冬の季語

【冬の季語】枇杷の花

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】枇杷の花

夏に「枇杷の実」を実らせるビワは、冬になると、枝先に帯黄白色の五弁の小花をつける。

ビワは、中国原産のバラ科常緑樹であり、日本へは古くに渡来し、薬用として利用・栽培されてきた。

季語としては「枇杷咲く」「花枇杷」としても用いられることがある。

歴史的仮名遣いだと「びはの花」。


【枇杷の花(上五)】
枇杷の花咲くや揚屋の蔵の前 太祇
枇杷の花鳥もすさめず日くれたり 蕪村
枇杷の花海荒るゝ日は船遠く 今井杏太郎
枇杷の花にささやきし声もち歩く 森田智子
枇杷の花ふつうの未来だといいな 越智友亮

【枇杷の花(中七)】

【枇杷の花(下五)】
輪番にさびしき僧やびはの花 召波
職業の分らぬ家や枇杷の花 正岡子規
誰か来さうな空が曇つてゐる枇杷の花 種田山頭火
修善寺物語あり枇杷の花 池内たけし
硝子戸に月のぬくもり枇杷の花 矢島渚男
あらそひの古文書ばかり枇杷の花 大島民郎
足裏より寂しくなりぬ枇杷の花 大北祐規惠
海舐めて男髭濃し枇杷の花 柳生正名
猫呼べば小さく応へ枇杷の花 舘野豊
あたたかな夜風が顔に枇杷の花 岸本尚毅
パソコンにばかと言ふ人枇杷の花 押野裕
あの部屋にいまは誰住む枇杷の花 井出野浩貴


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】シャワー
  2. 【夏の季語】冷房
  3. 【卵の俳句】
  4. 【春の季語】引鴨
  5. 【春の季語】春風
  6. 【秋の季語】末枯る
  7. 【秋の季語】台風(颱風)
  8. 【秋の季語】茸(菌)

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第49回】 小田原と藤田湘子
  2. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  3. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
  4. 針供養といふことをしてそと遊ぶ 後藤夜半【季語=針供養(春)】
  5. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】
  6. 血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は 中原道夫【季語=絨毯(冬)】
  7. 【#32】『教養としての俳句』の本作り
  8. 雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐【季語=雀蛤となる(秋)】
  9. 【秋の季語】檸檬
  10. 梅咲いて庭中に青鮫が来ている 金子兜太【季語=梅(春)】

Pickup記事

  1. 秋櫻子の足あと【第9回】谷岡健彦
  2. 【冬の季語】凍蝶
  3. 【#41】真夏の個人的な過ごし方
  4. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
  5. 【冬の季語】待春
  6. 夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】
  7. 南天のはやくもつけし実のあまた 中川宋淵【季語=南天の実(冬)】
  8. 【新年の季語】小豆粥
  9. 初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を【季語=初夢(新年)】
  10. 【復活?】神保町に銀漢亭があったころ【目次】
PAGE TOP