季語・歳時記

【春の季語】虚子忌(虚子の忌)

【春の季語=晩春(4月)】虚子(虚子の忌)

俳人・高濱虚子の忌日。「仏生会」(お釈迦様の誕生日)と同じ、4月8日である。

正岡子規が立ち上げた「ホトトギス」の継承者として、明治・大正・昭和の俳句を牽引した虚子は、1959年に脳溢血のため、神奈川県鎌倉市由比ガ浜の自宅で死去した。享年85歳。生涯に20万句を超える俳句を詠んだとされる。

椿」を愛した虚子の法名が「虚子庵高吟椿寿居士」であることから、この日は「椿寿忌」とも呼ばれる。

墓は鎌倉の寿福寺にあるので、この日には毎年、法要が行われているが、関西ともゆかりの深い(孫の稲畑汀子は芦屋に邸宅を構え、同地には2000年に虚子記念文学館が設立された)虚子については、毎年10月14日に「西の虚子忌」が、比叡山横川に建つ虚子之塔で催される。


【虚子忌(上五)】
虚子忌まで花の十日や愛しきやし 藤田湘子
虚子の忌の風うしろからうしろから 宇多喜代子
虚子の忌の大浴場に泳ぐなり 辻桃子
虚子の忌の花食ふ鳥を叱りをり 大石悦子
虚子の忌や百鬼夜行の美しきこと 眞矢ひろみ
虚子の忌の波なす丘に立ちにけり 笹尾照子

【虚子忌(中七)】
虚しきが故に虚子忌に参ずなり 京極杞陽
年々の虚子忌は花の絵巻物 今井つる女
冷えつゝも虚子忌とは暖かきもの 高木晴子

【虚子忌(下五)】
鎌倉に遠き夫婦に虚子忌くる 高野素十
朝の湯に身を浄めたる虚子忌かな 波多野爽波
先生はいつもはるかや虚子忌来る 深見けん二
まみえたることなき虚子の忌なりけり 行方克巳
浅き川なら足濡らす今日虚子忌 清水径子
昼点いて白熱灯や虚子忌なる 蜂谷一人

【ほかの季語と】
虚子の忌の蚯蚓はな屑まみれなる 南 うみを
虚子の忌の黴のよろしきチーズかな 大島雄作


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】昼寝/午睡 三尺寝 昼寝覚
  2. 【冬の季語】雪降る
  3. 【秋の季語】新蕎麦
  4. 【春の季語】椿
  5. 【春の季語】彼岸
  6. 【夏の季語】月涼し
  7. 【冬の季語】忘年会
  8. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年3月分】
  2. 【冬の季語】縄跳
  3. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】
  4. 桔梗やさわや/\と草の雨     楠目橙黄子【季語=桔梗(秋)】
  5. 片影にこぼれし塩の点々たり 大野林火【季語=片影】
  6. 【冬の季語】風邪
  7. 【冬の季語】煤逃
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】
  9. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  10. 橘や蒼きうるふの二月尽 三橋敏雄【季語=二月尽(春)】

Pickup記事

  1. 虹の空たちまち雪となりにけり 山本駄々子【季語=雪(冬)】
  2. 【冬の季語】夕霧忌
  3. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#6】
  4. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第6回
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月25日配信分】
  7. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第8回】俳句甲子園と写真と俳句
  8. 【書評】太田うさぎ『また明日』(左右社、2020年)
  9. 忘れゆくはやさで淡雪が乾く 佐々木紺【季語=淡雪(春)】 
  10. 福笹につけてもらひし何やかや 高濱年尾【季語=福笹(冬)】
PAGE TOP