冬の季語

【冬の季語】裸木

【冬の季語=三冬(11〜1月)】裸木

葉っぱが落ち切って、「裸」になった木。

枯木」との微妙な語感の違いがある。


【裸木(上五)】
裸木の一樹の高し爆心地 柏原眠雨
裸木となりて未来の見えて来る 丸岡正男
裸木へ交響曲のごとき日矢 しなだしん
裸木をたどって行ける所まで 近恵
裸木となりても鳥を匿へり 岡田由季

【裸木(中七)】
星がよく見え裸木の立ち話 林田紀音夫
有終の美の裸木となりにけり 縣恒則
日の当たる裸木に来て御籤読む 守屋明俊
二本の裸木のありわかりあふ 藤井あかり

【裸木(下五)】
慟哭の一幹として裸木は 渡辺誠一郎
ベツレヘムに巨きな目がある裸木 宇井十間


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】水着
  2. 【冬の季語】着ぶくれ
  3. 【夏の季語】蜘蛛の糸
  4. 【新年の季語】松飾
  5. 【秋の季語】霧
  6. 【夏の季語】砂日傘/ビーチパラソル 浜日傘
  7. 【夏の季語】蝸牛
  8. 【冬の季語】愛日

おすすめ記事

  1. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第5回】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第62回】山田真砂年
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年10月分】
  4. 新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子【季語=狐(冬)】
  5. 【夏の季語】噴水
  6. 【冬の季語】冬の川
  7. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏
  8. 足指に押さへ編む籠夏炉の辺 余村光世【季語=夏炉(夏)】
  9. バー温し年豆妻が撒きをらむ 河野閑子【季語=年豆(冬)】
  10. 赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男【季語=月(秋)】

Pickup記事

  1. へうたんも髭の男もわれのもの 岩永佐保【季語=瓢箪(秋)】
  2. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】
  3. 【秋の季語】秋思
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【13】服部崇
  5. 足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後【季語=雪野(冬)】 
  6. 夫いつか踊子草に跪く 都築まとむ【季語=踊子草(夏)】
  7. もの書けば余白の生まれ秋隣 藤井あかり【季語=秋隣(夏)】
  8. 両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ 三橋敏雄【季語=盛夏(夏)】
  9. 【冬の季語】干蒲団(干布団)
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第97回】岸田祐子
PAGE TOP