冬の季語

【冬の季語】冬の猫

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】冬の猫

」の猫。「竈猫」や「炬燵猫」や「かじけ猫」という言葉もある。

猫は春先に発情期を迎えるため、「猫の恋」「恋猫」は、春の季語となる。


【冬の猫(上五)】

【冬の猫(中七)】

【冬の猫(下五)】
白猫は徹頭徹尾冬の猫 中田剛


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】巣箱
  2. 【卵の俳句】
  3. 【新年の季語】七日
  4. 【冬の季語】冬木の芽
  5. 【秋の季語】赤い羽根
  6. 【夏の季語】出梅
  7. 【冬の季語】悴む
  8. 【冬の季語】梟

おすすめ記事

  1. 愉快な彼巡査となつて帰省せり 千原草之【季語=帰省(夏)】
  2. 【春の季語】流氷
  3. 黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる 宇多喜代子【季語=黒鯛(夏)】
  4. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】
  5. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】
  6. 【春の季語】風光る
  7. 父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二【季語=夏の月(夏)】 
  8. 【都道府県別の俳句】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第69回】 東吉野村と三橋敏雄
  10. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】鯛焼
  2. 【新年の季語】二日
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【3】/武田花果(「銀漢」「春耕」同人)
  4. ラガーらの目に一瞬の空戻る 阪西敦子【季語=ラガー(冬)】
  5. 【春の季語】二月尽
  6. 虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会 飴山實【季語=初句会(新年)】
  7. 白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子【季語=白萩(秋)】
  8. 【#45】マイルス・デイヴィスと中平卓馬
  9. 仕る手に笛もなし古雛 松本たかし【季語=古雛(春)】
  10. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
PAGE TOP