季語・歳時記

【春の季語】春分

【春の季語=仲春(3月)】春分 

春の半ばと書くとおり、「立春」と「立夏」のちょうど中間にあたる。

仏教においては、春分と秋分が彼岸である西方浄土への距離がもっとも短くなる日とされ、「春分」は「彼岸」の中日とされる。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、この時期から徐々に春の気配が強まってくる。「春分の日」は国民の祝日として制定されている。

太陽の高さを基準にした二十四節気のうち春の四番目となる(「立春」→「雨水」→「啓蟄」に次ぐ)。


【春分(上五)】
春分や水の音より夜に入りぬ 中井洋子
春分や剣玉の糸くすませて 野口る理

【春分(中七)】

【春分(下五)】




【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬木立
  2. 【冬の季語】数え日
  3. 【冬の季語】煤逃
  4. 【春の季語】冴返る
  5. 【夏の季語】紫陽花
  6. 【秋の季語】秋薔薇
  7. 【冬の季語】節分会
  8. 【秋の季語】秋桜

おすすめ記事

  1. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  2. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第55回】小川洋
  4. 【冬の季語】春近し
  5. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】
  6. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第6回】
  7. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月17日配信分】
  9. 年を以て巨人としたり歩み去る 高浜虚子【季語=行年(冬)】
  10. 復讐の馬乗りの僕嗤っていた 福田若之

Pickup記事

  1. 【新連載】きょうのパン句。【#2】ル・フィヤージュ
  2. 【#24】愛媛の興居島
  3. 手花火を左に移しさしまねく 成瀬正俊【季語=花火(夏/秋)】
  4. 舟やれば鴨の羽音の縦横に     川田十雨【季語=鴨(冬)】
  5. ふんだんに星糞浴びて秋津島 谷口智行【季語=星糞(秋)】
  6. 来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子【季語=猫柳(春)】
  7. 草田男やよもだ志向もところてん 村上護【季語=ところてん(夏)】
  8. よし切りや水車はゆるく廻りをり 高浜虚子【季語=葭切(夏)】
  9. 団栗の二つであふれ吾子の手は 今瀬剛一【季語=団栗(秋)】
  10. ラグビーのジヤケツの色の敵味方 福井圭児【季語=ラグビー(冬)】
PAGE TOP