木の葉髪あはれゲーリークーパーも 京極杞陽【季語=木の葉髪(冬)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

木の葉髪あはれゲーリークーパーも

京極杞陽(きょうごく・きよう)まさとし))


今週、東京では感染者数が十人を切ったりしておりまして、もちろん検査数が大幅に減っているらしいので、丸々信じるわけにはいかないのだけれど、なんだか今度はその数字に慣れつつあります。と言っても、寒さもあいまって、また、新しい生活習慣を作ってしまった私のような人もおそらくは大勢いて、日中の人手はそこそこありますが、夜九時をまわると町から人が消えてしまうという塩梅。

そういう今日は満月ですが、この一年、ずいぶん熱心に月の話題はしたものの、家に一日いたために忘れてしまうこともあって、今日は月食も重なるとかで、覚えておかなきゃと思っているそんな金曜ですよ。

木の葉髪あはれゲーリークーパーも

金曜にして満月、しかしながら月食と言えば…というわけではない。けれど、めでたいのか、めでたくないのか、いまいち(木の葉髪だけに)つかみにくいのが、この句。

木の葉髪とは、「初冬に木の葉のごとく髪の落ちること」を言うのだけれど、案外、その頭皮の側の加齢のことや、いまだ散りおおせていないけれど量の減った髪のことを連想する人が多いのだなと思ったのはついこの頃。確かに「捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」ならぬ、「落ちてこそ地肌も見え」なのかもしれないけれど、そこはやはり、落ちる姿をこそ「木の葉髪」と呼びたくはないのだろうか。逆から見れば、しんみりと残っているものに、そんな名を与える必要があるだろうか。

そんなぐるぐるした思いをやさしくなでつけるのが、ではなく、さらにこんがらがらせるのがこの句である。杞陽センセー、そこんとこしっかり頼みますよーというようなことは、この殿には通用しない。

まずは「あはれ」。「木の葉髪あはれ/ゲーリークーパーも(あはれ)」と形容動詞として読むのがひとつ、次に「木の葉髪/あはれゲーリークーパーも(木の葉髪のごと)」と感嘆詞とするのがひとつ。しかしまあ、いくら何でも、木の葉が「あはれ」であることは言わずもがなであって、とすれば、木の葉髪のあとで、軽く切れを置いて、「ああ、ゲーリークーパーまでもが」というようにとるのが、順当と言えるだろうか。もちろん、その両者の混然一体であるとも、深くどちらとも考えていないということも、濃厚にあるのだけれど。

参考までに申し上げると、句は昭和三十二年(1957年)の発表。1908年生まれの京極杞陽が詠んだ1901年生まれのゲーリー・クーパーは五十六歳、『昼下がりの情事』の出演の年。六十一歳で亡くなったゲーリー・クーパーにとっては、晩年といえるかもしれないが、句の発表当時はまだ発病などもしていなかった。

もしかしたら、強くて渋いクラシックなアメリカンヒーローを演じてきた(ルーツはイギリスらしいけれど)ゲーリー・クーパーが、オードリー・ヘップバーンに惹かれてゆく姿に時の移り変わりを感じ、今年また落ちる木の葉髪に託して感嘆したものかもしれない。

絢爛にして枯淡、意外にゲーリー・クーパーはこの句の中で動かないのかもしれない。

月食は東京では16時27分からはじまり18時ごろが最大とのこと。月の出直後の低い位置でのことなので、広いところ、高いところがおすすすめとか。よい満月となりますように。

『但馬住』(1961年)

阪西敦子


【阪西敦子のバックナンバー】
>>〔59〕一陣の温き風あり返り花       小松月尚
>>〔58〕くゝ〳〵とつぐ古伊部の新酒かな   皿井旭川
>>〔57〕おやすみ
>>〔56〕鵙の贄太古のごとく夕来ぬ      清原枴童
>>〔55〕車椅子はもとより淋し十三夜     成瀬正俊
>>〔54〕虹の空たちまち雪となりにけり   山本駄々子
>>〔53〕潮の香や野分のあとの浜畠     齋藤俳小星
>>〔52〕子規逝くや十七日の月明に      高浜虚子
>>〔51〕えりんぎはえりんぎ松茸は松茸   後藤比奈夫
>>〔50〕横ざまに高き空より菊の虻      歌原蒼苔
>>〔49〕秋の風互に人を怖れけり       永田青嵐
>>〔48〕蟷螂の怒りまろびて掃かれけり    田中王城
>>〔47〕手花火を左に移しさしまねく     成瀬正俊
>>〔46〕置替へて大朝顔の濃紫        川島奇北
>>〔45〕金魚すくふ腕にゆらめく水明り    千原草之
>>〔44〕愉快な彼巡査となつて帰省せり    千原草之
>>〔43〕炎天を山梨にいま来てをりて     千原草之
>>〔42〕ール買ふ紙幣(さつ)をにぎりて人かぞへ  京極杞陽
>>〔41〕フラミンゴ同士暑がつてはをらず  後藤比奈夫
>>〔40〕夕焼や答へぬベルを押して立つ   久保ゐの吉
>>〔39〕夾竹桃くらくなるまで語りけり   赤星水竹居
>>〔38〕父の日の父に甘えに来たらしき   後藤比奈夫
>>〔37〕麺麭摂るや夏めく卓の花蔬菜     飯田蛇笏
>>〔36〕あとからの蝶美しや花葵       岩木躑躅
>>〔35〕麦打の埃の中の花葵        本田あふひ
>>〔34〕麦秋や光なき海平らけく       上村占魚
>>〔33〕酒よろしさやゑんどうの味も好し   上村占魚
>>〔32〕除草機を押して出会うてまた別れ   越野孤舟
>>〔31〕大いなる春を惜しみつ家に在り    星野立子
>>〔30〕燈台に銘あり読みて春惜しむ     伊藤柏翠
>>〔29〕世にまじり立たなんとして朝寝かな 松本たかし
>>〔28〕ネックレスかすかに金や花を仰ぐ  今井千鶴子
>>〔27〕芽柳の傘擦る音の一寸の間      藤松遊子
>>〔26〕日の遊び風の遊べる花の中     後藤比奈夫
>>〔25〕見るうちに開き加はり初桜     深見けん二
>>〔24〕三月の又うつくしきカレンダー    下田実花
>>〔23〕雛納めせし日人形持ち歩く      千原草之
>>〔22〕九頭龍へ窓開け雛の塵払ふ      森田愛子
>>〔21〕梅の径用ありげなる人も行く    今井つる女


>>〔20〕来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話   田畑美穂女
>>〔19〕梅ほつほつ人ごゑ遠きところより  深川正一郎
>>〔18〕藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ  京極杞陽
>>〔17〕酒庫口のはき替え草履寒造      西山泊雲
>>〔16〕ラグビーのジヤケツの色の敵味方   福井圭児
>>〔15〕酒醸す色とは白や米その他     中井余花朗
>>〔14〕去年今年貫く棒の如きもの      高浜虚子
>>〔13〕この出遭ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子
>>〔12〕蔓の先出てゐてまろし雪むぐら    野村泊月
>>〔11〕おでん屋の酒のよしあし言ひたもな  山口誓子
>>〔10〕ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子
>>〔9〕コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る    岩垣子鹿
>>〔8〕浅草をはづれはづれず酉の市   松岡ひでたか
>>〔7〕いつまでも狐の檻に襟を立て     小泉洋一
>>〔6〕澁柿を食べさせられし口許に     山内山彦
>>〔5〕手を敷いて我も腰掛く十三夜     中村若沙
>>〔4〕火達磨となれる秋刀魚を裏返す    柴原保佳
>>〔3〕行秋や音たてて雨見えて雨      成瀬正俊
>>〔2〕クッキーと林檎が好きでデザイナー  千原草之
>>〔1〕やゝ寒し閏遅れの今日の月      松藤夏山


【執筆者プロフィール】
阪西敦子(さかにし・あつこ)
1977年、逗子生まれ。84年、祖母の勧めで七歳より作句、『ホトトギス』児童・生徒の部投句、2008年より同人。1995年より俳誌『円虹』所属。日本伝統俳句協会会員。2010年第21回同新人賞受賞。アンソロジー『天の川銀河発電所』『俳コレ』入集、共著に『ホトトギスの俳人101』など。松山市俳句甲子園審査員、江東区小中学校俳句大会、『100年俳句計画』内「100年投句計画」など選者。句集『金魚』を製作中。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る