ハイクノミカタ

日光に底力つく桐の花 飯島晴子【季語=桐の花(夏)】


日光に底力つく桐の花)

飯島晴子

 「底力」という言葉の広さが良い。歩いたり、言葉を扱ったりという、人間として当たり前のさまざまな行為に必要な「底力」を日光から得る。一枚の大きな絵の底の方に、日常のさまざまなことを行う人々が小さく一斉に見えてくるような感じがある。同時に、桐の咲くような山のちかく、適度にやわらかい土の上をゆく踏みごたえが確かに感じられる。

 「言葉桐の花は」という文章で、晴子は「実物の桐の花がどのように言葉桐の花に変るか」について述べている。「詩の言葉と実物との間には、解明不可能の深い闇の溝が横たわっているという畏れを、もう一度鮮らしく持ち直さなければならない」、「不条理の深い闇の溝を思い切ってとび越えるしかない」と言う。そのためには「実物の桐の花と、言葉の桐の花との間に割り込んでこようとするものを、必死に退ける」、「言葉桐の花は、何にも拠らず直截に出現しなければ、詩の言葉、俳句の言葉にはならない」と続けるに至る。

 晴子がここであえて「桐の花」を例として挙げたのはなぜだろう。季語、さらには言葉ならばなんでもよさそうなものである。「実物と言葉との間に割り込んでこようとするもの」の多い、すなわち本意の分厚い、象徴性の高い言葉ならば「桜」などいくらでもありそうだ。

 その一つの答は、「実物の桐の花」を晴子が好きというところにあろう。実際、〈山かぞへ川かぞへ来し桐の花〉という句(これ自体は平凡だと私は思うし、晴子自身もあまり納得していなさそうである)の自句自解に、「桐の花は私の好きな花である」と明言している。好きという感情もまた、「実物と言葉との間に割り込んでこようとするもの」の一つだ。ちなみに、以前「鶯というのもなぜか私の好みの題材」という晴子の言葉を引いたが、「題材」というのは「実物」とは少し違うと思われる。「題材」と言うとき、すでに実物から言葉への道のりの入口に立って、「不条理の深い闇の溝」を見据えているだろう。

 晴子は、桐の花は花そのものを好み、鶯は題材として好んでいるのである。それでも鶯の句が少ないのは、やはりなかなか「言葉鶯」が出現しないからであろう。

 では桐の花はどうか。勿論「言葉桐の花は」という文章を書いている時点で、桐の花を題材にしたいとは思っていたことはわかる。「毎年新しい思い出桐の花を眺めるが、なかなか句に定着しない」とも言っている。しかしながら、〈山かぞへ〉の句の時点では、晴子は実物桐の花を前にして「深い闇の溝」さえ見えたことがなかったのかもしれない。やはり「好き」という気持ちが間に入ってきたのかもしれない。

 掲句はそれよりずっと後、遺句集に収められた句である。〈桐咲いてほつそり育つ男の子〉もまた、晩年の『儚々』所載。「間に割り込んでこようとするものを、必死に退ける」精神力を手に入れるには、年月が必要だったようである。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】

>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】
  2. 潮の香や野分のあとの浜畠 齋藤俳小星【季語=野分(秋)】
  3. 天使魚の愛うらおもてそして裏 中原道夫【季語=天使魚(夏)】
  4. 秋虱痼  小津夜景【季語=秋虱(秋)】
  5. 横顔は子規に若くなしラフランス 広渡敬雄【季語=ラフランス(秋)…
  6. 春を待つこころに鳥がゐて動く 八田木枯【季語=春を待つ(冬)】
  7. 夏帯にほのかな浮気心かな 吉屋信子【季語=夏帯(夏)】
  8. 太宰忌や誰が喀啖の青みどろ 堀井春一郎【季語=太宰忌(夏)】

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】九月
  2. 曳けとこそ綱一本の迎鐘 井上弘美【季語=迎鐘(秋)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年8月分】
  4. 【イベントのご案内】第8回 千両千両井月さんまつり 【終了しました】
  5. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】
  6. 【書評】三島広志 第1句集『天職』(角川書店、2020年)
  7. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(夏)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月29日配信分】
  9. 雪解川暮らしの裏を流れけり 太田土男【季語=雪解川(春)】
  10. ひまわりと俺たちなんだか美男子なり 谷佳紀【季語=ひまわり(夏)】

Pickup記事

  1. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第6回】
  2. 許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希【季語=毛糸(冬)】
  3. とれたてのアスパラガスのやうな彼 山田弘子【季語=アスパラガス(春)】
  4. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】
  5. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  6. 鳥屋の窓四方に展けし花すゝき     丹治蕪人【季語=花すゝき(秋)】
  7. 【冬の季語】冬帽
  8. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  9. 【冬の季語】花八手
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎
PAGE TOP