季語・歳時記

【春の季語】沈丁花

【春の季語=三春(2月〜4月)】沈丁花

「沈丁花」は、春先に香り高い花を咲かせる常緑の低木。

「じんちょうげ」とも「ちんちょうげ」とも読むが、歳時記では前者が採用されていることが多い。歴史的仮名遣いでは「ぢんちやうげ」。

季語としては、「沈丁」と「花」を略して使われることもある。


【沈丁花(上五)】
沈丁花靴下とんで乾きたる 細見綾子
沈丁花狎昵鼻につきそむる 中原道夫
沈丁花冥界ときに波の間に 田中裕明

【沈丁花(中七)】

【沈丁花(下五)】
鎌倉の月まんまるし沈丁花 高野素十
人恋の匂ひ放てり沈丁花 田淵宏子
深追いの恋はすまじき沈丁花 芳村うつぎ
門灯は人待ちつづけ沈丁花 森瑞穂

【ほかの季語と】
冴返る二三日あり沈丁花 高野素十

【自由律】
沈丁花が一株あり日本社会党に与す 中塚一碧楼


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春寒し
  2. 【春の季語】蟻穴を出づ
  3. 【冬の季語】冬野
  4. 【春の季語】鳥の恋
  5. 【春の季語】流氷
  6. 【冬の季語】冬木立
  7. 【秋の季語】赤い羽根
  8. 【冬の季語】梅早し

おすすめ記事

  1. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】
  2. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】
  3. 百方に借あるごとし秋の暮 石塚友二【季語=秋の暮(秋)】
  4. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)
  5. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第5回】
  6. 呼吸器と同じコンセントに聖樹 菊池洋勝【季語=聖樹(冬)】
  7. 滝落したり落したり落したり 清崎敏郎【季語=滝(夏)】
  8. いけにえにフリルがあって恥ずかしい 暮田真名
  9. 秋櫻子の足あと【第3回】谷岡健彦
  10. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第11回】小島 健
  2. 沈丁や夜でなければ逢へぬひと 五所平之助【季語=沈丁(春)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」苺のシャンティイ風
  4. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】
  5. 花の影寝まじ未来が恐しき 小林一茶【季語=花の影(春)】
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月13日配信分】
  7. 春光のステンドグラス天使舞ふ 森田峠【季語=春光(春)】
  8. 生垣や忘れ一葉を落し掃く   村尾公羽【季語=一葉(秋)】
  9. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第9回】2006年 朝日杯フューチュリティステークス ドリームジャーニー
  10. 山桜見て居ればつく渡舟かな 波多野晋平【季語=山桜(春)】
PAGE TOP