冬の季語

【冬の季語】寒さ

【冬の季語=初冬〜晩冬(11月〜1月)】寒さ

形容詞「寒し」や「寒い」を名詞化したかたち。


【寒さ(上五)】

【寒さ(中七)】
しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子
鱒鮓や寒さの戻る星の色 古館曹人
水のんで湖国の寒さひろがりぬ 森澄雄
ひかり降る寒さへ犀の口ひらく 岡田一実
給水塔寒さを脳に通さずに 佐藤智子

【寒さ(下五)】
叱られて次の間へ出る寒さかな 各務支考
足軽のかたまつて行く寒さかな 井上士朗
椋鳥と人に呼ばるる寒さ哉 小林一茶
酒となる間の手もちなき寒さ哉 井上井月 
書を売つて書斎のすきし寒哉 幸田露伴
内陣に膝すすめたる寒さかな 綾部仁喜
陰(ほと)岩を蹴りもしてみる寒さかな 飯島晴子
鯛は美のおこぜは醜の寒さかな 鈴木真砂女
どの墓も××家とある寒さかな 正津勉
建付けのそこここ軋む寒さかな 行方克巳
柱時計柱ごと鳴る寒さかな 鈴木牛後
小倉百人かたまつてゆく寒さ哉 高山れおな
宇宙ごみ宇宙をただよへる寒さ 野崎海芋


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】子猫
  2. 【冬の季語】年忘れ
  3. 【冬の季語】煤逃
  4. 【秋の季語】茸(菌)
  5. 【新年の季語】歌留多会
  6. 【春の季語】惜春
  7. 【冬の季語】冴ゆ・冴え
  8. 【春の季語】啓蟄

おすすめ記事

  1. 赤ばかり咲いて淋しき牡丹かな 稲畑汀子【季語=牡丹(夏)】
  2. 対岸の比良や比叡や麦青む 対中いずみ【季語=麦青む(春)】 
  3. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第91回】北大路翼
  5. 蟭螟の羽ばたきに空うごきけり 岡田一実【季語=蟭螟(夏)】
  6. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第3回】
  7. 年迎ふ父に胆石できたまま 島崎寛永【季語=年迎ふ(新年)】 
  8. 【#28】愛媛県の岩松と小野商店
  9. 松過ぎの一日二日水の如 川崎展宏【季語=松過ぎ(新年)】
  10. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸崖菊、菊畑

Pickup記事

  1. 【秋の季語】九月
  2. 【#44】写真の不思議
  3. 【#42】愛媛新聞の連載エッセイ「四季録」で学んだ実感
  4. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  5. 【冬の季語】冬の蝶
  6. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  7. 夕焼や答へぬベルを押して立つ 久保ゐの吉【季語=夕焼(夏)】
  8. 【秋の季語】草の花
  9. 小満の風や格言カレンダー 菅原雅人【季語=小満(夏)】
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」お米のサラダ
PAGE TOP