季語・歳時記

【春の季語】春の雨

【春の季語=三春(2月〜4月)】春の雨

立春」をすぎてから降る雨のこと。「春雨」ともいう。

「三冊子」では、旧暦の正月から二月の初めに(つまり現在の二月から三月にかけて)降る雨を「春の雨」と呼んだ。寒さからあたたかさへと移り変わり、草木が萌え出づるというイメージがある。

春に降る「時雨」は「春時雨」、逆に長雨は「春霖」ともいう。

植物との絡みでいえば、三月以降、「」の咲く時期の雨は「花の雨」。四月ごろの「菜の花」の咲く時期の長雨を「菜種梅雨」ともいう。


【春の雨(上五)】
春の雨街濡れSHELLと紅く濡れ 富安風生
春の雨万死に値する接吻  佐山哲郎

【春の雨(中七)】
もつれつゝとけつゝ春の雨の糸  鈴木花蓑
掌をかへして春の雨となる 日原傳

【春の雨(下五)】
花売は昔ながらや春の雨 籾山梓月
鎌倉に清方住めり春の雨 久保田万太郎
死際にとっておきたき春の雨 高野ムツオ
忘れものみな男傘春の雨 三輪初子
いちにちを母老いたまふ春の雨 千葉皓史
同じ顔ならぶ個展や春の雨 片山由美子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  2. 【夏の季語】ソーダ水
  3. 【春の季語】霞
  4. 【夏の季語】花蓮
  5. 【冬の季語】冴ゆ・冴え
  6. 【春の季語】遠足
  7. 【秋の季語】秋風
  8. 【春の季語】春二番

おすすめ記事

  1. 不健全図書を世に出しあたたかし 松本てふこ【季語=あたたか(春)】 
  2. 【第6回】ポルトガル――北の村祭と人々2/藤原暢子
  3. 【新連載】久留島元のオバケハイク【第1回】「龍灯」
  4. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】
  5. えりんぎはえりんぎ松茸は松茸 後藤比奈夫【季語=松茸(秋)】
  6. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#2】
  7. こんな本が出た【2021年5月刊行分】
  8. 鵙の朝肋あはれにかき抱く 石田波郷【季語=鵙(秋)】
  9. 雪掻きて今宵誘うてもらひけり 榎本好宏【季語=雪掻(冬)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第37回】龍安寺と高野素十

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月11日配信分】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第98回】森羽久衣
  3. 【冬の季語】クリスマス
  4. いつまでも狐の檻に襟を立て 小泉洋一【季語=狐(冬)】
  5. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#05】勉強の仕方
  6. 流氷や宗谷の門波荒れやまず 山口誓子【季語=流氷(春)】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゴーヤの揚げ浸し
  8. 朝貌や惚れた女も二三日 夏目漱石【季語=朝貌(秋)】
  9. もし呼んでよいなら桐の花を呼ぶ 高梨章【季語=桐の花(夏)】
  10. 福笹につけてもらひし何やかや 高濱年尾【季語=福笹(冬)】
PAGE TOP