冬の季語

【冬の季語】寒卵(寒玉子)

【冬の季語=晩冬(1月)】寒(寒玉子)

鶏が「寒中」に産んだ卵。栄養価が高く、保存がきくとされる。

明治の終わりから大正期にかけて「寒玉子」という力士がいた。

初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公

という句がある。


【寒卵(上五)】
寒卵二つ置きたり相寄らず 細見綾子
寒卵割る手ごたへを手の内に 三島広志
寒卵扉を開けるまで一人  岡本紗矢
寒卵蛇の供物として売らる  岩崎信子
寒卵みたいな俺の涙かな 喜多昭夫
寒卵善根宿の朝食に  夲庄康代
寒卵昼のひかりにかざしけり 岩田由美
寒卵しづかに雲と雲はなれ 田中裕明
寒卵海光さしてゐるごとし 涼野海音
寒卵良い学校へゆくために 岩田奎

【寒卵(中七)】
微動だにせぬ寒卵割りて呑む 小田島渚

【寒卵(下五)】
不機嫌の二つ割つたる寒卵 鈴木真砂女
東京は暗し右手に寒卵  藤田湘子
着の身着のままにまぶしき寒卵 友岡子郷
ころがりて音の重たき寒卵 髙橋悦子
生みたての形而上学寒卵  青木澄江
割るるとき追ひつく重み寒卵 金原知典
一切の雲の去り際寒卵  中村安伸
一巡りして弧が閉じる寒卵  藤田哲史


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】咳く
  2. 【春の季語】鴨引く
  3. 【新年の季語】人日
  4. 【冬の季語】掘炬燵
  5. 【秋の季語】蕎麦の花
  6. 【夏の季語】虹
  7. 【冬の季語】枯蓮
  8. 【春の季語】うらら

おすすめ記事

  1. 【春の季語】春の灯
  2. 永遠とポップコーンと冬銀河 神野紗希【季語=冬銀河(冬)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー5】 北九州市・八幡と山口誓子
  4. 【夏の季語】葉桜
  5. 【冬の季語】炬燵
  6. 瀧見人子を先だてて来りけり 飯島晴子【季語=滝見(夏)】
  7. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】
  8. 【冬の季語】毛糸
  9. けさ秋の一帆生みぬ中の海 原石鼎【季語=今朝秋(秋)】
  10. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】

Pickup記事

  1. 【#21】中国大連の猫
  2. 赤い椿白い椿と落ちにけり 河東碧梧桐【季語=椿(春)】
  3. ハイシノミカタ【#2】「奎」(小池康生代表)
  4. 【冬の季語】梅早し
  5. 紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く 澤好摩【季語=蚯蚓鳴く(秋)】
  6. 二十世紀なり列国に御慶申す也 尾崎紅葉【季語=御慶(新年)】
  7. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】
  8. 【新年の季語】読初
  9. 【春の季語】素魚
  10. 【特別寄稿】これまで、これから ーいわき復興支援の10年ー山崎祐子
PAGE TOP