ハイクノミカタ

ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行【季語=渡り鳥(秋)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ヨコハマへリバプールから渡り鳥)

上野犀行


 洋楽との接点が見つけられないまま大人になった。歌謡曲が全てだと思っていた。小学校で先生が「ビートルズ」と言うと「ずうとるびのことだよね?」と友人に囁いていた。中学校に上がる時、英語を習うのを機に洋楽を聴いてみたいと思ったが、何を聴けば良いのか皆目見当がつかない。当時新聞にはFMラジオで流れる曲が1週間分びっしり掲載されていたので、そこで見つけた英語のタイトルを適当に録音したらクラシックギターのソロだった。デュラン・デュランワム!に夢中になっている友人にどこから情報をとっているのか聞いたら深夜番組だという。夜起きていられないので断念した。

 それでもリバプールといえばビートルズだと叩き込まれているのは「マージービートで唄わせて」(竹内まりや)のおかげである。どうしてその曲がビートルズへのオマージュだとわかったのかは記憶にない。洋楽に向きそびれたベクトルがシティポップ(当時はニューミュージックと呼ばれていたのだがいつの間にこっちの名称がメインになったのか…)に向いたわけだが結局はビートルズに辿り着いてしまったようだ。

 虚子の影響を受けていない俳人を見つけるのが難しいように、ビートルズの影響を受けていない音楽を見つけるのも難しいだろう。いずれも血となり肉となっているので「どこが」とはもはや特定できないのではないか。

  ヨコハマへリバプールから渡り鳥   上野犀行

 横浜は作者在住の地と考えるのが素直なところだ。しかしそうでなくてもほかの地ではここまではまらない。異国情緒漂う港町はほかにもあるが、カタカナにしてもその雰囲気が壊れないのは4文字の強みである。横浜ではなくヨコハマだからこそ読者はその渡り鳥がリバプールから飛来することを自然に受けとめることが出来るのだ。横浜という地にまつわる我々の持つイメージに負うところも大きい。

 同じ渡り鳥でも、リバプールから渡ってきたのかも、と考える楽しみがこの句によって増えた。筆者はビートルズファンとはいえないのだが、世界中の音楽に影響を与えたグループゆかりの地の風をまとった渡り鳥であって欲しいと願うのは自由である。実際にはヨーロッパと日本を行き来する渡り鳥はいないのだが、むしろその方が詩になる。

 地名を唱え、季語を感じ取るだけで思いはユーラシア大陸を一またぎしてしまうのだから俳句は無限だ。

 最近は家事のBGMに洋楽をかけている。日本語の歌は歌詞が気になるし、テレビやラジオはチャンネルを選ぶのが手間に感じるからという消去法で行き着いた。エド・シーランが流れるとラッキーと思う。あ、それすら映画「イエスタデイ」の影響かもしれない!

『イマジン』(2021年刊)所収。

吉田林檎


【執筆者プロフィール】
吉田林檎(よしだ・りんご)
昭和46年(1971)東京生まれ。平成20年(2008)に西村和子指導の「パラソル句会」に参加して俳句をはじめる。平成22年(2010)「知音」入会。平成25年(2013)「知音」同人、平成27年(2015)第3回星野立子賞新人賞受賞、平成28年(2016)第5回青炎賞(「知音」新人賞)を受賞。俳人協会会員。句集に『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)


【吉田林檎さんの句集『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)はこちら ↓】

上野犀行さんの句集『イマジン』(飯塚書店、2021年)はこちら↓】



【吉田林檎のバックナンバー】

>>〔20〕遅れ着く小さな駅や天の川    髙田正子
>>〔19〕秋淋し人の声音のサキソホン    杉本零
>>〔18〕颱風の去つて玄界灘の月   中村吉右衛門
>>〔17〕秋灯の街忘るまじ忘るらむ    髙柳克弘
>>〔16〕寝そべつてゐる分高し秋の空   若杉朋哉
>>〔15〕一燈を消し名月に対しけり      林翔
>>〔14〕向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一
>>〔13〕膝枕ちと汗ばみし残暑かな     桂米朝
>>〔12〕山頂に流星触れたのだろうか  清家由香里
>>〔11〕秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人

>>〔10〕卓に組む十指もの言ふ夜の秋   岡本眸
>>〔9〕なく声の大いなるかな汗疹の児  高濱虚子
>>〔8〕瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏    堀本裕樹
>>〔7〕してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二
>>〔6〕香水の一滴づつにかくも減る  山口波津女
>>〔5〕もち古りし夫婦の箸や冷奴  久保田万太郎
>>〔4〕胎動に覚め金色の冬林檎     神野紗希
>>〔3〕呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々
>>〔2〕嚔して酒のあらかたこぼれたる  岸本葉子
>>〔1〕水底に届かぬ雪の白さかな    蜂谷一人


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】
  2. 九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太【季語=九月(秋)】
  3. 橘や蒼きうるふの二月尽 三橋敏雄【季語=二月尽(春)】
  4. 大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子【季語=春惜しむ(春)】
  5. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女
  6. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋桜子【季語=啄木鳥(秋)】
  7. コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
  8. 蜩やチパナスのあたり雲走る 井岡咀芳【季語=蜩(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP