季語・歳時記

【春の季語】蛇穴を出づ

【春の季語=仲春(3月)】蛇穴を出づ

冬眠」していた「」が、3月~4月くらいに目覚めること。弱ってお腹をすかせている。

口語的に「蛇穴を出る」ともいう。

蛇穴に入る」という秋の季語と対応関係にある。

ちなみに「」は夏の季語である。


【蛇穴を出づ(上五)】
蛇穴を出でさりにけり三輪の山 有馬朗人
蛇穴を出づホモ・サピエンス滅びしかと 宗田安正
蛇穴を出づるや石をもて追はる 平田冬か

【蛇穴を出づ(中七)】
猿梨へ蛇穴を出づ生誕か 金子兜太

【蛇穴を出づ(下五)】
水音を聞き蛇のなほ穴を出ず 鷹羽狩行

【自由律】
蛇出でて春の序幕プロローグ述べてかくれる 荻原井泉水


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】椎茸
  2. 【秋の季語】草の花
  3. 【冬の季語】セーター
  4. 【夏の季語】虹
  5. 【秋の季語】八月
  6. 【冬の季語】枯木
  7. 【夏の季語】涼し
  8. 【春の季語】冴返る

おすすめ記事

  1. 鳥の恋漣の生れ続けたる 中田尚子【季語=鳥の恋(春)】
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【7】/中島凌雲(「銀漢」同人)
  3. 菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ 金原まさ子【季語=菜の花(春)】 
  4. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】
  5. 【夏の季語】砂日傘/ビーチパラソル 浜日傘
  6. カルーセル一曲分の夏日陰  鳥井雪【季語=夏日陰(夏)】
  7. 【冬の季語】暮早し
  8. ものゝふの掟はしらず蜆汁 秦夕美【季語=蜆汁(春)】
  9. 昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀【季語=昼の虫(秋)】
  10. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】

Pickup記事

  1. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」春にんじんのキャロット・ラペ
  3. 棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌 秋元不死男【季語=青峰忌(夏)】
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(10)/小津夜景さん
  5. 卯月野にうすき枕を並べけり 飯島晴子【季語=卯月(夏)】
  6. 蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎【季語=枯蓮(冬)】
  7. 【夏の季語】出梅
  8. 【連載】歳時記のトリセツ(11)/佐藤りえさん
  9. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
  10. 夕焼けに入っておいであたまから 妹尾凛
PAGE TOP