季語・歳時記

【春の季語】春雨

【春の季語=三春(2月〜4月)】春雨

立春」をすぎてから降る雨のことだが、日常語である「春の雨」に比べると、用語として概念性が高く、イメージが先行する。

歳時記などにも「古くからしっとりとした趣のあるものとして詠まれてきた」「こまやかに降りつづく雨」などとある。

春雨や小磯の小貝ぬるるほど 蕪村

などは古典的な作品として有名な句のひとつ。この句をして絶望詩人こと萩原朔太郎は、「終日霏々として降り続いている春雨の中で、女の白い爪のように、仄ほのかに濡れて光っている磯辺の小貝が、悩ましくも印象強く感じられる」と書いている(「郷愁の詩人 与謝蕪村」)。


【春雨(上五)】
春雨やいかに野槌があくびごゑ 松磯
春雨のわれまぼろしに近き身ぞ 正岡子規
はるさめに昼の廓を通りけり 永井荷風
春雨や物乞ひどもと海を見る 横光利一
春雨や人の言葉に嘘多き 吉岡実
春雨の伝はつてゆく野面積  太田土男
春雨や待ち人をなお待たんとす 清水凡亭
春雨の希釈してゆく昨日かな 櫂未知子
春雨てふ銀の鎖をくぐりけり 矢野玲奈

【春雨(中七)】
斯く翳す春雨傘か昔人 高濱虚子
ひらきたる春雨傘を右肩に 星野立子
分乘に見る春雨の右左 中原道夫

【春雨(下五)】

【自由律】
こんやはこゝで雨がふる春雨(京都) 種田山頭火


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬桜
  2. 【夏の季語】桐の花
  3. 【冬の季語】節分会
  4. 【秋の季語】秋蝶
  5. 【冬の季語】忘年会
  6. 【新年の季語】歌留多会
  7. 【冬の季語】鮟鱇
  8. 【春の季語】雨水

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」アボカドと蟹のムース
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
  4. 【秋の季語】鵙の贄
  5. 【冬の季語】冬籠
  6. 雪解川暮らしの裏を流れけり 太田土男【季語=雪解川(春)】
  7. デモすすむ恋人たちは落葉に佇ち 宮坂静生【季語=落葉(冬)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第51回】大野田井蛙
  9. 【連載】新しい短歌をさがして【14】服部崇
  10. 【冬の季語】縄跳

Pickup記事

  1. 一瞬の雪墜のひかり地にとどく 真島楓葉子【季語=雪墜(冬)】
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第2回】石田波郷と写真と俳句
  3. 【秋の季語】秋の風
  4. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】
  5. 【春の季語】春の雪
  6. 田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 中村草田男【季語=田植(夏)】
  7. 蓑虫の揺れる父性のやうな風  小泉瀬衣子【季語=蓑虫(秋)】
  8. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」お米のサラダ
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第52回】 新宿と福永耕二
PAGE TOP