季語・歳時記

【秋の季語】蛇穴に入る

【秋の季語=仲秋(9月)】蛇穴に入る

秋の蛇」が「秋彼岸」をすぎて、寒さが増す中で「冬眠」の穴に入り込むこと。

穴になかなか入らないでいる蛇は、おかしみを込めて「穴惑」という。

蛇穴を出づ」という春の季語と対応している。


【蛇穴に入る(上五)】
蛇穴に入る時曼珠沙華赤し 正岡子規
蛇穴に入らんとす蘇鉄日当りて 大谷句佛
蛇穴に入る今年もう旅はなし 大野林火
蛇穴に入りて鏡をおもふかな 河原枇杷男
蛇穴に入り湖の青しりへにす 村越化石
蛇穴に入る前すこし遊びけり 能村登四郎
蛇穴に入りたるあとの古戦場 瀧澤伊代次
蛇穴に入り阿蘇五岳残りけり 鷹羽狩行
蛇穴に入る半眼の九品仏 橋本榮治
蛇穴に入りて樹の瘤艶やかに 能村研三
蛇穴に入る日溜りの献血車  仁平勝
蛇穴に入る合掌に隙間あり 鳥居真里子
蛇穴に入るしばらくは水を見て 藤本美和子
蛇穴に入るや茶室の高密度 吉田悦花
蛇穴に入る、少年は間違へる 櫂未知子

【穴に入る蛇】
穴に入る蛇一息に尾を曳けり 棚山波朗



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】枯芝
  2. 【春の季語】雛祭
  3. 【秋の季語】渡り鳥
  4. 【秋の季語】末枯
  5. 【夏の季語】緑蔭
  6. 【冬の季語】小春日
  7. 【夏の季語】夏の蝶
  8. 【春の季語】永き日

おすすめ記事

  1. 【春の季語】屋根替
  2. 恋終りアスパラガスの青すぎる 神保千恵子【季語=アスパラガス(春)】
  3. 【春の季語】春一番
  4. 渚にて金澤のこと菊のこと 田中裕明
  5. 【冬の季語】歳晩
  6. 白息の駿馬かくれもなき曠野 飯田龍太【季語=白息(冬)】
  7. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  8. 【冬の季語】悴む
  9. 【冬の季語】掘炬燵
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年7月分】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第12回】佐怒賀正美
  2. 松風や俎に置く落霜紅 森澄雄【季語=落霜紅(秋)】
  3. 夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子【季語=夏みかん(夏)】
  4. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】
  5. くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】
  6. 【第5回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:岡田由季さん)
  7. 貝殻の内側光る秋思かな 山西雅子【季語=秋思(秋)】
  8. 許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希【季語=毛糸(冬)】
  9. 【新年の季語】注連の内
  10. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】
PAGE TOP