季語・歳時記

【春の季語】虚子忌(虚子の忌)

【春の季語=晩春(4月)】虚子(虚子の忌)

俳人・高濱虚子の忌日。「仏生会」(お釈迦様の誕生日)と同じ、4月8日である。

正岡子規が立ち上げた「ホトトギス」の継承者として、明治・大正・昭和の俳句を牽引した虚子は、1959年に脳溢血のため、神奈川県鎌倉市由比ガ浜の自宅で死去した。享年85歳。生涯に20万句を超える俳句を詠んだとされる。

椿」を愛した虚子の法名が「虚子庵高吟椿寿居士」であることから、この日は「椿寿忌」とも呼ばれる。

墓は鎌倉の寿福寺にあるので、この日には毎年、法要が行われているが、関西ともゆかりの深い(孫の稲畑汀子は芦屋に邸宅を構え、同地には2000年に虚子記念文学館が設立された)虚子については、毎年10月14日に「西の虚子忌」が、比叡山横川に建つ虚子之塔で催される。


【虚子忌(上五)】
虚子忌まで花の十日や愛しきやし 藤田湘子
虚子の忌の風うしろからうしろから 宇多喜代子
虚子の忌の大浴場に泳ぐなり 辻桃子
虚子の忌の花食ふ鳥を叱りをり 大石悦子
虚子の忌や百鬼夜行の美しきこと 眞矢ひろみ
虚子の忌の波なす丘に立ちにけり 笹尾照子

【虚子忌(中七)】
虚しきが故に虚子忌に参ずなり 京極杞陽
年々の虚子忌は花の絵巻物 今井つる女
冷えつゝも虚子忌とは暖かきもの 高木晴子

【虚子忌(下五)】
鎌倉に遠き夫婦に虚子忌くる 高野素十
朝の湯に身を浄めたる虚子忌かな 波多野爽波
先生はいつもはるかや虚子忌来る 深見けん二
まみえたることなき虚子の忌なりけり 行方克巳
浅き川なら足濡らす今日虚子忌 清水径子
昼点いて白熱灯や虚子忌なる 蜂谷一人

【ほかの季語と】
虚子の忌の蚯蚓はな屑まみれなる 南 うみを
虚子の忌の黴のよろしきチーズかな 大島雄作


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】八手咲く
  2. 【冬の季語】大寒
  3. 【冬の季語】鯛焼
  4. 【冬の季語】冬の谷
  5. 【春の季語】春月
  6. 【秋の季語】野菊
  7. 【秋の季語】虫籠/むしご
  8. 【冬の季語】鼻水

おすすめ記事

  1. 噴水に睡り足らざる男たち  澤好摩【季語=噴水(夏)】
  2. 「ハイブリッド句会」の勧め!
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」蒸し鶏の胡麻酢和え
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年11月分】
  5. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒
  6. ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 鍵和田秞子【季語=ダリヤ(夏)】
  7. 龍の玉深く蔵すといふことを 高浜虚子【季語=龍の玉(新年)】
  8. ビール買ふ紙幣をにぎりて人かぞへ 京極杞陽【季語=ビール(夏)】
  9. 【新年の季語】左義長
  10. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】椎茸
  2. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
  3. 着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる 吉田穂津【季語=着ぶくれ(冬)】
  4. 花言葉なき一生を水中花 杉阪大和【季語=水中花(夏)】
  5. 電車いままつしぐらなり桐の花 星野立子【季語=桐の花(夏)】
  6. 【冬の季語】冬立つ
  7. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第5回】
  8. 山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子【季語=山茶花(冬)】
  9. 【冬の季語】咳く
  10. 恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人【季語=かるた(新年)】
PAGE TOP