冬の季語

【冬の季語】冬籠

【冬の季語=晩冬(1月)】冬籠

冬の間は寒いので、家に籠って生活することが増える。

あたたかい部屋で本を読みふけったり、撮りだめていた番組を一気見するなど。


【冬籠(上五)】
冬籠りすべしといふもその一つ 高野素十
冬籠立つたまま本読む少女 金子兜太
冬ごもり小鳥に人の名をつけて 片山由美子
冬ごもり鶉に心許しつつ 西村麒麟

【冬籠(中七)】

【冬籠(下五)】
薪をわるいもうと一人冬籠 正岡子規
愚陀仏は主人の名也冬籠 夏目漱石
たまきはるいのちをうたにふゆごもり 飯田蛇笏
火曜日は手紙のつく日冬籠 高野素十
鉄瓶に傾ぐくせあり冬ごもり 久保田万太郎
近々と山のまなざし冬ごもり 手塚美佐
少しづつかじるせんべい冬ごもり 森田峠
什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖
蛾の如き痣がひとつや冬籠 太田うさぎ
引出しに星座盤あり冬籠 涼野海音


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】松飾
  2. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  3. 【冬の季語】咳く
  4. 【冬の季語】師走
  5. 【夏の季語】サイダー
  6. 【夏の季語】桐の花
  7. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  8. 【冬の季語】マフラー

おすすめ記事

  1. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】
  2. 【春の季語】春分の日
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(10)/小津夜景さん
  4. 波冴ゆる流木立たん立たんとす 山口草堂【季語=冴ゆ(冬)】
  5. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】
  6. ラガーらの目に一瞬の空戻る 阪西敦子【季語=ラガー(冬)】
  7. 【第20回】新しい短歌をさがして/服部崇
  8. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
  9. 【冬の季語】鯛焼
  10. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】

Pickup記事

  1. 許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希【季語=毛糸(冬)】
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第4回】
  3. どこからが恋どこまでが冬の空 黛まどか【季語=冬の空(冬)】
  4. 旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子【季語=冬日(冬)】
  5. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】
  6. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】
  7. 【夏の季語】涼しさ
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼
  9. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#12
  10. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
PAGE TOP