冬の季語

【冬の季語】裸木

【冬の季語=三冬(11〜1月)】裸木

葉っぱが落ち切って、「裸」になった木。

枯木」との微妙な語感の違いがある。


【裸木(上五)】
裸木の一樹の高し爆心地 柏原眠雨
裸木となりて未来の見えて来る 丸岡正男
裸木へ交響曲のごとき日矢 しなだしん
裸木をたどって行ける所まで 近恵
裸木となりても鳥を匿へり 岡田由季

【裸木(中七)】
星がよく見え裸木の立ち話 林田紀音夫
有終の美の裸木となりにけり 縣恒則
日の当たる裸木に来て御籤読む 守屋明俊
二本の裸木のありわかりあふ 藤井あかり

【裸木(下五)】
慟哭の一幹として裸木は 渡辺誠一郎
ベツレヘムに巨きな目がある裸木 宇井十間


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】春七種(春七草)
  2. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  3. 【秋の季語】残暑
  4. 【春の季語】ヒヤシンス
  5. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
  6. 【秋の季語】秋の風
  7. 【冬の季語】熊
  8. 【新年の季語】どんど焼

おすすめ記事

  1. 潮の香や野分のあとの浜畠 齋藤俳小星【季語=野分(秋)】
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第12回】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年10月分】
  4. 【春の季語】蝶
  5. 除草機を押して出会うてまた別れ 越野孤舟【季語=除草機(夏)】
  6. 【夏の季語】紫陽花
  7. 春一番競馬新聞空を行く 水原春郎【季語=春一番(春)】
  8. 【春の季語】立春
  9. 藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄
  10. 悉く全集にあり衣被 田中裕明【季語=衣被(秋)】

Pickup記事

  1. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】
  2. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】
  3. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月18日配信分】
  5. 骨拾ふ喉の渇きや沖縄忌 中村阪子【季語=沖縄忌(夏)】
  6. 【春の季語】木の根明く
  7. 仰向けに冬川流れ無一文 成田千空【季語=冬川(冬)】
  8. 凍る夜の大姿見は灯を映す 一力五郎【季語=凍る(冬)】
  9. 【連載】新しい短歌をさがして【19】服部崇
  10. 【新年の季語】松飾
PAGE TOP