ハイクノミカタ

ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子【季語=野菊(秋)】


ここは敢て追はざる野菊皓かりき)

飯島晴子

 「追はざる」が野菊にかかるようでもあるしかからないようでもある。勿論どちらかの読みに絞る必要は全くなく、その両方が想起されるというのが一句の総合的な力である。しかし、それぞれについてもう少し詳しく考えてみたい。

 もしかかっているとすれば、つまり追う対象が野菊なのだとすれば、野菊は作者から遠ざかっているということになる。野菊がその細い茎を脚として風の中を逃げてゆく、繊細でかつぼやけたような白い映像が浮かぶ。一方で、もしかかっていない場合、すなわち何か別のものを追うことをやめたのであるならば、作者も野菊も止まっていることになる。静止した野菊の白さが見えてくるのである。どちらか一方を想起するか、あるいは両方思い浮かべたとしてもどれくらいの比重で思い浮かぶのか、どちらが先に思い浮かぶのかは読者次第であり、一句のもたらす印象は全く異なってくるだろう。

 私が掲句を初めて読んだ時の印象を完全に再現することは出来ないが、おそらくは、野菊が逃げてゆくような映像を先に思い浮かべ、そこからハッと、もしかすると追っているのは別物なのかもしれない、と立ち止まったのだと思う。そうすると、野菊が速度を急に緩めて止まり、それまでのぼやけた白が、定まった白となるわけである。

 「ここは敢て」からは意志の強さ、あるいは意志を強くしなければ追ってしまうその欲望を感じる。この上五の粘りが、野菊が止まる時のブレーキと響き合い、一句全体として動→静の流れが確かなものになるように思う。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔27〕なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子
>>〔26〕肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子
>>〔25〕けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子
>>〔24〕婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子
>>〔23〕白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子
>>〔22〕露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子
>>〔21〕怒濤聞くかたはら秋の蠅叩   飯島晴子
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 鰡と鯊どちらにされるかを選べ 関悦史【季語=鰡(秋)・鯊(秋)】…
  2. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬…
  3. さくら仰ぎて雨男雨女 山上樹実雄【季語=桜(春)】
  4. 菜の花やはつとあかるき町はつれ 正岡子規【季語=菜の花(春)】
  5. 白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太【季語=白息(冬)】
  6. しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
  7. 【祝1周年】ハイクノミカタ season1 【2020.10-2…
  8. 雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ 朗善千津【季語=雪掻(冬)】

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月16日配信分】
  2. 【夏の季語】田植
  3. 【冬の季語】冬うらら
  4. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第35回】英彦山と杉田久女
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第36回】銀座と今井杏太郎
  7. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】
  8. 【夏の季語】海の家
  9. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月(冬)】
  10. 【冬の季語】冬

Pickup記事

  1. 【春の季語】浜下り
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第83回】対馬康子
  3. 巡査つと来てラムネ瓶さかしまに 高濱虚子【季語=ラムネ(夏)】
  4. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第5回】
  5. 【冬の季語】冬の水
  6. 裸木となりても鳥を匿へり 岡田由季【季語=裸木(冬)】
  7. 雪掻きて今宵誘うてもらひけり 榎本好宏【季語=雪掻(冬)】
  8. 早春や松のぼりゆくよその猫 藤田春梢女【季語=早春(春)】
  9. 【冬の季語】炬燵
  10. 昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】
PAGE TOP