季語・歳時記

【秋の季語】蛇穴に入る

【秋の季語=仲秋(9月)】蛇穴に入る

秋の蛇」が「秋彼岸」をすぎて、寒さが増す中で「冬眠」の穴に入り込むこと。

穴になかなか入らないでいる蛇は、おかしみを込めて「穴惑」という。

蛇穴を出づ」という春の季語と対応している。


【蛇穴に入る(上五)】
蛇穴に入る時曼珠沙華赤し 正岡子規
蛇穴に入らんとす蘇鉄日当りて 大谷句佛
蛇穴に入る今年もう旅はなし 大野林火
蛇穴に入りて鏡をおもふかな 河原枇杷男
蛇穴に入り湖の青しりへにす 村越化石
蛇穴に入る前すこし遊びけり 能村登四郎
蛇穴に入りたるあとの古戦場 瀧澤伊代次
蛇穴に入り阿蘇五岳残りけり 鷹羽狩行
蛇穴に入る半眼の九品仏 橋本榮治
蛇穴に入りて樹の瘤艶やかに 能村研三
蛇穴に入る日溜りの献血車  仁平勝
蛇穴に入る合掌に隙間あり 鳥居真里子
蛇穴に入るしばらくは水を見て 藤本美和子
蛇穴に入るや茶室の高密度 吉田悦花
蛇穴に入る、少年は間違へる 櫂未知子

【穴に入る蛇】
穴に入る蛇一息に尾を曳けり 棚山波朗



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】緑蔭
  2. 【冬の季語】冬麗
  3. 【夏の季語】桐の花
  4. 【夏の季語】蜘蛛
  5. 【冬の季語】冬の谷
  6. 【冬の季語】風花
  7. 【春の季語】恋の猫
  8. 【冬の季語】花八手

おすすめ記事

  1. 鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  2. 輝きてビラ秋空にまだ高し 西澤春雪【季語=秋空(秋)】
  3. 六月を奇麗な風の吹くことよ 正岡子規【季語=六月(夏)】
  4. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋桜子【季語=啄木鳥(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第83回】対馬康子
  6. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】
  7. 土器に浸みゆく神酒や初詣 高浜年尾【季語=初詣(新年)】
  8. 春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子【季語=春風(春)】
  9. 【夏の季語】蜘蛛
  10. 蜩や久しぶりなる井の頭      柏崎夢香【季語=蜩(秋)】

Pickup記事

  1. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】
  2. この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  3. 【#17】黒色の響き
  4. 夕空や日のあたりたる凧一つ 高野素十【季語=凧(春)】
  5. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
  6. 太宰忌や誰が喀啖の青みどろ 堀井春一郎【季語=太宰忌(夏)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第34回】鈴木琢磨
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のオムライス
  9. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】
  10. 【冬の季語】冬
PAGE TOP