冬の季語

【冬の季語】探梅

【冬の季語=晩冬(1月)】探梅

春にならぬ内から「早梅」を探って(「梅林」ではなく)山家を歩き回ること。

「探梅行」とも。また、動詞的に「梅探る」ということもある。


【探梅(上五)】
探梅のこころもとなき人数かな 後藤夜半
探梅や枝のさきなる梅の花 高野素十
探梅や遠き昔の汽車にのり 山口誓子
探梅や官吏と分る服を着て 後藤章
探梅やかばんを持たぬ者同士 櫂未知子
探梅や武家の道から公家の庭 齋藤朝比古

【探梅(中七)】

【探梅(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  2. 【夏の季語】桐の花
  3. 【秋の季語】霧
  4. 【冬の季語】枯野
  5. 【冬の季語】落葉
  6. 【冬の季語】冬日和
  7. 【春の季語】朧夜
  8. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】冬の日
  2. 叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子【季語=あやめ(夏)】
  3. 待ち人の来ず赤い羽根吹かれをり 涼野海音【季語=赤い羽根(秋)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】
  5. 【冬の季語】クリスマスカード
  6. 【連載】新しい短歌をさがして【14】服部崇
  7. 【春の季語】沈丁花
  8. 【書評】日下野由季 第2句集『馥郁』(ふらんす堂、2018年)
  9. 【新年の季語】雑煮
  10. 【冬の季語】毛糸

Pickup記事

  1. 【春の季語】雨水
  2. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆
  3. 春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎【季語=春惜む・蝶々(春)】
  4. みじろがず白いマスクの中にいる 梶大輔【季語=マスク(冬)】
  5. 米国のへそのあたりの去年今年 内村恭子【季語=去年今年(冬)】
  6. 黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子【季語=黒揚羽(夏)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外―4】 奥武蔵・山毛欅峠と石田波郷
  8. 【第4回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 大西朋さん・白井飛露さん)
  9. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】
  10. 【冬の季語】冬麗
PAGE TOP