【秋の季語】花野/大花野

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【秋の季語=三秋(8月〜10月)】花野/大花野

【解説】秋の草花が一面にひろがっている野原のこと。

【関連季語】お花畑(夏)、秋草、草の花、秋の園など。


【花野】
みづうみの水のつめたき花野かな 日野草城
信濃路や花野のあなたにも花野 阿波野青畝
ぼろぼろな花野に雨の降りつづけ 草間時彦
おでん啖べゐて花野へ逃げ戻る 文挾夫佐恵
もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道
かほがあるやうな花野のうへの空 川崎展宏
晩年に未知の道あり花野行く 須賀一惠
はじめより一人花野をどこまでも 櫻井博道
飛ばされて帽子よろこぶ花野かな 鷹羽狩行
ここはもう花野といへぬ花の数 片山由美子
花野ゆくそこに帰るがごとくゆく 池田緑人
しろがねの花野の裂け目川と呼ぶ 仲寒蟬
先頭のよく立ち止まる花野かな 土肥あき子
三好達治思ふ花野に鐘打ちて 小林貴子
ひらがなの名のひととゆく花野かな 松本てふこ

【夕花野】
泣くために溜めておく息夕花野 月野ぽぽな

【大花野】
大花野一輌電車天より来 大牧広
爪先から淋しくなりぬ大花野 山岸由佳
旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

ピックアップ記事

2021-3-11

【特集】東日本大震災 10年を迎えて

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る