季語・歳時記

【春の季語】夜桜

【春の季語=晩春(4月)】夜桜

夜の「」のこと。

闇夜に映える桜の美しさは、えもいわれぬものがある。


【夜桜(上五)】
夜桜ににぎはふ恋の神籤かな 大橋櫻坡子
夜桜やうらわかき月本郷に 石田波郷
夜桜のどよめきこもる谷の底 福田甲子雄
夜櫻にまじる裸木恐ろしく 千原叡子
夜桜や波見えずして海動く 高橋悦男
夜櫻に毒婦いたぶる巡羅をり 筑紫磐井
夜桜にひとりでゐると耳が散る 林桂
夜桜に背広の冷えて帰宅せり 正木ゆう子
夜桜の出口を探している二人 対馬康子
夜桜の遠き一本われを待つ 片山由美子
夜桜へ身ぬちの鬼に誘はれ 谷口いづみ
夜桜をカップラーメンタルな徒歩 福田若之 

【夜桜(中七)】
おもしろの世の夜桜と仰ぐかな 大石悦子
想像のつく夜桜を見に来たわ 池田澄子
千の青年めく夜桜へ歩むなり 関悦史

【夜桜(下五)】

【夜の桜】
自転車を押しゆく夜の桜かな 藤本夕衣

【川柳】
夜桜を見て来て誰も寄せつけず 渡辺康子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】夕桜
  2. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  3. 【春の季語】白椿
  4. 【春の季語】春月
  5. 【冬の季語】寒し
  6. 【春の季語】春の塵
  7. 【冬の季語】暮早し
  8. 【春の季語】山桜

おすすめ記事

  1. 杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄【季語=余寒(春)】
  2. 秋風や眼中のもの皆俳句 高浜虚子【季語=秋風(秋)】
  3. 【秋の季語】月
  4. 【春の季語】梅二月
  5. 【第11回】ラジオ・ポクリット【新年会2023】
  6. 【書評】相子智恵 第1句集『呼応』(左右社、2021年)
  7. 美しきものに火種と蝶の息 宇佐美魚目【季語=蝶(春)】 
  8. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】
  9. 人妻ぞいそぎんちやくに指入れて 小澤實【季語=磯巾着(春)】
  10. 鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ 三島ゆかり【季語=鴨(冬)】

Pickup記事

  1. 盥にあり夜振のえもの尾をまげて   柏崎夢香【季語=夜振(夏)】
  2. 【春の季語】春めく
  3. 【夏の季語】夏木立
  4. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆
  5. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月30日配信分】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」春にんじんのキャロット・ラペ
  8. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】
  9. 木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子【季語=木の根明く(春)】
  10. 【書評】渡辺花穂 第一句集『夏衣』(北辰社、2020年)
PAGE TOP