冬の季語

【冬の季語】冬に入る

【冬の季語=初冬(11月)】冬に入る

【ミニ解説】

太陽暦の11月8日ごろ、冬の最初の日、すなわち「立冬」のこと。

二十四節気のひとつである「立冬」と比べて、身体を通じて、冬に入っていくことを確認するような実感がある。


【冬に入る(上五)】
冬に入る真夜中あらき月の雨 飯田蛇笏
冬に入る見分け難きは枯木と死木 三橋鷹女
冬に入る月あきらかや松の上 久保田万太郎
冬に入る照れる所へ水捨てて 細見綾子
冬に入るぐうたら山のまろやかに 文挟夫佐恵
冬に入るいちばん遠い杉として 鎌倉佐弓

【冬に入る(中七)】

【冬に入る(下五)】
菊の香や月夜ながらに冬に入る 正岡子規
佐久の郡ものの音なく冬に入る 前田普羅
この池の浮葉の数や冬に入る 高野素十
瀧をみて戻りの道の冬に入る 波多野爽波
筆業の危機ばかりなり冬に入る 石塚友二
飯店の鸚鵡朗らか冬に入る 能城檀
ひとり居の飲食も身も冬に入る 森澄雄
草の根も深き木の根も冬に入る 藤田湘子
齢のみ自己新記録冬に入る 三橋敏雄
いそがせる心は別に冬に入る 稲畑汀子
あやとりのエッフェル塔も冬に入る 有馬朗人
新聞紙角をするどく冬に入る 宇多喜代子
鯉動くその下の鯉冬に入る 嶋田麻紀
山の音山へかへりて冬に入る 石嶌岳
再臨を説く拡声器冬に入る 仁平勝
きつちりと巻かれしホース冬に入る 髙田正子
くつしたのちひさきフリル冬に入る 千野千佳


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】蝶生る
  2. 【新年の季語】人日
  3. 【冬の季語】冬
  4. 【都道府県別の俳句】
  5. 【夏の季語】緑蔭
  6. 【春の季語】春時雨
  7. 【春の季語】雛祭
  8. 【秋の季語】椎茸

おすすめ記事

  1. 切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢
  2. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】
  4. 【秋の季語】吾亦紅
  5. 「けふの難読俳句」【第5回】「蹇」
  6. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第4回】2010年/2011年エリザベス女王杯
  7. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】
  8. 菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ 金原まさ子【季語=菜の花(春)】 
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第40回】 青山と中村草田男
  10. ハイシノミカタ【#5】「藍花」(川合牛蒡編集長)

Pickup記事

  1. タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子【季語=鳥雲に(春)】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#19
  3. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】
  4. とらが雨など軽んじてぬれにけり 一茶【季語=虎が雨(夏)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年6月分】
  6. 琅玕や一月沼の横たはり 石田波郷【季語=一月(冬)】
  7. 【連載】「ゆれたことば」#3「被災地/被災者」千倉由穂
  8. わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪【季語=風花(冬)】
  9. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第8回】俳句甲子園と写真と俳句
  10. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】
PAGE TOP