冬の季語

【冬の季語】寒し

【冬の季語=初冬〜晩冬(11月〜1月)】寒し

日常的な言い回しである形容詞「寒し」の文語的な言い回し。名詞形は「寒さ」。

朝寒」や「夜寒」や「やや寒」や「うそ寒」などは秋の季語、「余寒」は春の季語となっている。


【寒し(上五)】
寒き日や川に落ちこむ川の水 永井荷風
あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎
みな寒き顔かも病室賑へど 結城昌治
寒き夜や父母若く貧しかりし 田中裕明

【寒し(中七)】
別れ路の水べを寒き問ひ答へ 清原枴童
東京は寒し青空なればなお 高野ムツオ
煉瓦より寒き首出し煉瓦積む 菊田一平

【寒し(下五)】
本漁ればいつも青春肩さむし 古沢太穂
いちにちをなんにもせずに寒かりき 今井杏太郎
バス発てば君居なくなる寒くなる 辻田二章


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】浅蜊
  2. 【秋の季語】茘枝 / 苦瓜・ゴーヤー
  3. 【冬の季語】冬の蝶
  4. 【夏の季語】涼し
  5. 【冬の季語】冬の水
  6. 【冬の季語】日向ぼこ
  7. 【秋の季語】新蕎麦
  8. 【冬の季語】寒卵(寒玉子)

おすすめ記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【1】/高部務(作家)
  2. 【夏の季語】たかんな
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第3回】葛飾と岡本眸
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年1月分】
  5. 【書評】『シリーズ自句自解Ⅱベスト100 大牧広』(ふらんす堂、2017年)
  6. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】
  7. 永き日や相触れし手は触れしまま 日野草城【季語=永き日(春)】
  8. 埋火もきゆやなみだの烹る音 芭蕉【季語=埋火(冬)】
  9. 海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】
  10. 【夏の季語】梅雨

Pickup記事

  1. 【夏の季語】冷房
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年12月分】
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#9
  4. ラベンダー添へたる妻の置手紙 内堀いっぽ【季語=ラベンダー(夏)】
  5. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】
  6. イエスほど痩せてはをらず薬喰 亀田虎童子【季語=薬喰(冬)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第12回】高千穂と種田山頭火
  8. 蛍火や飯盛女飯を盛る 山口青邨【季語=蛍火(夏)】
  9. キャベツに刃花嫁衣裳は一度きり 山田径子【季語=キャベツ(夏)】
  10. 黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる 宇多喜代子【季語=黒鯛(夏)】
PAGE TOP