夏の季語

【夏の季語】氷菓/アイスクリーム ソフトクリーム アイスキャンデー 氷菓子

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】氷菓/アイスクリーム ソフトクリーム アイスキャンデー 氷菓子

【解説】冬に炬燵で食べるアイスクリームもおいしいけれど、やっぱり夏の暑い日に食べるアイスは格別。俳句では字数の関係で「氷菓」と呼ばれることがけっこうあります。

【関連季語】氷水、かき氷、ラムネ、ソーダ水、サイダーなど。


【氷菓】
無職なり氷菓溶くるを見てゐたり 真鍋呉夫
父祖哀し氷菓に染みし舌出せば 永田耕衣
放浪や肘へ氷菓の汁垂れて 飴山實
川照りへ氷菓の棒を捨てにけり 辻桃子
ゆつくりと旅の終りの氷菓食ぶ 西村和子
木の匙に少し手強き氷菓かな 金子敦
氷菓食ふいつも小さき声の人 音羽紅子
船上のひとと目の合う氷菓かな  神野紗希

【アイスクリーム】
アイスクリームおいしくポプラうつくしく 京極杞陽

【ソフトクリーム】
ソフトクリーム溶けて流れて大地あり 池田澄子

【アイスキャンデー】
嘆きとかアイスキャンデーとか湖畔 池田澄子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  2. 【夏の季語】筍
  3. 【冬の季語】鬼やらう
  4. 【春の季語】春月
  5. 【冬の季語】鼻水
  6. 【夏の季語】コレラ/コレラ船
  7. 【冬の季語】裸木
  8. 【冬の季語】蓮根掘

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第67回】 伊賀上野と橋本鶏二
  2. 牛乳の膜すくふ節季の金返らず 小野田兼子【季語=節季(冬)】
  3. 而して蕃茄の酸味口にあり 嶋田青峰【季語=トマト(夏)】
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年6月分】
  5. 革靴の光の揃ふ今朝の冬 津川絵理子【季語=今朝の冬(冬)】
  6. 【冬の季語】大年
  7. 【冬の季語】冬の日
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第10回】相沢文子
  9. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年1月分】
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月9日配信分】

Pickup記事

  1. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】
  2. 麺麭摂るや夏めく卓の花蔬菜 飯田蛇笏【季語=夏めく(夏)】
  3. 【秋の季語】曼珠沙華
  4. 毛皮はぐ日中桜満開に 佐藤鬼房【季語=桜(春)】
  5. 【#17】黒色の響き
  6. 【#27】約48万字の本作りと体力
  7. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 兎もも肉の赤ワイン煮
  8. 向日葵をつよく彩る色は黒 京極杞陽【季語=向日葵(夏)】
  9. Tシャツの干し方愛の終わらせ方 神野紗希【季語=Tシャツ(夏)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第116回】入沢 仁
PAGE TOP