冬の季語

【冬の季語】咳く

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】咳く

風邪」の一症状で、「」をすること。

「せく」「しわぶく」と音数に従って読み分ける。


【咳(上五)】
咳き込めば我火の玉のごとくなり 川端茅舎
咳こんでいいたいことのあふれけり 成田三樹夫
咳くと胸の辺に月こぼれきぬ  角川源義
咳熄んで大きな石をみつめゐる 菅原鬨也

【咳(中七)】
誰か咳きわがゆく闇の奥をゆく 篠原梵
ことさらに咳こみ母を独り占め 保田貴子

【咳(下五)】
痩身の少女鼓のやうに咳く 福田甲子雄
ダリの青キリコの赤と咳けり 四ッ谷龍

【その他の季語と】
柩行く冬田ぞ咳のひびきける 加藤楸邨


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】立秋
  2. 【冬の季語】日向ぼっこ
  3. 【夏の季語】蓮
  4. 【春の季語】旧正
  5. 【秋の季語】十六夜
  6. 【夏の季語】夏の月
  7. 【冬の季語】日記買う
  8. 【秋の季語】草紅葉/草の錦

おすすめ記事

  1. 木の葉髪あはれゲーリークーパーも 京極杞陽【季語=木の葉髪(冬)】
  2. ともかくもくはへし煙草懐手 木下夕爾【季語=懐手(冬)】
  3. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
  4. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】
  5. 【冬の季語】水鳥
  6. 【春の季語】雨水
  7. 【冬の季語】嚏(嚔)
  8. 【#26-1】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月27日配信分】
  10. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三

Pickup記事

  1. 嫁がねば長き青春青蜜柑 大橋敦子【季語=青蜜柑(秋)】
  2. 誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子【季語=花曇(春)】
  3. 雪が降る千人針をご存じか 堀之内千代【季語=雪(冬)】
  4. 【秋の季語】松茸
  5. 本捨つる吾に秋天ありにけり 渡部州麻子【季語=秋天(秋)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第12回】佐怒賀正美
  9. 【書評】山折哲雄『勿体なや祖師は紙衣の九十年』(中央公論新社、2017年)
  10. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
PAGE TOP