季語・歳時記

【春の季語】春の雨

【春の季語=三春(2月〜4月)】春の雨

立春」をすぎてから降る雨のこと。「春雨」ともいう。

「三冊子」では、旧暦の正月から二月の初めに(つまり現在の二月から三月にかけて)降る雨を「春の雨」と呼んだ。寒さからあたたかさへと移り変わり、草木が萌え出づるというイメージがある。

春に降る「時雨」は「春時雨」、逆に長雨は「春霖」ともいう。

植物との絡みでいえば、三月以降、「」の咲く時期の雨は「花の雨」。四月ごろの「菜の花」の咲く時期の長雨を「菜種梅雨」ともいう。


【春の雨(上五)】
春の雨街濡れSHELLと紅く濡れ 富安風生
春の雨万死に値する接吻  佐山哲郎

【春の雨(中七)】
もつれつゝとけつゝ春の雨の糸  鈴木花蓑
掌をかへして春の雨となる 日原傳

【春の雨(下五)】
花売は昔ながらや春の雨 籾山梓月
鎌倉に清方住めり春の雨 久保田万太郎
死際にとっておきたき春の雨 高野ムツオ
忘れものみな男傘春の雨 三輪初子
いちにちを母老いたまふ春の雨 千葉皓史
同じ顔ならぶ個展や春の雨 片山由美子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】惜春
  2. 【春の季語】遠足
  3. 【秋の季語】星月夜
  4. 【冬の季語】十一月
  5. 【秋の季語】秋の暮/秋の夕 秋の夕べ
  6. 【冬の季語】白菜
  7. 【春の季語】雛祭
  8. 【秋の季語】秋分の日

おすすめ記事

  1. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第12回】高千穂と種田山頭火
  3. はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子【季語=花菖蒲(夏)】
  4. 母の日の義母にかなしきことを告ぐ 林誠司【季語=母の日(夏)】
  5. 肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第30回】今泉礼奈
  7. 【書評】太田うさぎ『また明日』(左右社、2020年)
  8. 人のかほ描かれてゐたる巣箱かな 藤原暢子【季語=巣箱(春)】 
  9. 小鳥屋の前の小川の寒雀 鈴木鷹夫【季語=寒雀(冬)】
  10. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市

Pickup記事

  1. 三月の旅の支度にパスポート 千原草之【季語=三月(春)】
  2. もち古りし夫婦の箸や冷奴 久保田万太郎【季語=冷奴(夏)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月9日配信分】
  4. あかさたなはまやらわをん梅ひらく 西原天気【季語=梅(春)】
  5. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  6. 萩にふり芒にそそぐ雨とこそ 久保田万太郎【季語=萩・芒(秋)】
  7. 【新年の季語】初夢
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月1日配信分】
  9. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  10. 【冬の季語】冬蟹
PAGE TOP