冬の季語

【冬の季語】ラグビー

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】ラグビー

ラグビーは現在、1年を通して大会や試合が行われているが、体のぶつかり合いの多いラグビーでは、体力の消耗が激しいスポーツであるため、「炎天下」でのプレーは危険。

現在も各カテゴリーでトップの大会(トップリーグ決勝・大学選手権・全国高校ラグビーフットボール大会)は、冬に開催されている。

ラグビープレイヤーを表すのは「ラガーマン」であるが、省略的に「ラガー」として、しばしば季語として使用される。


【ラグビー(上五)】
ラグビーに饐えしジヤケツを著つゝ馴れ 山口誓子
ラグビーのみな口あけて駆けり来る 山口誓子
ラグビーのジヤケツちぎれて闘へる 山口誓子
ラグビーのジヤケツの色の敵味方 福井圭児
ラグビーの頬傷ほてる海見ては 寺山修司
ラグビーや人は何かをはみ出して 飯田冬眞
ラグビーの胸ラグビーの腿の下 阪西敦子
ラグビーの子等のこれほど絵になるか 菅敦
ラグビーの天地遍く使ひけり 堀切克洋

【ラグビー(中七)】
二分一分ラグビーの終末の 山口誓子
イエスゐるやうにラグビーボール置く 齋藤朝比古

【ラグビー(下五)】
煙草より温きものなくラグビー見る 山口誓子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】凍る
  2. 【夏の季語】昼寝/午睡 三尺寝 昼寝覚
  3. 【秋の季語】穴惑
  4. 【夏の季語】草ロール
  5. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒
  6. 【夏の季語】紫陽花
  7. 【新年の季語】福寿草
  8. 【冬の季語】兎狩

おすすめ記事

  1. 鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫【季語=亀鳴く(春)】
  2. なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子【季語=末枯(秋)】
  3. 木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子【季語=木の根明く(春)】
  4. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】
  5. 男衆の聲弾み雪囲ひ解く 入船亭扇辰【季語=雪囲解く(春)】
  6. 数へ日を二人で数へ始めけり 矢野玲奈【季語=数へ日(冬)】
  7. 藁の栓してみちのくの濁酒 山口青邨【季語=濁酒(秋)】
  8. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第6回】2018年フェブラリーステークス・ノンコノユメ
  9. 橘や蒼きうるふの二月尽 三橋敏雄【季語=二月尽(春)】
  10. 破門状書いて破れば時雨かな 詠み人知らず【季語=時雨(冬)】

Pickup記事

  1. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  2. 数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石【季語=数へ日(冬)】
  3. 「けふの難読俳句」【第3回】「象」
  4. 廃墟春日首なきイエス胴なき使徒 野見山朱鳥【季語=春日(春)】
  5. 小燕のさヾめき誰も聞き流し 中村汀女【季語=小燕(夏)】
  6. 【#19】子猫たちのいる場所
  7. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】
  8. 順番に死ぬわけでなし春二番 山崎聰【季語=春二番(春)】
  9. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【5】/坂口晴子(「銀漢」同人・)
  10. うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子【季語=年の暮(冬)】
PAGE TOP