季語・歳時記

【夏の季語】噴水

【ミニ解説】

公園や庭園や広場にある、水を噴き上げる装置です。


【噴水(上五)】
噴水に濡れたる芝をふみにけり 山本京童
噴水をはなれたる人去りにけり 後藤夜半
噴水がパチパチパチパチいうて落つ 京極杞陽
噴水のしぶけり四方に風の街 石田波郷
噴水の影ある白き椅子ひとつ 木下夕爾
噴水や戦後の男指やさし 寺田京子
噴水の翼をたたむ夕べ来る 朝倉和江
大噴水小噴水へ水分かつ 竹中碧水史
噴水にはらわたの無き明るさよ 橋閒石
噴水の向ふにもあるベンチかな 高浜年尾
噴水の内側の水怠けをり  大牧広
噴水や鞍馬天狗の本借りに 吉田汀史
噴水のいただきに水弾ねてをり 落合水尾
噴水をひと巡りして夫を待つ 渡辺花穂
噴水が驛の板前のごと頭あげ 竹中宏
噴水と森の古都コペンハーゲンは 河野静雲
噴水に睡り足らざる男たち 澤好摩
噴水のどこも正面どこも裏 杉阪大和
噴水の背丈を決める会議かな 鳥居真里子
噴水は上り青空下りて来る 三村純也
噴水の頂の水落ちてこず 長谷川櫂
噴水にもたるるところなかりけり 中岡毅雄
噴水の怠ることを宥されず  黛 まどか
噴水の水噴水の上に落つ 今瀬一博
噴水は遠き花壇を濡らしけり 日原傳
噴水の百本噴けば競ひけり 日原傳
噴水の戦ふときと戦ぐとき 藤田直子
噴水が人の代はりに立つてゐる 山田露結
噴水のやはら かさうにもりあがる 江渡華子

【噴水(中七)】
いつまでも見て噴水に疲れをり 深川正一郎
夫の背に噴水の音かはりけり 桂信子
日のかげり来し噴水の力づく 右城暮石
小一時間噴水見たり見なかったり  池田澄子
夜は夜の大噴水のなびき癖 行方克巳
口腔は若し噴水の野獣像 対馬康子
がんばつてゐる噴水の機械かな 岸本尚毅
なさけなき噴水前で待ち合はす 櫂未知子
公園もこの噴水も古りにけり 松尾清隆

【噴水(下五)】
海神の肩どどとうつ噴水は 山口青邨
崩るると見せて噴水立ち上がる  成井侃
永遠のかたちを探している噴水 水口圭子
ソ連の体操少女のような噴水 福田若之


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬の日
  2. 【秋の季語】月
  3. 【冬の季語】鬼やらう
  4. 【春の季語】浜下り
  5. 【春の季語】雛飾る
  6. 【冬の季語】蒲団(布団)
  7. 【冬の季語】クリスマス
  8. 【春の季語】春の月

おすすめ記事

  1. 夏場所や新弟子ひとりハワイより 大島民郎【季語=夏場所(夏)】
  2. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  3. 春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一【季語=春の夜(春)】
  4. 【冬の季語】枯野
  5. 街坂に雁見て息をゆたかにす 福永耕二【季語=雁(秋)】
  6. 糸電話古人の秋につながりぬ 攝津幸彦【季語=秋(秋)】
  7. 手の甲に子かまきりをり吹きて逃す 土屋幸代【季語=子かまきり(夏)】
  8. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【冬の季語=冬(冬)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯
  10. 春光のステンドグラス天使舞ふ 森田峠【季語=春光(春)】

Pickup記事

  1. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第46回】小野寺清人
  3. 秋櫻子の足あと【第3回】谷岡健彦
  4. 春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂【季語=春の水(春)】
  5. 海の日の海より月の上りけり 片山由美子【季語=海の日(夏)】
  6. 【書評】相子智恵 第1句集『呼応』(左右社、2021年)
  7. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】
  8. 雨だれを聴きて信濃の濁り酒 德田千鶴子【季語=濁り酒(秋)】
  9. キャベツに刃花嫁衣裳は一度きり 山田径子【季語=キャベツ(夏)】
  10. 【新年の季語】初厨
PAGE TOP