季語・歳時記

【春の季語】雛飾る

【春の季語=仲春(3月)】雛飾る

3月3日の節句(上巳の節句、桃の節句)で、幼い女子の健やかな成長を祈り、「雛人形」を飾ること。


【雛飾る(上五)】
雛飾りつゝふと命惜しきかな 星野立子
雛飾る吾子より妻の愉しくて 根岸善雄
雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴
雛飾る日差し明るき日を選び 島田玲子
雛飾る四五冊の本片寄せて  山本洋子
雛飾る部屋に目覚めて闇深し 片山由美子
雛飾る磯の匂ひがつんと来て 岸本尚毅

【雛飾る(中七)】
とぼしらの明治の雛飾りけり 山口青邨
妻子しづかや雛飾りゐるらしき 辻田克巳
ことし雛飾らず雛の夜を更かす 片山由美子

【雛飾る(下五)】
夜を籠めて降りて雪晴雛飾る 後藤夜半
燭台の倒れ易さよ雛かざる 高濱年尾
海に降る雪美しや雛飾る 小林康治
俳諧に虚の恋ばかり雛飾る 品川鈴子
誰も来ぬはずの一日や雛飾る 片山由美子
漢字ひとつふたつ忘れて雛飾る 仙田洋子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜し…
  2. 【秋の季語】終戦記念日/終戦日 終戦の日 敗戦日 敗戦忌 八月十…
  3. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  4. 【夏の季語】涼しさ
  5. 【冬の季語】寒し
  6. 【夏の季語】紫陽花
  7. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  8. 【秋の季語】十三夜

おすすめ記事

  1. 黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子【季語=黒揚羽(夏)】
  2. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#08】書きものとガムラン
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年7月分】
  4. 【#19】子猫たちのいる場所
  5. 【冬の季語】冬銀河
  6. 【冬の季語】冬滝
  7. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】
  8. 牡蠣フライ女の腹にて爆発する 大畑等【季語=牡蠣(冬)】
  9. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年9月分】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第85回】土肥あき子

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第65回】 福岡と竹下しづの女
  2. 而して蕃茄の酸味口にあり 嶋田青峰【季語=トマト(夏)】
  3. 【春の季語】春月
  4. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】
  5. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】
  6. 虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会 飴山實【季語=初句会(新年)】
  7. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【14】/野村茶鳥(屋根裏バル鱗kokera店主)
  8. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】
  9. ソーダ水方程式を濡らしけり 小川軽舟【季語=ソーダ水(夏)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外―4】 奥武蔵・山毛欅峠と石田波郷
PAGE TOP