季語・歳時記

【春の季語】梅二月

【春の季語=初春(2月)】梅二月

立春」を過ぎて「」が咲きはじめた「二月」のこと。あるいはその時期や情景のこと。


【梅二月(上五)】
梅二月ひかりは風とともにあり 西島麦南
梅二月風生先生の忌なりけり 安住敦
梅二月雲うすうすと夕明り 飯田龍太
梅二月口のまはりで笑ひけり  八田木枯
梅二月買ひたすものに文庫本 大木あまり
梅二月一水ここに始まれり 西嶋あさ子

【梅二月(中七)】

【梅二月(下五)】
土竜噴く上の一輪梅二月 皆吉爽雨
ときをりは風のきりりと梅二月 今井千鶴子
しなければ動き出さねば梅二月 稲畑汀子




【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】正月
  2. 【春の季語】涅槃図
  3. 【冬の季語】小寒
  4. 【新年の季語】歌留多会
  5. 【冬の季語】小春
  6. 【冬の季語】鬼やらい
  7. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)
  8. 【冬の季語】雪掻く

おすすめ記事

  1. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(夏)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年7月分】
  3. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】
  4. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】
  5. 春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一【季語=春の夜(春)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第60回】 貴船と波多野爽波
  7. 【春の季語】四月馬鹿
  8. 【連載】歳時記のトリセツ(2)/橋本喜夫さん
  9. 「けふの難読俳句」【第10回】「信天翁」
  10. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#7

Pickup記事

  1. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】
  2. 室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子【季語=室咲(冬)】
  3. 【新年の季語】松七日
  4. 【夏の季語】入梅
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第4回】菊田一平
  6. 茅舎忌の猛暑ひきずり草田男忌 竹中宏【季語=草田男忌(夏)】
  7. 品川はみな鳥のような人たち 小野裕三
  8. 【新年の季語】繭玉
  9. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】
  10. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第2回】1993年・七夕賞
PAGE TOP