冬の季語

【冬の季語】冬に入る

【冬の季語=初冬(11月)】冬に入る

【ミニ解説】

太陽暦の11月8日ごろ、冬の最初の日、すなわち「立冬」のこと。

二十四節気のひとつである「立冬」と比べて、身体を通じて、冬に入っていくことを確認するような実感がある。


【冬に入る(上五)】
冬に入る真夜中あらき月の雨 飯田蛇笏
冬に入る見分け難きは枯木と死木 三橋鷹女
冬に入る月あきらかや松の上 久保田万太郎
冬に入る照れる所へ水捨てて 細見綾子
冬に入るぐうたら山のまろやかに 文挟夫佐恵
冬に入るいちばん遠い杉として 鎌倉佐弓

【冬に入る(中七)】

【冬に入る(下五)】
菊の香や月夜ながらに冬に入る 正岡子規
佐久の郡ものの音なく冬に入る 前田普羅
この池の浮葉の数や冬に入る 高野素十
瀧をみて戻りの道の冬に入る 波多野爽波
筆業の危機ばかりなり冬に入る 石塚友二
飯店の鸚鵡朗らか冬に入る 能城檀
ひとり居の飲食も身も冬に入る 森澄雄
草の根も深き木の根も冬に入る 藤田湘子
齢のみ自己新記録冬に入る 三橋敏雄
いそがせる心は別に冬に入る 稲畑汀子
あやとりのエッフェル塔も冬に入る 有馬朗人
新聞紙角をするどく冬に入る 宇多喜代子
鯉動くその下の鯉冬に入る 嶋田麻紀
山の音山へかへりて冬に入る 石嶌岳
再臨を説く拡声器冬に入る 仁平勝
きつちりと巻かれしホース冬に入る 髙田正子
くつしたのちひさきフリル冬に入る 千野千佳


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】鮎
  2. 【冬の季語】忘年
  3. 【夏の季語】昼寝
  4. 【冬の季語】聖菓
  5. 【新年の季語】読初
  6. 【春の季語】春寒
  7. 【冬の季語】冬蝶
  8. 【冬の季語】師走

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】冬籠
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第75回】近江文代
  3. 【冬の季語】雪降る
  4. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年11月分】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第10回】相沢文子
  7. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】
  8. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】
  9. ゆく船に乗る金魚鉢その金魚 島田牙城【季語=金魚(夏)】
  10. こんな本が出た【2021年3月刊行分】

Pickup記事

  1. 鶯や製茶会社のホツチキス 渡邊白泉【季語=鶯(春)】
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第15回】
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#05】勉強の仕方
  4. 【夢の俳句】
  5. 婚約とは二人で虹を見る約束 山口優夢【季語=虹(夏)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼
  7. 極月の空青々と追ふものなし 金田咲子【季語=極月(冬)】
  8. 春を待つこころに鳥がゐて動く 八田木枯【季語=春を待つ(冬)】
  9. 橡の実のつぶて颪や豊前坊 杉田久女【季語=橡の実(秋)】
  10. 【秋の季語】天の川
PAGE TOP