ハイクノミカタ

卯月野にうすき枕を並べけり 飯島晴子【季語=卯月(夏)】


卯月野にうすき枕を並べけり)

飯島晴子

 おおむね平らだが、枕ごしにはわかるくらいの微かな起伏のある野を思う。旅も思う。「卯」「月」「うすき」「枕」いずれも白いイメージを含む。どれも純白というのではなく、この句の微妙な気分にふさわしい、曇りのある白である。子規の〈寝ころんで酔のさめたる卯月哉〉を踏まえているだろうか。

 卯月野に枕が配されることで、卯月野がだんだん畳のようにも見えてくる。先週の筍の句では、筍の下に畳がすみやかに敷かれてゆくイメージを想起するが、掲句はもっとじんわりとした感慨である。野と畳がとなりあい、そしてまざりあうのは晴子の俳句の一つの特徴であり、晴子の内面の景色であったかもしれない。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】

>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 一陣の温き風あり返り花 小松月尚【季語=返り花(冬)】
  2. 内装がしばらく見えて昼の火事 岡野泰輔【季語=火事(冬)】
  3. 虎の尾を一本持つて恋人来 小林貴子【季語=虎尾草(夏)】
  4. 海に出て綿菓子買えるところなし 大高翔
  5. ゆげむりの中の御慶の気軽さよ 阿波野青畝【季語=御慶(新年)】
  6. さよならと梅雨の車窓に指で書く 長谷川素逝【季語=梅雨(夏)】
  7. ばばばかと書かれし壁の干菜かな   高濱虚子【季語=干…
  8. 人の世に雪降る音の加はりし 伊藤玉枝【季語=雪(冬)】

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】白息
  2. 暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり 鈴木六林男【季語=泳ぐ(夏)】
  3. 冬の鷺一歩の水輪つくりけり 好井由江【季語=冬の鷺(冬)】
  4. 【秋の季語】運動会
  5. 春立つと拭ふ地球儀みづいろに 山口青邨【季語=春立つ(春)】
  6. 「けふの難読俳句」【第9回】「蹼」
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」蒸し鶏の胡麻酢和え
  8. 【書評】山折哲雄『勿体なや祖師は紙衣の九十年』(中央公論新社、2017年)
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  10. 【冬の季語】南天の実

Pickup記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#14
  2. ソーダ水方程式を濡らしけり 小川軽舟【季語=ソーダ水(夏)】
  3. 恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人【季語=かるた(新年)】
  4. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=大花野(秋)】
  5. 【新年の季語】初日記
  6. 【夏の季語】虹
  7. 「体育+俳句」【第1回】菊田一平+野球
  8. 【夏の季語】田植
  9. 【#23】懐かしいノラ猫たち
  10. 【春の季語】雛
PAGE TOP