ハイクノミカタ

先生はいつもはるかや虚子忌来る 深見けん二【季語=虚子忌(春)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先生はいつもはるかや虚子忌来る

深見けん二(ふかみ・けんじ)


桜の頃は慌ただしく過ぎて。というけれど、今年に関して言えば、慌ただしいころに限って桜が咲いて。あまり満足に桜に足を運ばないうちに、東京ではびっくりするほどの強い雨が降って、あっという間に散っている。本当のところ、葉桜や山桜が好きなこともあって、それはそれでいいのだけれど、何だろうこの損した感じは。

過ぎたことを悔やんでも、先のことを心配しても、人のことを気にしても、本当にいいことなんてないと思うこのごろ。過去も未来も他人も変えられはしないのだから。過去は過ぎているし、未来はまだ来てないし、他人は自分ではない。そうだそうだ、今の自分でどうにかするしかない。

先生はいつもはるかや虚子忌来る

句集『もみの木』の末尾を飾る掲句は、ちょうど一年前、2021年の虚子忌に際して作られたもの。その九月になくなった深見けん二氏にとって生前最後の、終生慕った虚子の忌日となった。句集が出たのは十月だけれど、けん二さんはあとがきを書いていて、この句を句集の最後に置くことは本人が承知のことだったと思われる。

昨年、四月八日の横浜は最高気温18.8、最低気温11.0だそうだ。冷え込むということもなく、暑くもなくというところだろうか。

虚子忌の天気は年々、全く一定しない。冷たい雨に凍える年も、今年のように花が散ってしまってかなり暖かい日も、そして満開の桜の下に迎える日も。こんなにも積極的に天気の話が交わされるというのも、あまりないことだろう。

わたしが毎年きちんと、前々から仕事の休みを調整して(時に、上司に「(会ったことはないけれど)お世話になった方の法事で」と嘘ではないことを告げたりして)寿福寺に行くようになった頃には、けん二さんがお見えになっていたこともあっただろうが、顔を知っていただいて言葉を交わせるくらいになった頃には、人の多い当日ではなくて日をずらして行ってきましたよというようなことをおっしゃっていた記憶がある。

虚子忌当日には、一門というにはあまりに多彩な人々が集い、「大学生になった?」「いえ、社会人五年目です」みたいな、「おばあちゃん元気か」「それがおととし亡くなりまして」みたいな、不思議な縮尺の時間を過ごす。

お天気の話の接ぎ穂として、「あれはあの人が転んで運ばれた年だから、たしか…」とか、「あの方の靴が履いて行かれちゃった年よね、雨降ってたわ」とかいう、事件も回顧されたりする。

だいたい虚子忌の当日というのは午前中に法要があって、お昼をはさんで締め切りの句会がある。その句会は本堂と、そこを溢れた場合は和室において、座布団敷きで行われるのだけれど、座布団は隣との隙間なく敷き詰められて句会が始まってからは移動はおろか立ち座りも困難、正座が不得意な若手にとっても、正座は得意だけれど知らないうちに立ち上がれなくなることのあるベテランにとっても過酷な環境なのだ。

話を句に戻す。

「虚子忌」は言うまでもなく高浜虚子の忌日のことで、亡くなった日のこと。でありながら、この句においてそれは、過去からやってくるのではなくて、巡ってくるものなのだ。そして、虚子忌に際して虚子を思うけん二さんの思いも過去へ向かうのではなく、あくまでも「いつも」と現在形だ。「はるか」と言いながら、「いつも」と同時点において虚子を思うことは、物理的にも近くで接し、またその時点でもその教えに近く居続けるけん二さんの率直な心のありようだろう。

隣り合う句、つまり巻末から二句目も実は虚子忌の句。

師の許へ参る日近き虚子忌かな

毎年めぐり来る虚子忌のなかでも、この年のこの四月八日を「師の許へ参る日」へ近づきつつあると描く。「はるか」と、「師の許」あるいは「近き」。真逆のことを表しているようでいて、それは「はるか」でありながら、「遠く」ではなく、「いつも」心の底に、あるいは天上にあって、けん二さんを包み込むような、そんな視線のように響く。

とにかく週末、桜のところへ行ってみよう。残花であっても、散っていても、葉桜でもそれは今の桜だ。

『もみの木』(2021年)

阪西敦子


【阪西敦子のバックナンバー】

>>〔79〕夜着いて花の噂やさくら餅      關 圭草
>>〔78〕花の幹に押しつけて居る喧嘩かな   田村木國
>>〔77〕お障子の人見硝子や涅槃寺      河野静雲
>>〔76〕東京に居るとの噂冴え返る      佐藤漾人
>>〔75〕落椿とはとつぜんに華やげる     稲畑汀子
>>〔74〕見てゐたる春のともしびゆらぎけり 池内たけし
>>〔73〕諸事情により、おやすみ
>>〔72〕春雪の一日が長し夜に逢ふ      山田弘子
>>〔71〕早春や松のぼりゆくよその猫    藤田春梢女
>>〔70〕よき椅子にもたれて話す冬籠    池内たけし
>>〔69〕犬去れば次の犬来る鳥総松     大橋越央子
>>〔68〕左義長のまた一ところ始まりぬ      三木
>>〔67〕絵杉戸を転び止まりの手鞠かな    山崎楽堂
>>〔66〕年を以て巨人としたり歩み去る     高浜虚子
>>〔65〕クリスマス近づく部屋や日の溢れ  深見けん二
>>〔64〕突として西洋にゆく暖炉かな     片岡奈王
>>〔63〕茎石に煤をもれ来る霰かな      山本村家
>>〔62〕山茶花の日々の落花を霜に掃く    瀧本水鳴
>>〔61〕替へてゐる畳の上の冬木影      浅野白山
>>〔60〕木の葉髪あはれゲーリークーパーも  京極杞陽

>>〔59〕一陣の温き風あり返り花       小松月尚
>>〔58〕くゝ〳〵とつぐ古伊部の新酒かな   皿井旭川
>>〔57〕おやすみ
>>〔56〕鵙の贄太古のごとく夕来ぬ      清原枴童
>>〔55〕車椅子はもとより淋し十三夜     成瀬正俊
>>〔54〕虹の空たちまち雪となりにけり   山本駄々子
>>〔53〕潮の香や野分のあとの浜畠     齋藤俳小星
>>〔52〕子規逝くや十七日の月明に      高浜虚子
>>〔51〕えりんぎはえりんぎ松茸は松茸   後藤比奈夫
>>〔50〕横ざまに高き空より菊の虻      歌原蒼苔
>>〔49〕秋の風互に人を怖れけり       永田青嵐
>>〔48〕蟷螂の怒りまろびて掃かれけり    田中王城
>>〔47〕手花火を左に移しさしまねく     成瀬正俊
>>〔46〕置替へて大朝顔の濃紫        川島奇北
>>〔45〕金魚すくふ腕にゆらめく水明り    千原草之
>>〔44〕愉快な彼巡査となつて帰省せり    千原草之
>>〔43〕炎天を山梨にいま来てをりて     千原草之
>>〔42〕ール買ふ紙幣(さつ)をにぎりて人かぞへ  京極杞陽
>>〔41〕フラミンゴ同士暑がつてはをらず  後藤比奈夫
>>〔40〕夕焼や答へぬベルを押して立つ   久保ゐの吉

>>〔39〕夾竹桃くらくなるまで語りけり   赤星水竹居
>>〔38〕父の日の父に甘えに来たらしき   後藤比奈夫
>>〔37〕麺麭摂るや夏めく卓の花蔬菜     飯田蛇笏
>>〔36〕あとからの蝶美しや花葵       岩木躑躅
>>〔35〕麦打の埃の中の花葵        本田あふひ
>>〔34〕麦秋や光なき海平らけく       上村占魚
>>〔33〕酒よろしさやゑんどうの味も好し   上村占魚
>>〔32〕除草機を押して出会うてまた別れ   越野孤舟
>>〔31〕大いなる春を惜しみつ家に在り    星野立子
>>〔30〕燈台に銘あり読みて春惜しむ     伊藤柏翠
>>〔29〕世にまじり立たなんとして朝寝かな 松本たかし
>>〔28〕ネックレスかすかに金や花を仰ぐ  今井千鶴子
>>〔27〕芽柳の傘擦る音の一寸の間      藤松遊子
>>〔26〕日の遊び風の遊べる花の中     後藤比奈夫
>>〔25〕見るうちに開き加はり初桜     深見けん二
>>〔24〕三月の又うつくしきカレンダー    下田実花
>>〔23〕雛納めせし日人形持ち歩く      千原草之
>>〔22〕九頭龍へ窓開け雛の塵払ふ      森田愛子
>>〔21〕梅の径用ありげなる人も行く    今井つる女

>>〔20〕来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話   田畑美穂女
>>〔19〕梅ほつほつ人ごゑ遠きところより  深川正一郎
>>〔18〕藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ  京極杞陽
>>〔17〕酒庫口のはき替え草履寒造      西山泊雲
>>〔16〕ラグビーのジヤケツの色の敵味方   福井圭児
>>〔15〕酒醸す色とは白や米その他     中井余花朗
>>〔14〕去年今年貫く棒の如きもの      高浜虚子
>>〔13〕この出遭ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子
>>〔12〕蔓の先出てゐてまろし雪むぐら    野村泊月
>>〔11〕おでん屋の酒のよしあし言ひたもな  山口誓子
>>〔10〕ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子
>>〔9〕コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る    岩垣子鹿
>>〔8〕浅草をはづれはづれず酉の市   松岡ひでたか
>>〔7〕いつまでも狐の檻に襟を立て     小泉洋一
>>〔6〕澁柿を食べさせられし口許に     山内山彦
>>〔5〕手を敷いて我も腰掛く十三夜     中村若沙
>>〔4〕火達磨となれる秋刀魚を裏返す    柴原保佳
>>〔3〕行秋や音たてて雨見えて雨      成瀬正俊
>>〔2〕クッキーと林檎が好きでデザイナー  千原草之
>>〔1〕やゝ寒し閏遅れの今日の月      松藤夏山


【執筆者プロフィール】
阪西敦子(さかにし・あつこ)
1977年、逗子生まれ。84年、祖母の勧めで七歳より作句、『ホトトギス』児童・生徒の部投句、2008年より同人。1995年より俳誌『円虹』所属。日本伝統俳句協会会員。2010年第21回同新人賞受賞。アンソロジー『天の川銀河発電所』『俳コレ』入集、共著に『ホトトギスの俳人101』など。松山市俳句甲子園審査員、江東区小中学校俳句大会、『100年俳句計画』内「100年投句計画」など選者。句集『金魚』を製作中。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月…
  2. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】
  3. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】
  4. 黴くさし男やもめとなりてより 伊藤伊那男【季語=黴(夏)】
  5. 農薬の粉溶け残る大西日 井上さち【季語=大西日(夏)】
  6. 多国籍香水六時六本木 佐川盟子【季語=香水(夏)】
  7. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】
  8. 五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 村上鞆彦【季語=五月雨(夏)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP