ハイクノミカタ

初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】


初場所や昔しこ名に寒玉子

百合山羽公
(「日本大歳時記 新年」昭和56年 講談社)


羽公の句の魅力の一つは独特の抜け感にあり、鈴木豊一の言葉を借りるなら、「有情滑稽」という評はたしかにふさわしいように思われる。掲句は、相撲取りのちっとも強そうに聞こえない四股名が面白く、行事が厳めしい顔をして「かんたまごー」と勝ち名乗りをあげる景を浮かべるだけでちょっと笑ってしまう。しかも、それが季語であるところが俳人へのフックにもなっている。

それにしても、とおもって検索すると、本当に「寒玉子爲治郎(かんたまごためじろう)」という四股名の力士がいた。羽公の六歳年長で、ほぼ同じ世代で土俵に上っていた力士であるので、それなりに思い入れがあったものか。句の初出がわからないのだが、だいぶ後年になってそれを思い出して詠んだものだろうと思われる。そしてこの句は、久保田万太郎の「初場所やむかし大砲萬右衛門」の本句取りでもあるだろう。大砲(おおづつ)は、子規や漱石とほぼ同世代の力士で、万太郎が子供の頃の横綱だから、彼にとっては文字通りのヒーローだったかもしれない。もうひとつ、万太郎が同世代の力士ならぬ行司を詠んだ句「初場所やかの伊之助の白き髯」は、19代式守伊之助が白く長い髭を蓄えて土俵に上っていたことにちなむ。この両句をみると、万太郎の相撲への深い思い入れ(愛)がわかるけれども、彼の思い入れからくる有情はあっても、羽公の句のような滑稽味は感じられない。今年はこのコロナ禍の影響で80人を超える力士や関係者の休場がありながら初場所が強行されているが、あまり熱心な視聴者ではない私はまったく見ていない。泉下の万太郎や羽公ならどんな句を詠むのだろう。そういえば、いまでも「寒玉子」のような面白い四股名の力士はいるのだろうか。

橋本直


【執筆者プロフィール】
橋本直(はしもと・すなお)
1967年愛媛県生。「豈」同人。現代俳句協会会員。現在、「楓」(邑久光明園)俳句欄選者。神奈川大学高校生俳句大賞予選選者。合同句集『水の星』(2011年)、『鬼』(2016年)いずれも私家版。第一句集『符籙』(左右社、2020年)。共著『諸注評釈 新芭蕉俳句大成』(明治書院、2014年)、『新興俳句アンソロジー 何が新しかったのか』(ふらんす堂、2018年)他。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 葉桜の頃の電車は突つ走る 波多野爽波【季語=葉桜(夏)】
  2. 冬の水突つつく指を映しけり 千葉皓史【季語=冬の水(冬)】
  3. 靴音を揃えて聖樹まで二人 なつはづき【季語=聖樹(冬)】
  4. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】
  5. ラグビーのゴールは青き空にあり 長谷川櫂【季語=ラグビー(冬)】…
  6. どつさりと菊着せられて切腹す 仙田洋子【季語=菊(秋)】
  7. 鉄橋を決意としたる雪解川 松山足羽【季語=雪解川(春)】
  8. 髪ほどけよと秋風にささやかれ 片山由美子【季語=秋風(秋)】

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】夏至
  2. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】
  3. だんだんと暮色の味となるビール 松本てふこ【季語=ビール(夏)】
  4. 波冴ゆる流木立たん立たんとす 山口草堂【季語=冴ゆ(冬)】
  5. 草餅や不参遅参に会つぶれ 富永眉月【季語=草餅(春)】
  6. 春愁は人なき都会魚なき海 野見山朱鳥【季語=春愁(春)】
  7. 置替へて大朝顔の濃紫 川島奇北【季語=朝顔(秋)】
  8. 【特別寄稿】これまで、これから ーいわき復興支援の10年ー山崎祐子
  9. のこるたなごころ白桃一つ置く 小川双々子【季語=白桃(秋)】
  10. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ  なかはられいこ

Pickup記事

  1. 【春の季語】梅
  2. 髪ほどけよと秋風にささやかれ 片山由美子【季語=秋風(秋)】
  3. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  4. 【新番組】ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第1回】
  5. いけにえにフリルがあって恥ずかしい 暮田真名
  6. 【秋の季語】新蕎麦
  7. 鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ 渡辺白泉【季語=カンナ(秋)】
  8. 大年やおのづからなる梁響 芝不器男【季語=大年(冬)】
  9. 【新年の季語】二日
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第93回】井上弘美
PAGE TOP