冬の季語

【冬の季語】狐

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】狐

【ミニ解説】

古来、日本で「狐」といえば、アカギツネの亜種ホンドギツネのことだったが、蝦夷地進出後は、北海道の別亜種キタキツネも含むようになった。夜行性。夜間に鳴きながら徘徊する。

有名な句としては、

母と子のトランプ狐啼く夜なり 橋本多佳子

がある。

冬が発情期であるため、出産は春。「狐の子」は、春の季語とされる。

「狸」と同様に、人を化かすとされるが、とりわけ狡賢くそつがないとされる。

イソップ童話などの影響もあるか。

「狐火」という冬の季語もある。


【狐(上五)】
狐を見てゐていつか狐に見られてをり 加藤楸邨

【狐(中七)】
母と子のトランプ狐啼く夜なり 橋本多佳子
吉次越狐の径となりて絶ゆ 水原秋櫻子
いつまでも狐の檻に襟を立て 小泉洋一
冬山家狐を飼へる臭ひあり 清崎敏郎
三日月に狐出て見よオホーツク 藤田湘子
新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子
息継ぐや躍る狐がいつも前 竹岡一郎
晴れやみごとな狐にふれてきし祝日 田島健一

【狐(下五)】
昼ぬくくひとのみちゆく狐かな 松村蒼石
耳うごく飛騨の客僧狐鳴く 山上荷亭


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】日向ぼっこ
  2. 【春の季語】猫の恋
  3. 【冬の季語】雪達磨
  4. 【春の季語】素魚
  5. 【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥
  6. 【冬の季語】襟巻
  7. 【秋の季語】カンナ/花カンナ
  8. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」モワルー・オ・ショコラ
  2. 鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ 三島ゆかり【季語=鴨(冬)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月22日配信分】
  4. 月代は月となり灯は窓となる   竹下しづの女【季語=月(秋)】
  5. 【春の季語】白魚
  6. 【春の季語】立春
  7. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第7回】
  8. この出遭ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子【季語=クリスマス(冬)】
  9. 秋茄子の漬け色不倫めけるかな 岸田稚魚【季語=秋茄子(秋)】
  10. 【連載】新しい短歌をさがして【5】服部崇

Pickup記事

  1. 山羊群れて夕立あとの水ほとり  江川三昧【季語=夕立(夏)】
  2. 悲しみもありて松過ぎゆくままに 星野立子【季語=松過(新年)】
  3. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】
  4. 台風や四肢いきいきと雨合羽 草間時彦【季語=台風(秋)】
  5. 【冬の季語】小六月
  6. 酔うて泣きデザートを食ひ年忘 岸本尚毅【季語=年忘(冬)】
  7. 【春の季語】白梅
  8. 手に負へぬ萩の乱れとなりしかな 安住敦【季語=萩(秋)】
  9. 月光に夜離れはじまる式部の実 保坂敏子【季語=式部の実(秋)】
  10. いぬふぐり昔の恋を問はれけり 谷口摩耶【季語=いぬふぐり(春)】
PAGE TOP