冬の季語

【冬の季語】探梅

【冬の季語=晩冬(1月)】探梅

春にならぬ内から「早梅」を探って(「梅林」ではなく)山家を歩き回ること。

「探梅行」とも。また、動詞的に「梅探る」ということもある。


【探梅(上五)】
探梅のこころもとなき人数かな 後藤夜半
探梅や枝のさきなる梅の花 高野素十
探梅や遠き昔の汽車にのり 山口誓子
探梅や官吏と分る服を着て 後藤章
探梅やかばんを持たぬ者同士 櫂未知子
探梅や武家の道から公家の庭 齋藤朝比古

【探梅(中七)】

【探梅(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】大晦日
  2. 【秋の季語】穴惑
  3. 【夏の季語】香水
  4. 【冬の季語】ストーブ
  5. 【冬の季語】熊
  6. 【冬の季語】クリスマスツリー
  7. 【春の季語】立春
  8. 【春の季語】黄水仙

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第14回】お茶の水と川崎展宏
  2. 【冬の季語】冬河原(冬川原)
  3. 【春の季語】三月
  4. 羅や人悲します恋をして鈴木真砂女【季語=羅(夏)】
  5. 絵杉戸を転び止まりの手鞠かな 山崎楽堂【季語=手鞠(新年)】
  6. 紅葉の色きはまりて風を絶つ 中川宋淵【季語=紅葉(秋)】
  7. 遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子【無季】
  8. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】
  9. 【新年の季語】嫁が君
  10. あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子【季語=あきざくら(秋)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第27回】安里琉太
  2. 実るなと掴む乳房や春嵐 渡邉美愛【季語=春嵐(春)】
  3. 【秋の季語】赤い羽根
  4. さよならと梅雨の車窓に指で書く 長谷川素逝【季語=梅雨(夏)】
  5. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】
  6. 【新年の季語】松飾
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第26回】小豆島と尾崎放哉
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第122回】樫本由貴
  9. 燈台に銘あり読みて春惜しむ 伊藤柏翠【季語=春惜しむ(春)】
  10. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】
PAGE TOP