夏の季語

【夏の季語】冷房

【夏の季語=晩夏(7月)】冷房

暑い時期に冷気を送る空調装置(エアコン)のこと。「クーラー」とも。

電車のクーラーのきいた車両は「冷房車」と呼ぶ。


【冷房(上五)】
冷房車満洲の冬に話とぶ 京極杞陽
冷房の時計時計の時おなじ 西東三鬼
冷房の下着売場の白世界 草間時彦
冷房とまる高階純愛の男女残し 金子兜太
冷房や握手以上の仲ならず 鷹羽狩行
冷房のなかなか効かぬ男かな 渋川京子
冷房にゐて国宝の滝の前 角川春樹
冷房車濤かがやきて音もなし 長谷川櫂
冷房や「無題」が題の絵が並び 岡野泰輔
冷房や一僧壁によりかかり 岸本尚毅
冷房の風に縮まりゆく野性 櫂未知子
冷房の底にしづんでゆくやうな 木津みち子
冷房がこはれ空芯菜おかはり 小川楓子
冷房に冷えし釣銭渡されぬ 小野あらた

【冷房(中七)】
笑ふ声なき冷房の講師室 森田公司
サバ缶開けます冷房がだめなひと 小川楓子

【冷房(下五)】
句集読むはづかしさ弱冷房車 松村武雄
泣きやまぬ子供がひとり冷房車 片山由美子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】涅槃図
  2. 【秋の季語】秋分の日
  3. 【新年の季語】獅子舞
  4. 【冬の季語】雪達磨
  5. 【秋の季語】鴨来る
  6. 【冬の季語】煤逃
  7. 【春の季語】白魚
  8. 【夏の季語】サングラス

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第11回】三田と清崎敏郎
  2. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  3. 金魚屋が路地を素通りしてゆきぬ 菖蒲あや【季語=金魚(夏)】
  4. 松過ぎの一日二日水の如 川崎展宏【季語=松過ぎ(新年)】
  5. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  6. ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行【季語=渡り鳥(秋)】
  7. みちのくに戀ゆゑ細る瀧もがな 筑紫磐井【季語=滝(夏)】
  8. 煮し蕗の透きとほりたり茎の虚 小澤實【季語=蕗(夏)】
  9. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第40回】青木亮人

Pickup記事

  1. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】
  2. 九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子【季語=九月(秋)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のオムライス
  4. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】
  5. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたたか(冬)】
  6. 【冬の季語】毛糸
  7. 【書評】小池康生 第2句集『奎星』(飯塚書店、2020年)
  8. 春山もこめて温泉の国造り 高濱虚子【季語=春山(春)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第23回】松代展枝
  10. 【新年の季語】松七日
PAGE TOP