冬の季語

【冬の季語】寒卵(寒玉子)

【冬の季語=晩冬(1月)】寒(寒玉子)

鶏が「寒中」に産んだ卵。栄養価が高く、保存がきくとされる。

明治の終わりから大正期にかけて「寒玉子」という力士がいた。

初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公

という句がある。


【寒卵(上五)】
寒卵二つ置きたり相寄らず 細見綾子
寒卵割る手ごたへを手の内に 三島広志
寒卵扉を開けるまで一人  岡本紗矢
寒卵蛇の供物として売らる  岩崎信子
寒卵みたいな俺の涙かな 喜多昭夫
寒卵善根宿の朝食に  夲庄康代
寒卵昼のひかりにかざしけり 岩田由美
寒卵しづかに雲と雲はなれ 田中裕明
寒卵海光さしてゐるごとし 涼野海音
寒卵良い学校へゆくために 岩田奎

【寒卵(中七)】
微動だにせぬ寒卵割りて呑む 小田島渚

【寒卵(下五)】
不機嫌の二つ割つたる寒卵 鈴木真砂女
東京は暗し右手に寒卵  藤田湘子
着の身着のままにまぶしき寒卵 友岡子郷
ころがりて音の重たき寒卵 髙橋悦子
生みたての形而上学寒卵  青木澄江
割るるとき追ひつく重み寒卵 金原知典
一切の雲の去り際寒卵  中村安伸
一巡りして弧が閉じる寒卵  藤田哲史


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】春の七種(七草)
  2. 【秋の季語】草紅葉/草の錦
  3. 【春の季語】鶯
  4. 【冬の季語】年惜む
  5. 【冬の季語】着ぶくれ
  6. 【夏の季語】【秋の季語?】ピーマン
  7. 【秋の季語】山椒の実
  8. 【秋の季語】霧

おすすめ記事

  1. 【#41】真夏の個人的な過ごし方
  2. 氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行【季語=紅梅(春)】
  3. サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓【季語=サイネリア(春)】
  4. 赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男【季語=月(秋)】
  5. 雛納めせし日人形持ち歩く 千原草之【季語=雛納(春)】
  6. 糸電話古人の秋につながりぬ 攝津幸彦【季語=秋(秋)】
  7. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】
  8. 【春の季語】春風
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第113回】佐古田亮介
  10. さみだれの電車の軋み君が許へ 矢島渚男【季語=さみだれ(夏)】

Pickup記事

  1. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】
  2. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第57回】卓田謙一
  4. 【冬の季語】水仙
  5. 台風や四肢いきいきと雨合羽 草間時彦【季語=台風(秋)】
  6. 皹といふいたさうな言葉かな 富安風生【季語=皹(冬)】
  7. 家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】
  8. 寒木が枝打ち鳴らす犬の恋 西東三鬼【季語=寒木(冬)】
  9. 【連載】新しい短歌をさがして【6】服部崇
  10. 窓眩し土を知らざるヒヤシンス 神野紗希【季語=ヒヤシンス(春)】 
PAGE TOP