冬の季語

【冬の季語】枇杷の花

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】枇杷の花

夏に「枇杷の実」を実らせるビワは、冬になると、枝先に帯黄白色の五弁の小花をつける。

ビワは、中国原産のバラ科常緑樹であり、日本へは古くに渡来し、薬用として利用・栽培されてきた。

季語としては「枇杷咲く」「花枇杷」としても用いられることがある。

歴史的仮名遣いだと「びはの花」。


【枇杷の花(上五)】
枇杷の花咲くや揚屋の蔵の前 太祇
枇杷の花鳥もすさめず日くれたり 蕪村
枇杷の花海荒るゝ日は船遠く 今井杏太郎
枇杷の花にささやきし声もち歩く 森田智子
枇杷の花ふつうの未来だといいな 越智友亮

【枇杷の花(中七)】

【枇杷の花(下五)】
輪番にさびしき僧やびはの花 召波
職業の分らぬ家や枇杷の花 正岡子規
誰か来さうな空が曇つてゐる枇杷の花 種田山頭火
修善寺物語あり枇杷の花 池内たけし
硝子戸に月のぬくもり枇杷の花 矢島渚男
あらそひの古文書ばかり枇杷の花 大島民郎
足裏より寂しくなりぬ枇杷の花 大北祐規惠
海舐めて男髭濃し枇杷の花 柳生正名
猫呼べば小さく応へ枇杷の花 舘野豊
あたたかな夜風が顔に枇杷の花 岸本尚毅
パソコンにばかと言ふ人枇杷の花 押野裕
あの部屋にいまは誰住む枇杷の花 井出野浩貴


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】建国記念の日/建国記念日 建国の日 紀元節
  2. 【夏の季語】麦茶/麦湯
  3. 【春の季語】四月馬鹿
  4. 【秋の季語】末枯
  5. 【春の季語】花
  6. 【夏の季語】額の花
  7. 【冬の季語】冬薔薇
  8. 【夏の季語】扇風機

おすすめ記事

  1. 一匹の芋虫にぎやかにすすむ 月野ぽぽな【季語=芋虫(秋)】
  2. 復讐の馬乗りの僕嗤っていた 福田若之
  3. 【夏の季語】ラベンダー
  4. 海の日の海より月の上りけり 片山由美子【季語=海の日(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第2回】小滝肇
  6. 【春の季語】朧月
  7. 【#46】大学の猫と留学生
  8. 【春の季語】風光る
  9. 一月や去年の日記なほ机辺     高濱虚子【季語=一月(冬)】
  10. 数と俳句(一)/小滝肇

Pickup記事

  1. うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 高浜虚子【季語=羽子板市(冬)】
  2. 【新連載】俳人のホンダナ!#1 根岸哲也
  3. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)】
  4. 【秋の季語】馬鈴薯/馬鈴薯 ばれいしよ
  5. 大利根にほどけそめたる春の雲 安東次男【季語=春の雲(春)】
  6. 利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子【季語=蓮(夏)】
  7. みじろがず白いマスクの中にいる 梶大輔【季語=マスク(冬)】
  8. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】
  9. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#11】異国情緒
  10. 春風や闘志いだきて丘に立つ 高浜虚子【季語=春風(春)】
PAGE TOP