冬の季語

【冬の季語】狐

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】狐

【ミニ解説】

古来、日本で「狐」といえば、アカギツネの亜種ホンドギツネのことだったが、蝦夷地進出後は、北海道の別亜種キタキツネも含むようになった。夜行性。夜間に鳴きながら徘徊する。

有名な句としては、

母と子のトランプ狐啼く夜なり 橋本多佳子

がある。

冬が発情期であるため、出産は春。「狐の子」は、春の季語とされる。

「狸」と同様に、人を化かすとされるが、とりわけ狡賢くそつがないとされる。

イソップ童話などの影響もあるか。

「狐火」という冬の季語もある。


【狐(上五)】
狐を見てゐていつか狐に見られてをり 加藤楸邨

【狐(中七)】
母と子のトランプ狐啼く夜なり 橋本多佳子
吉次越狐の径となりて絶ゆ 水原秋櫻子
いつまでも狐の檻に襟を立て 小泉洋一
冬山家狐を飼へる臭ひあり 清崎敏郎
三日月に狐出て見よオホーツク 藤田湘子
新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子
息継ぐや躍る狐がいつも前 竹岡一郎
晴れやみごとな狐にふれてきし祝日 田島健一

【狐(下五)】
昼ぬくくひとのみちゆく狐かな 松村蒼石
耳うごく飛騨の客僧狐鳴く 山上荷亭


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】秋山
  2. 【冬の季語】一月
  3. 【春の季語】雲雀
  4. 【春の季語】余寒
  5. 【冬の季語】小春日和
  6. 【春の季語】愛の日
  7. 【夏の季語】雲の峰
  8. 【冬の季語】聖樹

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」ルバーブ
  2. 【アンケート】東日本大震災から10年目を迎えて
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第1回】吉野と大峯あきら
  4. 福笹につけてもらひし何やかや 高濱年尾【季語=福笹(冬)】
  5. 【夏の季語】空蟬/蟬の殻 蟬の抜殻
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年2月分】
  7. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】
  8. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子
  9. 【春の季語】初東風
  10. 夕焼や答へぬベルを押して立つ 久保ゐの吉【季語=夕焼(夏)】

Pickup記事

  1. 【速報&アーカイブ】きょうのできごと2021
  2. ジェラートを売る青年の空腹よ 安里琉太【季語=ジェラート(夏)】
  3. 月光に夜離れはじまる式部の実 保坂敏子【季語=式部の実(秋)】
  4. 恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人【季語=かるた(新年)】
  5. 初場所の力士顚倒し顚倒し 三橋敏雄【季語=初場所(新年)】
  6. 秋櫻子の足あと【最終回】谷岡健彦
  7. さみだれの電車の軋み君が許へ 矢島渚男【季語=さみだれ(夏)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第33回】葛城山と阿波野青畝
  9. かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり【季語=かんぱち(夏)】
  10. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
PAGE TOP