ハイクノミカタ

家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子【季語=滝(夏)】


家毀し曼荼羅を下げておく)

飯島晴子

 この句の作られた昭和五十二年は、晴子が熊野を歩いた年でもある。大きな木造の家がこわされ、そこに曼荼羅がさがり、やがて滝になってゆくような感じがある。〈西国は大なめくぢに晴れてをり〉〈萩あかく王子は寝ずに歩くなり〉〈雲ふえる緑更紗のズボンを穿いて〉なども同時期の作品。那智や、龍神温泉の曼荼羅の滝なども思わせる。

 晴子には「ておく」という措辞が多い。同じ『春の蔵』の中にも〈鶯に蔵をつめたくしておかむ〉〈つひに老い野蒜の門をあけておく〉〈夏の帆につつみておくもわが贋作〉〈菱をあつめておくのはきれいな書院のなか〉〈船の本と青紫蘇の葉をならべておく〉〈軽石も覚えておかむ冬の暮〉などその例はたくさんある。確かな意味はないが、せめてこれくらいはしておこうというような、ある種のまじないのような、信念のようなものが宿った表現であると思う。そして、それをしたことによる具体的な結果を期待しているわけではない。この措辞を直接含まずとも、句集終盤の〈白髪を霧にあらひて先に待つ〉にも同様の精神がこもっているように思う。

 晴子は「京都という盆地の底で育ったものには、(……)他者は常に山から下りてくるのである」と述べ、ある時訪れた郡上八幡について「来る人を待っている町」であり「それがこの町のどこかものかなしい魅力」であると続ける。「私が在らしめられているのは、いつも外からの何らかのエネルギーによって」と言っていることもうべなえるのである。

 晴子俳句は、表現としては積極的である。しかし、その表現がどのような結果をもたらすか、つまりどのように読者に受け取られるかについては、運命に任せている。そしてさらに、一句一句は内的にも「来る人を待っている」ような態度を持っているのではないだろうか。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】

>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子【季語=春惜しむ(春)】
  2. 水飲んで眼の渇く鶏頭花 柘植史子【季語=鶏頭(秋)】
  3. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】
  4. 雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ 朗善千津【季語=雪掻(冬)】
  5. 紅梅や凍えたる手のおきどころ 竹久夢二【季語=紅梅(春)】
  6. 浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】
  7. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】
  8. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子

おすすめ記事

  1. 抱く吾子も梅雨の重みといふべしや 飯田龍太【季語=梅雨(夏)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第38回】 信濃・辰野と上田五千石
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【13】/久留島元(関西現代俳句協会青年部長)
  4. 【春の季語】雲雀
  5. 【冬の季語】聖樹
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第59回】鈴木節子
  7. 産みたての卵や一つ大新緑 橋本夢道【季語=新緑(夏)】
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年1月分】
  9. ひまわりと俺たちなんだか美男子なり 谷佳紀【季語=ひまわり(夏)】
  10. 【新連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第1回

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬の川
  2. t t t ふいにさざめく子らや秋 鴇田智哉
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第2回】小滝肇
  5. 南浦和のダリヤを仮のあはれとす 摂津幸彦【季語=ダリヤ(夏)】
  6. 七夕のあしたの町にちる色帋   麻田椎花【季語=七夕(秋)】
  7. 初旅の富士より伊吹たのもしき 西村和子【季語=初旅(新年)】
  8. まはすから嘘つぽくなる白日傘 荒井八雪【季語=白日傘(夏)】
  9. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月9日配信分】
PAGE TOP