。

口語的に「蛇穴を出る」ともいう。

蛇穴に入る」という秋の季語と対応関係にある。

ちなみに「」は夏の季語である。


【蛇穴を出づ(上五)】
蛇穴を出でさりにけり三輪の山 有馬朗人
蛇穴を出づホモ・サピエンス滅びしかと 宗田安正
蛇穴を出づるや石をもて追はる 平田冬か

【蛇穴を出づ(中七)】
猿梨へ蛇穴を出づ生誕か 金子兜太

【蛇穴を出づ(下五)】
水音を聞き蛇のなほ穴を出ず 鷹羽狩行

【自由律】
蛇出でて春の序幕プロローグ述べてかくれる 荻原井泉水


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】歌留多
  2. 【春の季語】子猫
  3. 【新年の季語】田遊
  4. 【夏の季語】風鈴
  5. 【秋の季語】鵙の贄
  6. 【夏の季語】蟇
  7. 【新年の季語】元日
  8. 【春の季語】引鴨

おすすめ記事

  1. 【特集】東日本大震災 10年を迎えて
  2. 抱きしめてもらへぬ春の魚では 夏井いつき【季語=春の魚(春)】
  3. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第2回
  4. 春星や言葉の棘はぬけがたし 野見山朱鳥【季語=春星(春)】
  5. 【春の季語】海苔
  6. 【冬の季語】蒲団(布団)
  7. 【春の季語】春寒
  8. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年1月分】
  10. 【秋の季語】後の月

Pickup記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年4月分】
  2. 買はでもの朝顔市も欠かされず 篠塚しげる【季語=朝顔市(夏)】
  3. 【秋の季語】朝顔
  4. 【冬の季語】水仙
  5. 【冬の季語】枯木
  6. 数へ日を二人で数へ始めけり 矢野玲奈【季語=数へ日(冬)】
  7. 菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ 金原まさ子【季語=菜の花(春)】 
  8. 【連載】歳時記のトリセツ(8)/池田澄子さん
  9. 紅葉の色きはまりて風を絶つ 中川宋淵【季語=紅葉(秋)】
  10. 笹鳴きに覚めて朝とも日暮れとも 中村苑子【季語=笹鳴(冬)】 
PAGE TOP