ハイクノミカタ

水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】


水仙や古鏡の如く花をかかぐ

松本たかし

「古鏡」とは古代の金属製の鏡。青銅や白銅で鋳造したものの表面を磨き上げて光の反射で映るようにしたものだ。

古代の人がそこに顔を映して眺めていたものだと思うと、発掘されて展示されている古鏡を見るたびに古に思いを馳せ、言い知れぬ心地になる。

「古鏡の如く」

こんな比喩をしてみたいという憧れの句。

水仙の花の形と纏っている静謐な空気が「古鏡」を呼び寄せたのであろうが、その比喩はありきたりでなく、また離れすぎてもいない。

互いの魅力を引き出すような比喩だ。

それに「花をかかぐ」という措辞が、その比喩を映像として引き立てている。

響き合う水仙と古鏡。

水仙はただの水仙ではなくなり、古鏡には命が吹き込まれる。

日下野由季


【執筆者プロフィール】
日下野由季(ひがの・ゆき)
1977年東京生まれ。「海」編集長。第17回山本健吉評論賞、第42回俳人協会新人賞(第二句集『馥郁』)受賞。著書に句集『祈りの天』『4週間でつくるはじめてのやさしい俳句練習帖』(監修)、『春夏秋冬を楽しむ俳句歳時記』(監修)。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. マグダラのマリア恋しや芥子の花 有馬朗人【季語=芥子の花(夏)】…
  2. 眼のなれて闇ほどけゆく白牡丹 桑田和子【季語=白牡丹(夏)】
  3. 息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子【季語=底冷(秋)】
  4. 春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一【季語=春の夜(春)】
  5. 水の地球すこしはなれて春の月 正木ゆう子【季語=春の月(春)】
  6. 遅れ着く小さな駅や天の川 髙田正子【季語=天の川(秋)】
  7. 木琴のきこゆる風も罌粟畠 岩田潔【季語=罌粟(夏)】
  8. 鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子【季語=鶯(春)】

おすすめ記事

  1. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#03】Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#17
  3. 【書評】小池康生 第2句集『奎星』(飯塚書店、2020年)
  4. 春立つと拭ふ地球儀みづいろに 山口青邨【季語=春立つ(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第46回】小野寺清人
  6. 血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は 中原道夫【季語=絨毯(冬)】
  7. 琴墜ちてくる秋天をくらりくらり 金原まさ子【季語=秋天(秋)】
  8. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】
  9. 父がまづ走つてみたり風車 矢島渚男【季語=風車(春)】
  10. 秋淋し人の声音のサキソホン 杉本零【季語=秋淋し(秋)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】凍蝶
  2. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  3. 【秋の季語】秋の暮/秋の夕 秋の夕べ
  4. 小燕のさヾめき誰も聞き流し 中村汀女【季語=小燕(夏)】
  5. 雪掻きて今宵誘うてもらひけり 榎本好宏【季語=雪掻(冬)】
  6. 悉く全集にあり衣被 田中裕明【季語=衣被(秋)】
  7. 【新年の季語】春七種(春七草)
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月23日配信分】
  9. マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】
  10. 動かない方も温められている 芳賀博子
PAGE TOP