冬の季語

【冬の季語】寒し

【冬の季語=初冬〜晩冬(11月〜1月)】寒し

日常的な言い回しである形容詞「寒し」の文語的な言い回し。名詞形は「寒さ」。

朝寒」や「夜寒」や「やや寒」や「うそ寒」などは秋の季語、「余寒」は春の季語となっている。


【寒し(上五)】
寒き日や川に落ちこむ川の水 永井荷風
あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎
みな寒き顔かも病室賑へど 結城昌治
寒き夜や父母若く貧しかりし 田中裕明

【寒し(中七)】
別れ路の水べを寒き問ひ答へ 清原枴童
東京は寒し青空なればなお 高野ムツオ
煉瓦より寒き首出し煉瓦積む 菊田一平

【寒し(下五)】
本漁ればいつも青春肩さむし 古沢太穂
いちにちをなんにもせずに寒かりき 今井杏太郎
バス発てば君居なくなる寒くなる 辻田二章


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】読初
  2. 【冬の季語】冬川
  3. 【冬の季語】水鳥
  4. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  5. 【春の季語】涅槃絵図
  6. 【秋の季語】残暑
  7. 【冬の季語】聖樹
  8. 【冬の季語】兎狩

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第70回】 浅草と久保田万太郎
  2. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第9回】2006年 朝日杯フューチュリティステークス ドリームジャーニー
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年6月分】
  4. 【#32】『教養としての俳句』の本作り
  5. 【祝1周年】ハイクノミカタ season1 【2020.10-2021.9】
  6. 【春の季語】春めく
  7. うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 高浜虚子【季語=羽子板市(冬)】
  8. 婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子【季語=桔梗(秋)】
  9. 昼顔もパンタグラフも閉ぢにけり 伊藤麻美【季語=昼顔(夏)】
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年10月分】

Pickup記事

  1. 澁柿を食べさせられし口許に 山内山彦【季語=柿(秋)】
  2. どの絵にも前のめりして秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  3. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月13日配信分】
  5. 湯の中にパスタのひらく花曇 森賀まり【季語=花曇(春)】
  6. デモすすむ恋人たちは落葉に佇ち 宮坂静生【季語=落葉(冬)】
  7. 颱風の去つて玄界灘の月 中村吉右衛門【季語=颱風・月(秋)】
  8. 【春の季語】春寒し
  9. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬)】
  10. ハフハフと泳ぎだす蛭ぼく音痴 池禎章【季語=蛭(夏)】
PAGE TOP