季語・歳時記

【春の季語】木の根明く

【春の季語=初春(2月)】木の根明く

木のまわりの雪がいちはやく溶けて、円状に土があらわになること。

「雪野」から「春野」へと移り変わっていく、その端緒ともいうべき現象である。


【木の根開く(上五)】
木の根明く胎児はなにを見てをるや 宮坂静生
木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子

【木の根開く(中七)】

【木の根開く(下五)】
逝く母を父が迎へて木の根明く 宮坂静生


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】暮早し
  2. 【冬の季語】節分会
  3. 【夏の季語】紫陽花
  4. 【冬の季語】臘梅(蠟梅)
  5. 【春の季語】鶯餅
  6. 【冬の季語】雪達磨
  7. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  8. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月

おすすめ記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【16】/寺澤佐和子(「磁石」同人)
  2. 順番に死ぬわけでなし春二番 山崎聰【季語=春二番(春)】
  3. 【春の季語】シクラメン
  4. おほぞらを剝ぎ落したる夕立かな 櫛部天思【季語=夕立(夏)】
  5. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
  6. 春や昔十五万石の城下哉 正岡子規【季語=春(春)】
  7. 【#32】『教養としての俳句』の本作り
  8. 遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩【季語=遠足(春)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第68回】堀田季何
  10. 何故逃げる儂の箸より冷奴 豊田すずめ【季語=冷奴(夏)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第34回】鎌倉と星野立子
  2. 【春の季語】春野
  3. 紅葉の色きはまりて風を絶つ 中川宋淵【季語=紅葉(秋)】
  4. 【夏の季語】泉
  5. 【春の季語】子猫
  6. 【冬の季語】年忘れ
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第5回】月野ぽぽな
  8. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第4回】
  9. 【夏の季語】玉虫
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」ほたるいかの酢味噌和え
PAGE TOP