冬の季語

【冬の季語】咳く

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】咳く

風邪」の一症状で、「」をすること。

「せく」「しわぶく」と音数に従って読み分ける。


【咳(上五)】
咳き込めば我火の玉のごとくなり 川端茅舎
咳こんでいいたいことのあふれけり 成田三樹夫
咳くと胸の辺に月こぼれきぬ  角川源義
咳熄んで大きな石をみつめゐる 菅原鬨也

【咳(中七)】
誰か咳きわがゆく闇の奥をゆく 篠原梵
ことさらに咳こみ母を独り占め 保田貴子

【咳(下五)】
痩身の少女鼓のやうに咳く 福田甲子雄
ダリの青キリコの赤と咳けり 四ッ谷龍

【その他の季語と】
柩行く冬田ぞ咳のひびきける 加藤楸邨


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】夏蝶
  2. 【夏の季語】小満
  3. 【冬の季語】寒い
  4. 【夏の季語】母の日
  5. 【冬の季語】蒲団干す(布団干す)
  6. 【冬の季語】鼻水
  7. 【冬の季語】毛糸玉
  8. 【冬の季語】雪降る

おすすめ記事

  1. 恋さめた猫よ物書くまで墨すり溜めし 河東碧梧桐【季語=恋猫(春)】
  2. 【冬の季語】冬日和
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年3月分】
  4. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】
  5. 【冬の季語】短日
  6. 枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼【季語=枯蓮(冬)】
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月26日配信分】
  8. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】
  9. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】
  10. 【冬の季語】縄跳

Pickup記事

  1. 【冬の季語】納豆
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第76回】種谷良二
  3. みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子【季語=冬瀧(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
  5. 数と俳句(四)/小滝肇
  6. オリヲンの真下春立つ雪の宿 前田普羅【季語=春立つ(春)】
  7. 【新番組】「ラジオ・ポクリット」【第1回】(ゲスト:鈴木牛後さん)
  8. 凍港や旧露の街はありとのみ 山口誓子【季語=凍つ(冬)】
  9. マグダラのマリア恋しや芥子の花 有馬朗人【季語=芥子の花(夏)】
  10. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】
PAGE TOP