冬の季語

【冬の季語】冬立つ

【冬の季語=初冬(11月)】冬立つ

【ミニ解説】

太陽暦の11月8日ごろ、冬の最初の日、すなわち「立冬」のこと。

冬に入る」「冬来る」とも。立冬の朝のことは「今朝の冬」。


【冬立つ(上五)】
冬立つや背中合せの宮と寺 正岡子規
冬立つや立たずや留守の一つ家 正岡子規
冬立ちぬ十日のひげを剃り払ふ 日野草城
冬立つ日マラソン一群神田過ぐ 草間時彦
冬立ちてことさら松の青勢ふ 能村登四郎
冬立ちぬうすももいろに夜の雲 岡本眸
冬立つや一人の粥をふきこぼし 佐藤さき子

【冬立つ(中七)】
あらたのし冬立つ窓の釜の音 鬼貫
ふりかへる伊賀に冬立つ御齋越え 飴山實
椋鳥や冬立ちし日もよき夕ベ 百合山羽公
朝早き豆腐屋に冬立ちにけり 上村占魚
爪剪れば冬立つ窓へ光り飛ぶ 鈴木真砂女

【冬立つ(下五)】
葛城の細き草踏む冬立つ日 桂信子
サルビアもカンナも容れて冬立ちぬ 相生垣瓜人
鶏頭のがつくりと冬立ちにけり 相生垣瓜人
散るものは散りて武蔵野冬立ちぬ 飯田龍太
傘とんと置きてわが家の冬立てり 岡本眸


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】林檎
  2. 【夏の季語】玉虫
  3. 【夏の季語】昼寝/午睡 三尺寝 昼寝覚
  4. 【冬の季語】雪降る
  5. 【秋の季語】檸檬
  6. 【冬の季語】鼻水
  7. 【春の季語】子猫
  8. 【夏の季語】クーラー

おすすめ記事

  1. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】
  2. 【春の季語】沈丁花
  3. ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  4. 【春の季語】桜蘂降る
  5. 休みの日晝まで霜を見てゐたり 永田耕衣【季語=霜(冬)】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年2月分】
  7. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)】
  8. 【連載】新しい短歌をさがして【7】服部崇
  9. 【冬の季語】枯蓮
  10. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆

Pickup記事

  1. 【春の季語】風光る
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年9月分】
  3. 【春の季語】巣箱
  4. 【春の季語】雛
  5. 白鳥の花の身又の日はありや 成田千空【季語=白鳥(冬)】
  6. 【秋の季語】秋分の日
  7. 「けふの難読俳句」【第9回】「蹼」
  8. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
  9. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
  10. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
PAGE TOP