ハイクノミカタ

受賞者の一人マスクを外さざる 鶴岡加苗【季語=マスク(冬)】


受賞者の一人マスクを外さざる)

鶴岡加苗

 

人生のどん底はここだった、と明らかに言える期間がある。周囲の方々にも助けてもらったが、一人になった時に襲ってくる絶望を救ってくれたのは2曲の歌であった。そのうちの1曲「ライフイズビューティフル」(ケツメイシ)について今日は語りたい。

ケツメイシはボーカル&MCのRYOJIの声が好きで聴き始めたのだが、どの曲も歌詞が前向き。偶然にも精神衛生上素晴らしかった。テンポもちょうど良い。「苦労 苦悩 越えた自分に おはようハロー もう辛くないよ 泣いたり 悩んだりするから 人生は美しい」という歌詞に「そうですよね」と一人頷いては人間としての誇りを取り戻していた。生きていてもいいのだと思えた。私を救ってくれた曲だった。

それが昨年のNHK紅白歌合戦で披露された。紅白初出場だが「さくら」ではなくこの曲でのオファーだったから受けたとMCのRYOがライブで語っていた。万感の思いで曲を堪能。以来「ライフイズビューティフル」は私個人にとっての名曲から日本国民に捧げる名曲へと勝手に昇格とさせていただいた。

「助けて」と思いながら聴いた曲。今は「これで誰かが救われてほしい」と願えるようになってきた。傲慢に生きてきたがボコボコに打ちのめされて少しはマシな人間になれたのかもしれない。

受賞者の一人マスクを外さざる   鶴岡加苗

 マスクにはもう季感がない、季語ではなくなるのではないかとの声を聞くがその議論は時期尚早な気がする。10年後も真夏にマスクをするのが当たり前の世の中なのであればその時はもう納得せざるを得ない。とはいえここ1-2年の感覚としては確かにマスクに季感は薄い。あの頃はマスクに季感がなかったよね…などと会話する日が来ることを願う。

掲句は感染症流行以前の平成25年に作られたもの。当時の感覚で読むと、その受賞者の一人が風邪だけの理由ではなく壇上に立つことを恥じらってマスクを外さないでいる情景が思われる。あるいは何らかの事情で頑なに顔を見られたくないのか。「外さざる」の措辞から強い意志をもってマスクを仮面として使っていることを感じる。

同じ句なのに今読むとその受賞者の感染症への考え方が投影されているように見える。撮影の間だけマスクをとって下さい、などと言われてもなんとしても感染症にはかかりたくないし人にもうつしたくない。マスク本来の機能を重要視している姿勢の表れとなる。

ある出来事が起こる以前と以後の感じ方の違い。檀ふみは阿川佐和子と出会う前後を「B・A」(before阿川)「A・A」(after阿川)と名付けていた。そんな軽やかさで様々な出会いを楽しんでいきたい。

『青鳥』(2014年刊)所収。

吉田林檎


【執筆者プロフィール】
吉田林檎(よしだ・りんご)
昭和46年(1971)東京生まれ。平成20年(2008)に西村和子指導の「パラソル句会」に参加して俳句をはじめる。平成22年(2010)「知音」入会。平成25年(2013)「知音」同人、平成27年(2015)第3回星野立子賞新人賞受賞、平成28年(2016)第5回青炎賞(「知音」新人賞)を受賞。俳人協会会員。句集に『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)


【吉田林檎さんの句集『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)はこちら ↓】

鶴岡加苗句集『青鳥』!】



【吉田林檎のバックナンバー】

>>〔25〕冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ  川崎展宏
>>〔24〕伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士
>>〔23〕菊人形たましひのなき匂かな   渡辺水巴
>>〔22〕つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠
>>〔21〕ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行
>>〔20〕遅れ着く小さな駅や天の川    髙田正子
>>〔19〕秋淋し人の声音のサキソホン    杉本零
>>〔18〕颱風の去つて玄界灘の月   中村吉右衛門
>>〔17〕秋灯の街忘るまじ忘るらむ    髙柳克弘
>>〔16〕寝そべつてゐる分高し秋の空   若杉朋哉
>>〔15〕一燈を消し名月に対しけり      林翔
>>〔14〕向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一
>>〔13〕膝枕ちと汗ばみし残暑かな     桂米朝
>>〔12〕山頂に流星触れたのだろうか  清家由香里
>>〔11〕秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人

>>〔10〕卓に組む十指もの言ふ夜の秋   岡本眸
>>〔9〕なく声の大いなるかな汗疹の児  高濱虚子
>>〔8〕瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏    堀本裕樹
>>〔7〕してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二
>>〔6〕香水の一滴づつにかくも減る  山口波津女
>>〔5〕もち古りし夫婦の箸や冷奴  久保田万太郎
>>〔4〕胎動に覚め金色の冬林檎     神野紗希
>>〔3〕呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々
>>〔2〕嚔して酒のあらかたこぼれたる  岸本葉子
>>〔1〕水底に届かぬ雪の白さかな    蜂谷一人


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. あづきあらひやひとり酌む酒が好き 西野文代【季語=小豆洗(秋)】…
  2. 寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ 小路智壽子【季語=ポインセチア(冬…
  3. たくさんのお尻の並ぶ汐干かな 杉原祐之【季語=汐干(春)】
  4. 手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬【季語=手袋(冬)】
  5. 麦打の埃の中の花葵 本田あふひ【季語=花葵(夏)】
  6. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】
  7. だんだんと暮色の味となるビール 松本てふこ【季語=ビール(夏)】…
  8. 夕焼や答へぬベルを押して立つ 久保ゐの吉【季語=夕焼(夏)】

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月22日配信分】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年9月分】
  3. 水遊とはだんだんに濡れること 後藤比奈夫【季語=水遊(夏)】
  4. 【第22回】新しい短歌をさがして/服部崇
  5. 【春の季語】春節
  6. 禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ【季語=聖樹(冬)】
  7. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸崖菊、菊畑
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月5日配信分】
  9. 蟲鳥のくるしき春を不爲 高橋睦郎【季語=春(春)】
  10. 一番に押す停車釦天の川 こしのゆみこ【季語=天の川 (秋)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第9回】伊勢と八田木枯
  3. 聞えない耳なら石榴ぶらさげよ 金原まさ子【季語=石榴(秋)】
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(14)/四ッ谷龍さん
  5. 【書評】伊藤伊那男 第三句集『然々と』(北辰社、2018年)
  6. ミシン台並びやすめり針供養 石田波郷【季語=針供養(春)】
  7. 土のこと水のこと聞き苗を買ふ 渡部有紀子【季語=苗を買ふ(春)】
  8. 年玉受く何も握れぬ手でありしが 髙柳克弘【季語=年玉(新年)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第108回】麻里伊
  10. 縄跳をもつて大縄跳へ入る 小鳥遊五月【季語=縄跳(冬)】
PAGE TOP