冬の季語

【冬の季語】寒の内

【冬の季語=晩冬(1月)】寒の内

太陽暦の1月5日、6日ごろ、「小寒」から「大寒」をへて「節分」までの約30日間は、更に寒さが厳しくなるころなので、「寒の内」と呼ばれる。「寒の内」の晴れた日は「寒晴」。雨の日は「寒の雨」。ほかにも「寒の水」「寒月」「寒雀」「寒紅」「寒肥」など寒にまつわる季語は多い。

この時期に、近況や体調を伺うのが「寒中見舞」である。


【寒の内(上五)】

【寒の内(中七)】
灯ともるや寒の内なる青畳 日野草城
草青むところも寒の内ながら 石塚友二

【寒の内(下五)】
干鮭も空也の痩せも寒の内 芭蕉
のら猫の声もつきなや寒のうち 浪化
薬のむあとの蜜柑や寒の内 正岡子規
美食して身をいとへとや寒の内 村上鬼城
ひさかきの実の黒曜も寒の内 富安風生
むきだしの仏の肩も寒の内 上田五千石
我痩せて鴉太りぬ寒の内 藤田湘子
庖丁の刃こぼれ憂しや寒の内 鈴木真砂女
晩節の竹あをあをと寒の内 鷹羽狩行


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】バナナ
  2. 【冬の季語】雪降る
  3. 【冬の季語】冬木立
  4. 【秋の季語】蕎麦の花
  5. 【冬の季語】冬帽子
  6. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  7. 【春の季語】旧正月
  8. 【夏の季語】夏休(夏休み)

おすすめ記事

  1. 猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮【季語=椎茸(秋)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第69回】 東吉野村と三橋敏雄
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第107回】石川洋一
  4. 【夏の季語】涼しさ
  5. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  6. 桜貝長き翼の海の星 波多野爽波【季語=桜貝(春)】 
  7. 【秋の季語】秋分
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青邨
  9. 虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会 飴山實【季語=初句会(新年)】
  10. 気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子【季語=春(春)】

Pickup記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【14】/野村茶鳥(屋根裏バル鱗kokera店主)
  2. 消すまじき育つるまじき火は埋む 京極杞陽【季語=埋火(冬)】
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】
  4. 【冬の季語】蓮根
  5. 【冬の季語】枯木立
  6. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】
  7. もろ手入れ西瓜提灯ともしけり 大橋櫻坡子【季語=西瓜提灯】
  8. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  9. 引越の最後に子猫仕舞ひけり 未来羽【季語=子猫(春)】
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年9月分】
PAGE TOP