ハイクノミカタ

口中のくらきおもひの更衣 飯島晴子【季語=更衣(夏)】


口中のくらきおもひの更衣)

飯島晴子

 掲句の「更衣」は、綿入から袷へと改める、本来の「更衣」を思い浮かべるべきだろう。晴子が西陣の機織の血筋を持つことから言っても、晴子の作品の性格からも言ってもそのように思う。古い薄暗い、少し蒸し暑い部屋で、渋い色の袷をひろげている様子が想像される。外の白い太陽や青い木々と、口の中の暗さやねばつきとを同時に意識するような、外向性と内向性とが共存している感じがある。「おもひの」というところから、口中がただの空間ではなく、何かもっと人間的な質量を持ったようなものである気がしてくる。

 晴子にはそのような性質の句が少なくない。内向性に関して言えば、もちろん心や脳の奥深くまで意識の届く句もあるが、掲句のように、顔のあたりで止まっている句に特徴があると思う。例えば、〈大瑠璃の谿童顔をためらへり〉〈顔すゑてをらばや紫式部の実〉〈かげろふに顔色ひくを覚えけり〉。いずれも自分自身の顔の表面及びその直下数センチ程度のところを感じている。そのような場合、深くまで意識が達することを阻む何か、それは考えであったり感情であったりが存在するのだと思う。その微妙な気分を味わいたいのである。

 外側への意識の遠さは必ずしも内面への意識の浅さと対応する訳ではなく、大瑠璃や陽炎の句は比較的遠くを意識しているのに対して、紫式部の句は目の前を意識している。その組み合わせもまたそれぞれの句に複雑さをもたらしており、味わい深くなるのである。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】

>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 春雪の一日が長し夜に逢ふ 山田弘子【季語=春雪(春)】
  2. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子
  3. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬…
  4. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=鞦韆(春)】
  5. かき氷日本を捨てる話して 橋本直【季語=かき氷(夏)】
  6. 九頭龍へ窓開け雛の塵払ふ 森田愛子【季語=雛(春)】
  7. 火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子【季語=火事(冬)】
  8. あり余る有給休暇鳥の恋 広渡敬雄【季語=鳥の恋(春)】

おすすめ記事

  1. Tシャツに曰くバナナの共和国 太田うさぎ【季語=バナナ(夏)】
  2. 【冬の季語】冬蟹
  3. 【春の季語】鳥の恋
  4. 蜩やチパナスのあたり雲走る 井岡咀芳【季語=蜩(秋)】
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【6】服部崇
  6. 【秋の季語】松茸
  7. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】
  8. 横顔は子規に若くなしラフランス 広渡敬雄【季語=ラフランス(秋)】
  9. 葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  10. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬木立
  2. 【秋の季語】十六夜
  3. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  4. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【2】服部崇
  6. 昼顔もパンタグラフも閉ぢにけり 伊藤麻美【季語=昼顔(夏)】
  7. 【冬の季語】枯蓮
  8. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】
  9. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  10. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】
PAGE TOP