季語・歳時記

【春の季語】早春

【春の季語=初春(2月)】早春

立春」を迎えてからの春のはじめのころ。

ところどころに「春めく」ものの、まだまだ風も硬く、寒い日が続く。

こうした時期に、春を楽しまんとする心持ちがある言葉。

「早春賦」は、1913年(大正2年)に発表された日本の唱歌。長野県大町市から安曇野一帯の早春の情景をうたった歌とされる。3番の歌詞は以下のとおり。

春と聞かねば 知らでありしを
聞けば急かるる 胸の思いを
いかにせよとの この頃か
いかにせよとの この頃か


【早春(上五)】
早春や松のぼりゆくよその猫 藤田春梢女
早春や目つむりゐても水光り 越後貫登志
早春の心きらめく須磨にあり 稲畑汀子
早春の艇庫の扉開いてをり 川口襄

【早春(中七)】
銀行員に早春の馬唾充つ歯 金子兜太
パンク穴より早春の泡の列 今井聖
トラックに早春を積み引越しす 柊月子

【早春(下五)】

【ほかの季語と】
早春の流水早し猫柳 西山泊雲


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】【秋の季語?】ピーマン
  2. 【夏の季語】金魚
  3. 【春の季語】蛇穴を出る
  4. 【春の季語】雨水
  5. 【春の季語】旧正
  6. 【秋の季語】コスモス
  7. 【冬の季語】冬日
  8. 【冬の季語】梅探る

おすすめ記事

  1. 南浦和のダリヤを仮のあはれとす 摂津幸彦【季語=ダリヤ(夏)】
  2. 【春の季語】春月
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第36回】銀座と今井杏太郎
  4. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のクスクス
  6. 【秋の季語】台風(颱風)
  7. 特定のできぬ遺体や春の泥 高橋咲【季語=春の泥(春)】
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年4月分】
  9. 向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一【季語=飛蝗(秋)】
  10. 萩にふり芒にそそぐ雨とこそ 久保田万太郎【季語=萩・芒(秋)】

Pickup記事

  1. 永遠に下る九月の明るい坂 今井聖【季語=九月(秋)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年7月分】
  3. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第123回】大住光汪
  5. 【冬の季語】クリスマス
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月29日配信分】
  7. 夢に夢見て蒲団の外に出す腕よ 桑原三郎【季語=蒲団(冬)】
  8. 【夏の季語】蓮
  9. 【夏の季語】筍
  10. 【冬の季語】人参
PAGE TOP