季語・歳時記

【春の季語】初桜

【春の季語=仲春(3月)】初桜

その年に初めて咲いた「」の花のこと。「初花」とも。


【初桜(上五)】
初桜折りしも今日はよき日なり 松尾芭蕉
初櫻息を大きく吸ひにけり 広渡敬雄

【初桜(中七)】
此雨で初桜にもなりさうな 正岡子規
身延路の初桜には間ある旅 星野椿

【初桜(下五)】
不器男忌の過ぎし野山の初桜 草間時彦
枯蔓の絡まつてゐし初ざくら 綾部仁喜
人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二
見るうちに開き加はり初桜 深見けん二
きさらぎの望月にあふ初桜 矢島渚男
実朝の海あをあをと初桜 高橋悦男


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】枇杷の花
  2. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  3. 【秋の季語】松茸
  4. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  5. 【冬の季語】梅探る
  6. 【冬の季語】冬
  7. 【秋の季語】秋の蝶
  8. 【夏の季語】河童忌/我鬼忌 龍之介忌

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第124回】髙坂小太郎
  2. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】
  3. 【春の季語】初花
  4. 手を入れてみたき帚木紅葉かな 大石悦子【季語=紅葉(秋)】
  5. この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  6. 蟲鳥のくるしき春を不爲 高橋睦郎【季語=春(春)】
  7. 【春の季語】卒業す
  8. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  9. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】
  10. 夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】

Pickup記事

  1. オルゴールめく牧舎にも聖夜の灯 鷹羽狩行【季語=聖夜(冬)】
  2. 腕まくりして女房のかき氷 柳家小三治【季語=かき氷(夏)】
  3. 【夏の季語】水着
  4. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  5. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 兎もも肉の赤ワイン煮
  6. 【冬の季語】小春日和
  7. 【#43】愛媛県歴史文化博物館の歴史展示ゾーン
  8. 滴りてふたりとは始まりの数 辻美奈子【季語=滴り(夏)】
  9. 【#46】大学の猫と留学生
  10. 【新年の季語】歌留多
PAGE TOP