冬の季語

【冬の季語】冬籠

【冬の季語=晩冬(1月)】冬籠

冬の間は寒いので、家に籠って生活することが増える。

あたたかい部屋で本を読みふけったり、撮りだめていた番組を一気見するなど。


【冬籠(上五)】
冬籠りすべしといふもその一つ 高野素十
冬籠立つたまま本読む少女 金子兜太
冬ごもり小鳥に人の名をつけて 片山由美子
冬ごもり鶉に心許しつつ 西村麒麟

【冬籠(中七)】

【冬籠(下五)】
薪をわるいもうと一人冬籠 正岡子規
愚陀仏は主人の名也冬籠 夏目漱石
たまきはるいのちをうたにふゆごもり 飯田蛇笏
火曜日は手紙のつく日冬籠 高野素十
鉄瓶に傾ぐくせあり冬ごもり 久保田万太郎
近々と山のまなざし冬ごもり 手塚美佐
少しづつかじるせんべい冬ごもり 森田峠
什器全て鈍器に見えて冬籠 今井聖
蛾の如き痣がひとつや冬籠 太田うさぎ
引出しに星座盤あり冬籠 涼野海音


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】松飾る
  2. 【冬の季語】冬の月
  3. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  4. 【冬の季語】冬の猫
  5. 【夏の季語】額の花
  6. 【春の季語】杉の花
  7. 【冬の季語】納豆
  8. 【春の季語】朧夜

おすすめ記事

  1. ポメラニアンすごい不倫の話きく 長嶋有
  2. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】
  3. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(冬)】
  4. ネックレスかすかに金や花を仰ぐ 今井千鶴子【季語=花(春)】
  5. 【連載】久留島元のオバケハイク【第4回】「野槌」
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月27日配信分】
  7. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第4回】
  8. 秋櫻子の足あと【第1回】谷岡健彦
  9. 水を飲む風鈴ふたつみつつ鳴る 今井肖子【季語=風鈴(夏)】
  10. 人妻ぞいそぎんちやくに指入れて 小澤實【季語=磯巾着(春)】

Pickup記事

  1. うつとりと人見る奈良の鹿子哉 正岡子規【季語=鹿子(夏)】
  2. 【冬の季語】縄跳
  3. 先生はいつもはるかや虚子忌来る 深見けん二【季語=虚子忌(春)】
  4. 【夏の季語】夏休(夏休み)
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#19
  6. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】
  7. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第9回】伊勢と八田木枯
  9. はやり風邪下着上着と骨で立つ 村井和一【季語=流行風邪(冬)】
  10. 海くれて鴨のこゑほのかに白し 芭蕉【季語=鴨(冬)】
PAGE TOP