季語・歳時記

【秋の季語】蛇穴に入る

【秋の季語=仲秋(9月)】蛇穴に入る

秋の蛇」が「秋彼岸」をすぎて、寒さが増す中で「冬眠」の穴に入り込むこと。

穴になかなか入らないでいる蛇は、おかしみを込めて「穴惑」という。

蛇穴を出づ」という春の季語と対応している。


【蛇穴に入る(上五)】
蛇穴に入る時曼珠沙華赤し 正岡子規
蛇穴に入らんとす蘇鉄日当りて 大谷句佛
蛇穴に入る今年もう旅はなし 大野林火
蛇穴に入りて鏡をおもふかな 河原枇杷男
蛇穴に入り湖の青しりへにす 村越化石
蛇穴に入る前すこし遊びけり 能村登四郎
蛇穴に入りたるあとの古戦場 瀧澤伊代次
蛇穴に入り阿蘇五岳残りけり 鷹羽狩行
蛇穴に入る半眼の九品仏 橋本榮治
蛇穴に入りて樹の瘤艶やかに 能村研三
蛇穴に入る日溜りの献血車  仁平勝
蛇穴に入る合掌に隙間あり 鳥居真里子
蛇穴に入るしばらくは水を見て 藤本美和子
蛇穴に入るや茶室の高密度 吉田悦花
蛇穴に入る、少年は間違へる 櫂未知子

【穴に入る蛇】
穴に入る蛇一息に尾を曳けり 棚山波朗



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】団栗
  2. 【秋の季語】秋蝶
  3. 【冬の季語】雪掻く
  4. 【春の季語】三椏の花
  5. 【夏の季語】泉
  6. 【秋の季語】梨
  7. 【春の季語】蟻穴を出づ
  8. 【夏の季語】夏服/白服 麻服 サマードレス サンドレス 簡単服 …

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」卵のココット
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青邨
  3. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】
  4. 服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋【季語=サンタクロース(冬)】
  5. 暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる 佐藤鬼房【季語=暑し(夏)】
  6. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】
  7. 鳥の恋漣の生れ続けたる 中田尚子【季語=鳥の恋(春)】
  8. 胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋 鷹羽狩行【季語=胡桃(秋)】
  9. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年9月分】
  10. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】

Pickup記事

  1. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
  2. 雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子【季語=雪折(冬)】 
  3. シャワー浴ぶくちびる汚れたる昼は 櫂未知子【季語=シャワー(夏)】
  4. つばめつばめ泥が好きなる燕かな 細見綾子【季語=燕(春)】
  5. 【春の季語】木の根明く
  6. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】
  7. せんそうのもうもどれない蟬の穴 豊里友行【季語=父の日(夏)】
  8. 【新連載】きょうのパン句。【#1】BEAVER BREAD
  9. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  10. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】
PAGE TOP