季語・歳時記

【新年の季語】宝船

新年の季語(1月)宝船

【ミニ解説】

正月に宝船の絵を枕の下に敷いて眠ると、縁起のいい「初夢」を見ることができるといわれている。

アナクロニックなこの風習が、正月を俳諧味のあるものにしてくれる一面も。


【宝船(上五)】
宝舟目出度さ限りなかりけり 高浜虚子
宝船皺寄つてゐる目覚めかな 千原叡子
宝船敷いてこれより漕ぎ出む 永方裕子
宝船ひらひらさせてみたりけり 西村麒麟
宝船自ら描いて一人足りぬ 久留島元

【宝船(中七)】

【宝船(下五)】
須磨明石みぬ寝心やたから船 嵐雪
敷妙の枕紙なり宝船 井上井月
吾妹子が敷いてくれたる宝舟 高浜虚子
敷いて寝る百万両の宝船 富安風生
つくづくと寶はよき字宝舟 後藤比奈夫
年寄の夢の淡さよ宝船 後藤比奈夫
赤ん坊に敷く大いなる宝船 有馬朗人
船籍の明らかならず宝船 森田幸夫
迂闊にも枕を外れ宝船 伊藤伊那男
海賊の仲間になれる宝船 寺澤一雄
列島砕きつ惑星大の宝船 関悦史
枕よりはみ出してゐる宝船  森脇由美子
神々はみなふくよかに宝船 堀切克洋
落款へ波の寄するや宝船 斉藤志歩


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】椎茸
  2. 【冬の季語】室の花
  3. 【新年の季語】獅子頭
  4. 【春の季語】猫の子
  5. 【夏の季語】百合
  6. 【新年の季語】獅子舞
  7. 【冬の季語】冬桜
  8. 【夏の季語】紫陽花

おすすめ記事

  1. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)
  2. 三椏の花三三が九三三が九 稲畑汀子【季語=三椏の花(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第43回】浅川芳直
  4. 【#20】ミュンヘンの冬と初夏
  5. さまざまの事おもひ出す桜かな 松尾芭蕉【季語=桜(春)】
  6. 九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太【季語=九月(秋)】
  7. 水喧嘩恋のもつれも加はりて 相島虚吼【季語=水喧嘩(夏)】
  8. 【秋の季語】穴惑
  9. すばらしい乳房だ蚊が居る 尾崎放哉【季語=蚊(夏)】
  10. 大利根にほどけそめたる春の雲 安東次男【季語=春の雲(春)】

Pickup記事

  1. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月20日配信分】
  3. 【春の季語】蝶
  4. 【夏の季語】入梅
  5. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第62回】 佐渡と岸田稚魚
  7. 利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子【季語=蓮(夏)】
  8. 「ワイシャツのアイロンがけをしてほしい」夫に言われた妻の衝撃 片岡絢
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第81回】髙栁俊男
  10. 秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷【季語=秋めく(秋)】
PAGE TOP