季語・歳時記

【春の季語】夕桜

【春の季語=晩春(4月)】夕桜

夕方の「」のこと。

桜が咲き散る3月下旬から4月は、すでに日が傾く時間がずいぶんと遅く、「日永」などとも呼ばれる時期である。

春らしい日中の明るい桜の時間帯が終わり、日が暮れるまでの夕方の時間も長く感じられ、夕日を受けた桜にもまた味わいがある。

夕ざくらけふも昔に成にけり 一茶

春の物思いを示す「春愁」の感覚ともどこかで通じる独身一茶48歳のときの句。


【夕桜(上五)】
夕ざくら机の上になにもなし 石田郷子
夕桜すこし煉瓦を積みかけて 岸本尚毅

【夕桜(中七)】
図書館をいで夕ざくら散るをみる 鈴木しづ子

【夕桜(下五)】
初めての町なつかしき夕桜 西村和子
少年は絶望知りぬ夕桜 奥坂まや
咲き満ちて人は遠景夕桜 仙田洋子
シーソーに妻から浮いて夕桜 小池康生


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】返り花(帰り花)
  2. 【新年の季語】去年今年
  3. 【冬の季語】探梅行
  4. 【夏の季語】夏至
  5. 【冬の季語】枯芝
  6. 【冬の季語】雪掻
  7. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  8. 【冬の季語】寒晴

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト
  2. 【冬の季語】聖菓
  3. 【春の季語】葱の花
  4. 【#44】写真の不思議
  5. 大利根にほどけそめたる春の雲 安東次男【季語=春の雲(春)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第62回】山田真砂年
  7. 冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟【季語=冬蟹(冬)】
  8. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第1回】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第33回】葛城山と阿波野青畝
  10. 【連載】新しい短歌をさがして【3】服部崇

Pickup記事

  1. 来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子【季語=猫柳(春)】
  2. 【夏の季語】泉
  3. 【冬の季語】咳く
  4. 象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】
  5. 昼寝よりさめて寝ている者を見る 鈴木六林男【季語=昼寝(夏)】
  6. 【春の季語】沈丁花
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年3月分】
  8. 桔梗やさわや/\と草の雨     楠目橙黄子【季語=桔梗(秋)】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」ほたるいかの酢味噌和え
  10. 【冬の季語】落葉
PAGE TOP