季語・歳時記

【春の季語】早春

【春の季語=初春(2月)】早春

立春」を迎えてからの春のはじめのころ。

ところどころに「春めく」ものの、まだまだ風も硬く、寒い日が続く。

こうした時期に、春を楽しまんとする心持ちがある言葉。

「早春賦」は、1913年(大正2年)に発表された日本の唱歌。長野県大町市から安曇野一帯の早春の情景をうたった歌とされる。3番の歌詞は以下のとおり。

春と聞かねば 知らでありしを
聞けば急かるる 胸の思いを
いかにせよとの この頃か
いかにせよとの この頃か


【早春(上五)】
早春や松のぼりゆくよその猫 藤田春梢女
早春や目つむりゐても水光り 越後貫登志
早春の心きらめく須磨にあり 稲畑汀子
早春の艇庫の扉開いてをり 川口襄

【早春(中七)】
銀行員に早春の馬唾充つ歯 金子兜太
パンク穴より早春の泡の列 今井聖
トラックに早春を積み引越しす 柊月子

【早春(下五)】

【ほかの季語と】
早春の流水早し猫柳 西山泊雲


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】秋暑し
  2. 【冬の季語】小春日和
  3. 【秋の季語】秋彼岸
  4. 【夏の季語】梅雨に入る
  5. 【夏の季語】蜘蛛
  6. 【冬の季語】冬薔薇
  7. 【夏の季語】麦茶/麦湯
  8. 【新年の季語】なまはげ

おすすめ記事

  1. 同じ事を二本のレール思はざる 阿部青鞋
  2. 時雨るるや新幹線の長きかほ 津川絵理子【季語=時雨(冬)】
  3. ふゆの春卵をのぞくひかりかな 夏目成美【季語=冬の春(冬)】
  4. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】
  5. 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】
  6. 【連載】歳時記のトリセツ(7)/大石雄鬼さん
  7. 【冬の季語】毛糸
  8. みじろがず白いマスクの中にいる 梶大輔【季語=マスク(冬)】
  9. 【第3回】墓参り吟行/ローゼン千津
  10. 【#39】炎暑の猫たち

Pickup記事

  1. 【秋の季語】秋暑し
  2. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月25日配信分】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【12】/飛鳥蘭(「銀漢」同人)
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第88回】潮田幸司
  6. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#4
  7. 天高し鞄に辞書のかたくある 越智友亮【季語=天高し(秋)】
  8. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第7回】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月13日配信分】
  10. きつかけはハンカチ借りしだけのこと 須佐薫子【季語=ハンカチ(夏)】
PAGE TOP