冬の季語

【冬の季語】寒の内

【冬の季語=晩冬(1月)】寒の内

太陽暦の1月5日、6日ごろ、「小寒」から「大寒」をへて「節分」までの約30日間は、更に寒さが厳しくなるころなので、「寒の内」と呼ばれる。「寒の内」の晴れた日は「寒晴」。雨の日は「寒の雨」。ほかにも「寒の水」「寒月」「寒雀」「寒紅」「寒肥」など寒にまつわる季語は多い。

この時期に、近況や体調を伺うのが「寒中見舞」である。


【寒の内(上五)】

【寒の内(中七)】
灯ともるや寒の内なる青畳 日野草城
草青むところも寒の内ながら 石塚友二

【寒の内(下五)】
干鮭も空也の痩せも寒の内 芭蕉
のら猫の声もつきなや寒のうち 浪化
薬のむあとの蜜柑や寒の内 正岡子規
美食して身をいとへとや寒の内 村上鬼城
ひさかきの実の黒曜も寒の内 富安風生
むきだしの仏の肩も寒の内 上田五千石
我痩せて鴉太りぬ寒の内 藤田湘子
庖丁の刃こぼれ憂しや寒の内 鈴木真砂女
晩節の竹あをあをと寒の内 鷹羽狩行


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】鼻水
  2. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  3. 【春の季語】菜の花
  4. 【冬の季語】今朝の冬
  5. 【冬の季語】煤逃
  6. 【秋の季語】カンナ/花カンナ
  7. 【冬の季語】雪降る
  8. 【冬の季語】春を待つ

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第31回】鈴木忍
  2. 【特別寄稿】「写生」──《メドゥーサ》の「驚き」 岡田一実
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【18】/我部敬子(「銀漢」同人)
  4. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  5. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第85回】土肥あき子
  7. めちやくちやなどぜうの浮沈台風くる 秋元不死男【季語=台風(秋)】
  8. 朝貌や惚れた女も二三日 夏目漱石【季語=朝貌(秋)】
  9. 冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤楸邨【季語=冴返る(春)】
  10. 【秋の季語】八月

Pickup記事

  1. 集いて別れのヨオーッと一本締め 雪か 池田澄子【季語=雪(冬)】
  2. 【春の季語】恋の猫
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【5月14日配信分】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年7月分】
  5. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】
  6. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
  7. 【秋の季語】林檎
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年6月分】
  9. 永遠とポップコーンと冬銀河 神野紗希【季語=冬銀河(冬)】
  10. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第7回
PAGE TOP