左義長のまた一ところ始まりぬ 三木【季語=左義長(新年)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

左義長のまた一ところ始まりぬ

三木)まさとし))


一月も半分過ぎておとろちや

もう泡食う日々でございますが、ことにこの…その…金曜日ですよー。どうしてー、早すぎる…。

前回、三が日が週末と重なることのデメリットを愚痴りましたけれど、1週間たって、わたしまた見つけましたわ(回文風)。三が日が週末から始まると、元旦からどのくらい経って、月末まであとどのくらいなのかが、ものすごく数えやすいということだ。三が日や祝日や連休に紛れて、太陽暦があんまりわからないまま一月の終わりを迎えて、なんか早かったなーというのが、心臓にやさしい一月の経過の仕方だと思うんですが、いかがか。

そんな一月の真中頃、十四日の夜だか十五日だか(つまり陰暦(月でカウントする暦)の十五番目の日の内だが)に行われる(しかも地方により違いあり)のが、どんど焼き・左義長などと言われる行事。新年のお飾りを焼くのだと言われれば、この日付には合点がいく。

実は、どんど焼きを見たことがあるのかないいのか、よく覚えていない。いつかの国語の教科書に出てきた景色が刷り込まれたもののような気もするし、ニュース動画で見たのかもしれないし、本当にどこかで見たのかもしれない。

ただ、昨年末に紐で縛った紙類を、まだリサイクルの朝に出しに行けないくらいの寒がりで無精の私が、わざわざ自分の家のお飾りを、例え家族と一緒でも出しに行ったはずはないような気がする。けれど、昔はそんなに寒がりでもなかったんだろうか。

 左義長のまた一ところ始まりぬ

句は『虚子編新歳時記』から。姓不明。そんなに寒がりではないのか、長時間にわたってみている人の視線。飾りが燃料なのだから、持ってくるタイミングや、持ってこられるものの燃えやすさ、分量などによって、火の強さは一定ではないのだろう。だいたいの家から持ち寄られて、そろそろ終わりかなという頃に、忘れたように持ち寄るような人があるのかもしれない。まじめな人だ。

そんな風に、「また一ところ」というだけのことに、飾りのとりどりの様子や、そんな町内のまばらな人物配置などを映してしまう「中の句」のすごさには、ついつい目が引き寄せられる。その目の離せないところは、私の記憶の中にある左義長の様子と重なる。特に轟々とした勢いも、整った盛り上がりがあるというわけでもないけれど、その不揃いさについ目が離せなくなってしまう。

そういう句がいつか作れるようになりたいなあと願いながら、本当は早く身につけた方がいいのは、朝起きてリサイクルものを出せるようになる生活力だよなあと思ったりもする。

まあ、今年の目標のひとつとして、早寝早起きなんかができる週末になりますように(紙リサイクルの月曜、東京は少し暖かいらしいです)。

『虚子編新歳時記』(1951年版)

阪西敦子


【阪西敦子のバックナンバー】

>>〔67〕絵杉戸を転び止まりの手鞠かな    山崎楽堂
>>〔66〕年を以て巨人としたり歩み去る     高浜虚子
>>〔65〕クリスマス近づく部屋や日の溢れ  深見けん二
>>〔64〕突として西洋にゆく暖炉かな     片岡奈王
>>〔63〕茎石に煤をもれ来る霰かな      山本村家
>>〔62〕山茶花の日々の落花を霜に掃く    瀧本水鳴
>>〔61〕替へてゐる畳の上の冬木影      浅野白山
>>〔60〕木の葉髪あはれゲーリークーパーも  京極杞陽
>>〔59〕一陣の温き風あり返り花       小松月尚
>>〔58〕くゝ〳〵とつぐ古伊部の新酒かな   皿井旭川
>>〔57〕おやすみ
>>〔56〕鵙の贄太古のごとく夕来ぬ      清原枴童
>>〔55〕車椅子はもとより淋し十三夜     成瀬正俊
>>〔54〕虹の空たちまち雪となりにけり   山本駄々子
>>〔53〕潮の香や野分のあとの浜畠     齋藤俳小星
>>〔52〕子規逝くや十七日の月明に      高浜虚子
>>〔51〕えりんぎはえりんぎ松茸は松茸   後藤比奈夫
>>〔50〕横ざまに高き空より菊の虻      歌原蒼苔
>>〔49〕秋の風互に人を怖れけり       永田青嵐
>>〔48〕蟷螂の怒りまろびて掃かれけり    田中王城
>>〔47〕手花火を左に移しさしまねく     成瀬正俊
>>〔46〕置替へて大朝顔の濃紫        川島奇北
>>〔45〕金魚すくふ腕にゆらめく水明り    千原草之
>>〔44〕愉快な彼巡査となつて帰省せり    千原草之
>>〔43〕炎天を山梨にいま来てをりて     千原草之
>>〔42〕ール買ふ紙幣(さつ)をにぎりて人かぞへ  京極杞陽
>>〔41〕フラミンゴ同士暑がつてはをらず  後藤比奈夫
>>〔40〕夕焼や答へぬベルを押して立つ   久保ゐの吉
>>〔39〕夾竹桃くらくなるまで語りけり   赤星水竹居
>>〔38〕父の日の父に甘えに来たらしき   後藤比奈夫
>>〔37〕麺麭摂るや夏めく卓の花蔬菜     飯田蛇笏
>>〔36〕あとからの蝶美しや花葵       岩木躑躅
>>〔35〕麦打の埃の中の花葵        本田あふひ
>>〔34〕麦秋や光なき海平らけく       上村占魚
>>〔33〕酒よろしさやゑんどうの味も好し   上村占魚
>>〔32〕除草機を押して出会うてまた別れ   越野孤舟
>>〔31〕大いなる春を惜しみつ家に在り    星野立子
>>〔30〕燈台に銘あり読みて春惜しむ     伊藤柏翠
>>〔29〕世にまじり立たなんとして朝寝かな 松本たかし
>>〔28〕ネックレスかすかに金や花を仰ぐ  今井千鶴子
>>〔27〕芽柳の傘擦る音の一寸の間      藤松遊子
>>〔26〕日の遊び風の遊べる花の中     後藤比奈夫
>>〔25〕見るうちに開き加はり初桜     深見けん二
>>〔24〕三月の又うつくしきカレンダー    下田実花
>>〔23〕雛納めせし日人形持ち歩く      千原草之
>>〔22〕九頭龍へ窓開け雛の塵払ふ      森田愛子
>>〔21〕梅の径用ありげなる人も行く    今井つる女


>>〔20〕来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話   田畑美穂女
>>〔19〕梅ほつほつ人ごゑ遠きところより  深川正一郎
>>〔18〕藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ  京極杞陽
>>〔17〕酒庫口のはき替え草履寒造      西山泊雲
>>〔16〕ラグビーのジヤケツの色の敵味方   福井圭児
>>〔15〕酒醸す色とは白や米その他     中井余花朗
>>〔14〕去年今年貫く棒の如きもの      高浜虚子
>>〔13〕この出遭ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子
>>〔12〕蔓の先出てゐてまろし雪むぐら    野村泊月
>>〔11〕おでん屋の酒のよしあし言ひたもな  山口誓子
>>〔10〕ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子
>>〔9〕コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る    岩垣子鹿
>>〔8〕浅草をはづれはづれず酉の市   松岡ひでたか
>>〔7〕いつまでも狐の檻に襟を立て     小泉洋一
>>〔6〕澁柿を食べさせられし口許に     山内山彦
>>〔5〕手を敷いて我も腰掛く十三夜     中村若沙
>>〔4〕火達磨となれる秋刀魚を裏返す    柴原保佳
>>〔3〕行秋や音たてて雨見えて雨      成瀬正俊
>>〔2〕クッキーと林檎が好きでデザイナー  千原草之
>>〔1〕やゝ寒し閏遅れの今日の月      松藤夏山


【執筆者プロフィール】
阪西敦子(さかにし・あつこ)
1977年、逗子生まれ。84年、祖母の勧めで七歳より作句、『ホトトギス』児童・生徒の部投句、2008年より同人。1995年より俳誌『円虹』所属。日本伝統俳句協会会員。2010年第21回同新人賞受賞。アンソロジー『天の川銀河発電所』『俳コレ』入集、共著に『ホトトギスの俳人101』など。松山市俳句甲子園審査員、江東区小中学校俳句大会、『100年俳句計画』内「100年投句計画」など選者。句集『金魚』を製作中。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る