季語・歳時記

【春の季語】木の根明く

【春の季語=初春(2月)】木の根明く

木のまわりの雪がいちはやく溶けて、円状に土があらわになること。

「雪野」から「春野」へと移り変わっていく、その端緒ともいうべき現象である。


【木の根開く(上五)】
木の根明く胎児はなにを見てをるや 宮坂静生
木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子

【木の根開く(中七)】

【木の根開く(下五)】
逝く母を父が迎へて木の根明く 宮坂静生


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】バナナ
  2. 【冬の季語】湯ざめ(湯冷め)
  3. 【春の季語】春の雨
  4. 【冬の季語】探梅
  5. 【冬の季語】蕪
  6. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  7. 【春の季語】鳥の恋
  8. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第45回】 池田と日野草城
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年5 月分】
  3. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  4. ががんぼの何が幸せ不幸せ 今井肖子【季語=ががんぼ(夏)】
  5. 【書評】人生の成分・こころの成分――上田信治『成分表』(素粒社、2022年)
  6. コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
  7. 風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値 石田波郷【季語=秋刀魚(秋)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ
  9. おでん屋の酒のよしあし言ひたもな 山口誓子【季語=おでん(冬)】
  10. 細長き泉に着きぬ父と子と 飯島晴子【季語=泉(夏)】

Pickup記事

  1. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】
  2. 先生はいつもはるかや虚子忌来る 深見けん二【季語=虚子忌(春)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第11回】三田と清崎敏郎
  4. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】
  5. 「けふの難読俳句」【第1回】「直会」
  6. 【新年の季語】門松
  7. 雪といひ初雪といひ直しけり 藤崎久を【季語=初雪(冬)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月11日配信分】
  9. つれづれのわれに蟇這ふ小庭かな 杉田久女【季語=蟇(夏)】
  10. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第8回】2003年 天皇賞・秋 シンボリクリスエス
PAGE TOP