季語・歳時記

【秋の季語】椎茸

【秋の季語=三秋(8月〜10月)】椎茸

【解説】

シイタケは、煮ても焼いてもおいしい。新鮮なシイタケは、明るい茶色で、あまり開いていない。ヒダ は白く、軸は太く短く、肉厚である。

シイタケには、2つの旨味成分「グルタミン酸」と「グアニル酸」、シイタケ特有の成分「エリタデニン」が含まれる。このうちグアニル酸は加熱することにより増加するため、こと旬の時期は、焼きシイタケがおすすめである。また、エリタデニンは、血中の悪玉コレステロール値を下げ、血液をサラサラにする効果が期待できる。

本来は、春と秋の二回、椎、樫くぬぎなどの広葉樹の枯木に発生するシイタケ。俳句では「春椎茸」を春の季語として扱い、「椎茸」はほかの「茸(菌)」同様に、秋の季語となる。


【椎茸(上五)】
椎茸も作りてくらしほどほどに 高浜虚子
椎茸の傘を広げてそれつきり  雪我狂我
椎茸や人に心のひとつゞつ   上田信治
椎茸に仏師の夢のなんやかや  安里琉太

【椎茸(中七)】
鮮しき椎茸に歯を養ひぬ 川崎展宏
猫と狆と狆が椎茸ふみあらす 島津亮

【椎茸(下五)】


→ 「春椎茸」(作成中)

→ 「椎茸干す」(作成中)

→ 「茸干す」(作成中)

→ 「干茸」(作成中)


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】熊穴に入る
  2. 【冬の季語】日向ぼこ
  3. 【春の季語】啓蟄
  4. 【春の季語】卒業す
  5. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)
  6. 【冬の季語】狐
  7. 【夏の季語】夏至
  8. 【冬の季語】凍蝶

おすすめ記事

  1. 【書評】吉田林檎『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)
  2. 択ぶなら銀河濃きころ羊村忌  倉橋羊村【季語=銀河(秋)】
  3. 【冬の季語】枯芝
  4. 白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子【季語=白萩(秋)】
  5. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】
  6. 【秋の季語】茸(菌)
  7. 祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
  8. 暮るるほど湖みえてくる白露かな 根岸善雄【季語=白露(秋)】
  9. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  10. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】

Pickup記事

  1. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 兎もも肉の赤ワイン煮
  2. 【夏の季語】昼顔/浜昼顔
  3. 【夏の季語】水着
  4. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】
  5. 見るうちに開き加はり初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月23日配信分】
  7. 【春の季語】涅槃図
  8. 【冬の季語】冬蟹
  9. 【冬の季語】白息
  10. 虹の空たちまち雪となりにけり 山本駄々子【季語=雪(冬)】
PAGE TOP