季語・歳時記

【秋の季語】椎茸

【秋の季語=三秋(8月〜10月)】椎茸

【解説】

シイタケは、煮ても焼いてもおいしい。新鮮なシイタケは、明るい茶色で、あまり開いていない。ヒダ は白く、軸は太く短く、肉厚である。

シイタケには、2つの旨味成分「グルタミン酸」と「グアニル酸」、シイタケ特有の成分「エリタデニン」が含まれる。このうちグアニル酸は加熱することにより増加するため、こと旬の時期は、焼きシイタケがおすすめである。また、エリタデニンは、血中の悪玉コレステロール値を下げ、血液をサラサラにする効果が期待できる。

本来は、春と秋の二回、椎、樫くぬぎなどの広葉樹の枯木に発生するシイタケ。俳句では「春椎茸」を春の季語として扱い、「椎茸」はほかの「茸(菌)」同様に、秋の季語となる。


【椎茸(上五)】
椎茸も作りてくらしほどほどに 高浜虚子
椎茸の傘を広げてそれつきり  雪我狂我
椎茸や人に心のひとつゞつ   上田信治
椎茸に仏師の夢のなんやかや  安里琉太

【椎茸(中七)】
鮮しき椎茸に歯を養ひぬ 川崎展宏
猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮

【椎茸(下五)】


→ 「春椎茸」(作成中)

→ 「椎茸干す」(作成中)

→ 「茸干す」(作成中)

→ 「干茸」(作成中)


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】夜桜
  2. 【秋の季語】秋思
  3. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  4. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場…
  5. 【冬の季語】枯野
  6. 【新年の季語】獅子舞
  7. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  8. 【新年の季語】初旅

おすすめ記事

  1. 稲妻となつてお前を喜ばさう 竹岡一郎【季語=稲妻(秋)】
  2. 【冬の季語】枯蓮
  3. 虹の空たちまち雪となりにけり 山本駄々子【季語=雪(冬)】
  4. 吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子【季語=春の野(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【はじめに】こしだまほ
  6. 【新年の季語】松飾る
  7. 鳥屋の窓四方に展けし花すゝき     丹治蕪人【季語=花すゝき(秋)】
  8. 【春の季語】雛祭
  9. 七月へ爪はひづめとして育つ 宮崎大地【季語=七月(夏)】
  10. 来て見れば来てよかりしよ梅椿 星野立子【季語=梅・椿(春)】

Pickup記事

  1. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第8回
  2. やゝ寒し閏遅れの今日の月 松藤夏山【季語=今日の月 (秋)】
  3. 【冬の季語】雪掻
  4. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第9回】2006年 朝日杯フューチュリティステークス ドリームジャーニー
  5. 大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子【季語=春惜しむ(春)】
  6. 炎天を山梨にいま来てをりて 千原草之【季語=炎天(夏)】
  7. 【春の季語】チューリップ
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【はじめに】こしだまほ
  9. ミステリートレインが着く猿の星 飯島章友
  10. とつぷりと後ろ暮れゐし焚火かな 松本たかし【季語=焚火(冬)】
PAGE TOP