冬の季語

【冬の季語】冬蟹

【冬の季語=晩冬(1月)】冬蟹

「冬の蟹」は、「ずわい蟹」や「松葉蟹」や「鱈場蟹」などの食用の大型のカニ。

「沢蟹」「磯蟹」などの食用にならない小さな「蟹」は夏の季語である。


【冬蟹(上五)】
冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟

【冬蟹(中七)】

【冬蟹(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】古暦
  2. 【冬の季語】白菜
  3. 【夏の季語】松落葉
  4. 【春の季語】恋猫
  5. 【冬の季語】冬桜
  6. 【春の季語】初東風
  7. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  8. 【秋の季語】蛇穴に入る

おすすめ記事

  1. 春ショール靡きやすくて恋ごこち 檜紀代【季語=春ショール(春)】
  2. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】
  3. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
  4. 肩につく影こそばゆし浜日傘 仙田洋子【季語=浜日傘(夏)】
  5. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月
  6. 落椿とはとつぜんに華やげる 稲畑汀子【季語=落椿(春)】
  7. 来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話 田畑美穂女【季語=梅 (春)】
  8. 秋鰺の青流すほど水をかけ 長谷川秋子【季語=秋鰺 (秋)】
  9. 「けふの難読俳句」【第7回】「半月」
  10. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第6回】熊野古道と飯島晴子
  2. 大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子【季語=春惜しむ(春)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第51回】 軽井沢と堀口星眠
  5. 【新連載】茶道と俳句 井上泰至【第1回】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年4月分】
  7. 追ふ蝶と追はれる蝶の入れ替はる 岡田由季【季語=蝶(春)】
  8. 【夏の季語】ソーダ水
  9. 大年やおのづからなる梁響 芝不器男【季語=大年(冬)】
  10. 【秋の季語】花野/大花野
PAGE TOP