ハイクノミカタ

気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子【季語=蕪(冬)】


気が変りやすくて畠にゐる)

飯島晴子

 以前、内界と外界という話で掲句に言及したことがあるが、別の意味でもいかにも晴子らしい句である。それはすなわち、蕪畑の整然とした、そしてひんやりとした空間を基盤にして、「気が変りやすくて」という人間らしさが強調される点である。ただ混沌としているのではなく、一句の土台となるべき部分にしまりと密度があるからこそ、揺れ動くものに焦点があたる。畑というものは晴子俳句では主役というよりも、安定感のある一つの土台の役割となることが多かろう。内界と外界という話とも通じるかもしれないが。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔35〕蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子
>>〔34〕みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子
>>〔33〕冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子
>>〔32〕小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子
>>〔31〕鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子
>>〔30〕鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
>>〔29〕秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子
>>〔28〕ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子
>>〔27〕なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子
>>〔26〕肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子
>>〔25〕けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子
>>〔24〕婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子
>>〔23〕白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子
>>〔22〕露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子
>>〔21〕怒濤聞くかたはら秋の蠅叩   飯島晴子
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  2. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】
  3. ばばばかと書かれし壁の干菜かな   高濱虚子【季語=干…
  4. 海くれて鴨のこゑほのかに白し 芭蕉【季語=鴨(冬)】
  5. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】
  6. 菜の花や部屋一室のラジオ局 相子智恵【季語=菜の花(春)】
  7. 鳥を見るただそれだけの超曜日 川合大祐
  8. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタイ…

おすすめ記事

  1. 昼顔のあれは途方に暮るる色 飯島晴子【季語=昼顔(夏)】
  2. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】
  3. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第4回】
  4. 三月の旅の支度にパスポート 千原草之【季語=三月(春)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第23回】木曾と宇佐美魚目
  6. 【春の季語】春の灯
  7. 【秋の季語】野菊
  8. 【冬の季語】時雨
  9. カルーセル一曲分の夏日陰  鳥井雪【季語=夏日陰(夏)】
  10. 背広よりニットに移す赤い羽根 野中亮介【季語=赤い羽根(秋)】

Pickup記事

  1. 菜の花や月は東に日は西に 与謝蕪村【季語=菜の花(春)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】
  3. ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺 塚本邦雄
  4. 【巻頭言】地球を損なわずに歩く――〈3.11〉以後の俳句をめぐる断想
  5. ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年2月分】
  7. ビール買ふ紙幣をにぎりて人かぞへ 京極杞陽【季語=ビール(夏)】
  8. 誕生日の切符も自動改札に飲まれる 岡田幸生
  9. おそろしき一直線の彼方かな 畠山弘
  10. しろがねの盆の無限に夏館 小山玄紀【季語=夏館(夏)】
PAGE TOP