季語・歳時記

【春の季語】春雨

【春の季語=三春(2月〜4月)】春雨

立春」をすぎてから降る雨のことだが、日常語である「春の雨」に比べると、用語として概念性が高く、イメージが先行する。

歳時記などにも「古くからしっとりとした趣のあるものとして詠まれてきた」「こまやかに降りつづく雨」などとある。

春雨や小磯の小貝ぬるるほど 蕪村

などは古典的な作品として有名な句のひとつ。この句をして絶望詩人こと萩原朔太郎は、「終日霏々として降り続いている春雨の中で、女の白い爪のように、仄ほのかに濡れて光っている磯辺の小貝が、悩ましくも印象強く感じられる」と書いている(「郷愁の詩人 与謝蕪村」)。


【春雨(上五)】
春雨やいかに野槌があくびごゑ 松磯
春雨のわれまぼろしに近き身ぞ 正岡子規
はるさめに昼の廓を通りけり 永井荷風
春雨や物乞ひどもと海を見る 横光利一
春雨や人の言葉に嘘多き 吉岡実
春雨の伝はつてゆく野面積  太田土男
春雨や待ち人をなお待たんとす 清水凡亭
春雨の希釈してゆく昨日かな 櫂未知子
春雨てふ銀の鎖をくぐりけり 矢野玲奈

【春雨(中七)】
斯く翳す春雨傘か昔人 高濱虚子
ひらきたる春雨傘を右肩に 星野立子
分乘に見る春雨の右左 中原道夫

【春雨(下五)】

【自由律】
こんやはこゝで雨がふる春雨(京都) 種田山頭火


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】繭玉
  2. 【冬の季語】冬の薔薇
  3. 【春の季語】春の野
  4. 【夏の季語】筍
  5. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  6. 【冬の季語】室の花
  7. 【秋の季語】馬鈴薯/馬鈴薯 ばれいしよ
  8. 【春の季語】春灯

おすすめ記事

  1. 個室のやうな明るさの冬来る 廣瀬直人【季語=冬来る(冬)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
  3. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第3回
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月16日配信分】
  5. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】
  6. きりぎりす飼ふは死を飼ふ業ならむ 齋藤玄【季語=螽蟖(秋)】
  7. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】
  8. 【春の季語】東風
  9. 【冬の季語】襟巻
  10. 【春の季語】鴨帰る

Pickup記事

  1. 氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】
  2. 【秋の季語】秋山
  3. 【春の季語】春分の日
  4. 突として西洋にゆく暖炉かな 片岡奈王【季語=暖炉(冬)】
  5. 腕まくりして女房のかき氷 柳家小三治【季語=かき氷(夏)】
  6. 室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子【季語=室咲(冬)】
  7. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】
  8. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】
  9. 【秋の季語】秋彼岸
  10. 【第9回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:今井肖子さん・三宅やよいさん・土肥あき子さん)
PAGE TOP